重曹風呂に浸かる際の注意点

出典:PIXTA

肌の乾燥に注意

重曹風呂は、皮脂を除去する作用が強いので、入浴後は肌が乾燥しやすくなっています。よく洗い流した後に、クリームなどを用いて肌の乾燥ケアを行いましょう。

週に1・2回の頻度が目安

重曹風呂に浸かる頻度が高すぎると、皮脂汚れと一緒に皮脂膜(皮膚を守るための膜)まで取り除いてしまう恐れがあります。

肌がアルカリ性に偏り細菌が繁殖しやすい状態になり、かえって体臭がきつくなる可能性があるので、重曹風呂への入浴は週に1・2回を目安にしてください。

重曹を入れ過ぎない

重曹を入れれば入れるほど重曹風呂の効力が上がるわけではありません。重曹をお湯の量に対してたくさん入れすぎるとアルカリ性が強くなり、乾燥肌や敏感肌の方は肌荒れを起こす可能性があります。

一般的な浴槽の容量200Lに対し大さじ1から3杯の重曹が適量です。

追い焚きしない

重曹は、他の入浴剤に比べ金属を痛めさせにくい性質ではありますが、風呂釜の銅とは相性が良くありません。追い焚きをすると風呂釜が痛んでしまう可能性があるので控えましょう。

重曹とクエン酸を組み合わせて炭酸風呂を楽しむ

出典:PIXTA

重曹を浴槽に大さじ2杯ほど入れたのち、薬局などで手に入れられるクエン酸を大さじ1杯ほど入れることで、シュワシュワの炭酸風呂を楽しめます。クエン酸には殺菌作用があり、体臭を予防できると共に、炭酸による美肌改善も期待できます。

ただし、炭酸の濃度を濃くしてしまうと、炭酸ガスが浴室に充満し、酸素欠乏になる可能性がありますので、適量を守りましょう。浴室の換気もしっかりと行うことが重要です。

その他、重曹は、アロマオイルと合わせてボディスクラブとして活用したり、塩または片栗粉とアロマオイル、クエン酸などを合わせてシュワシュワの泡と良い香りのバスボムを作ったりと、色々な楽しみ方があります。

風呂掃除が楽ちんに

出典:PIXTA

重曹風呂の優れたポイントのもう一つは、入浴のついでに浴室の壁・床・浴槽に付着した垢や汚れを掃除できることです。

重曹を用いた掃除は、強い洗剤の刺激臭が苦手な方や環境に優しいエコ洗剤でお掃除したい方、敏感肌の方におすすめの掃除方法です。

また、重曹はカビやヌメリの発生を防ぐので、定期的に重曹風呂を活用すると、掃除しづらい排水口部分の汚れ防止にもなります。

<重曹風呂に入浴後の掃除の仕方>

重曹風呂の残り湯が冷めないうちに、カップ1杯程度の重曹を追加し、よくかき混ぜて溶かしましょう。その後、洗面器・風呂用椅子などを浴槽に入れて1晩つけ置きします。

翌日、水(重曹の溶けたもの)を捨てシャワーで軽く流し、残った汚れをスポンジで軽く擦ります。最後に換気をし、浴槽や洗面器などをしっかり乾かしましょう。