提供:くさつのお宿 清重館

「千と千尋の神隠し」の「音」が草津温泉に!収録地の旅館とスポットをご紹介

更新日:2021年9月6日

世界的大ヒット映画「千と千尋の神隠し」は、映画に登場する油屋などが実在のどの場所をモデルにしているのかファンの間ではいろいろな説が唱えられ、その聖地めぐりも人気となっています。

制作会社のジブリは、それらのモデルについて一部しか正式な発表をしていないため、ほとんどの説は確証はありません。しかし、実は、「千と千尋の神隠し」の映画のエンドロールに、協力宿として2つの旅館の名前が出ているのをご存知でしょうか。それらはなんと「音」のロケ地。

今回は、「千と千尋の神隠し」の音の収録地となった群馬県の「草津温泉」にある宿2軒をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

「千と千尋の神隠し」の音を収録した草津温泉とは?

草津温泉は群馬の名湯の一つ

日本三名泉の一つである「草津温泉」は、1800年後半ごろ、ドイツ人医師のベルツ博士が、政府お雇い外国人として日本を訪れた際に、草津温泉の医学的有効性を評価し世界中に広めたことを機に、日本だけでなく世界から注目される名湯と称されるようになった温泉地です。

温泉街の中心に位置する草津温泉のシンボル「湯畑」では、毎分4,000Lもの温泉が湧き出ており、昼も夜ももくもくと舞い上がる湯けむりが壮観です。

草津温泉の泉質や効能

草津温泉の湯は強酸性の源泉で、そのかけ流しは「恋の病以外は治せる」と言われるほど多くの効能を持ちます。

源泉の種類は、「湯畑」・「白旗」・「万代鉱(ばんだいこう)」・「西の河原」・「煮川(にかわ)」・「地蔵」の主要6種類に加え、「わたの湯」・「大日乃湯」などの自家源泉など多数。

旅館や温泉施設によって引いている源泉が異なるので、それぞれの泉質・効能の違いを楽しむのもおすすめです。

「千と千尋の神隠し」の音を収録した2つの旅館

「千と千尋の神隠し」の温泉宿「油屋」の配膳、お湯の音、お風呂の掃除の音、歩いた音などは、草津温泉で録音されました。次に、それらの音の録音に協力した宿を2つご紹介します。

1. 草津温泉ホテルヴィレッジ

「草津温泉ホテルヴィレッジ」とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Makoto Kato(@makoto0932)がシェアした投稿

「草津温泉ホテルヴィレッジ」は、標高1,200mにある緑豊かな自然に囲まれたリゾートホテル。ホテルの周りを散策し、森林浴が楽しめます。

プール・温泉・多彩なアクティビティーを完備した日帰り施設「テルメテルメ」が併設しており、幅広い年齢層の方が楽しめるホテルです。

「草津温泉ホテルヴィレッジ」の温泉

「草津温泉ホテルヴィレッジ」には、湯畑源泉の温泉の大浴場と露天風呂があります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroyuki🚄(@mi_ta_pi_ta)がシェアした投稿

「テルメテルメ」には、比較的刺激の強い万代鉱源泉、乳白色で肌あたりの柔らかな優しいわたの湯源泉が引かれています。わたの湯に日帰り入浴できるのはここだけ。

明治初期から伝わる草津温泉独特の集団入浴法「時間湯」の貴重な体験もできます。

「テルメテルメ」の日帰り入浴では、他に3種のサウナ・寝湯・打たせ湯・湯蒸しも楽しめます。

<施設詳細>
・施設名:草津温泉ホテルヴィレッジ
・住所:群馬県吾妻郡草津町草津618
・電話番号:0279-88-3232
・日帰り入浴の営業時間:(平日)11:00~20:00(最終入館は19:30)、テルメテルメ(土・日・繁忙期)10:00~20:00(最終入館は19:30) ※夏休み期間は9:00〜
・日帰り入浴の定休日:不定休
・宿泊料金:(1泊2日2食付き、2名利用時)9,900円~
・日帰り温泉の利用料:(ホテルヴィレッジ)大人1,000円〜、小人 500円〜、(テルメテルメ)大人1,150円〜、小人(3歳以上)660円〜

2. くさつのお宿 清重館

「くさつのお宿 清重館」とは?

提供:くさつのお宿 清重館

草津温泉のシンボル湯畑から東へ10分ほど歩き、坂を上ったところの静かな高台に佇む隠れ家的な宿「くさつのお宿 清重館(きよしげかん)」。

白根山から連なる県境の山並みを遠くに望む、とても静かな環境にあります。

四季折々の自然が感じられ、春は白根山の雪の回廊と石楠花(しゃくなげ)、秋は紅葉が見事。真夏でも平均気温が17度と涼しい高原で、冬はウインタースポーツと雪見の露天を満喫できます。

館内には、宮崎駿監督のお礼の色紙が飾ってあります。

「くさつのお宿 清重館」の温泉

提供:くさつのお宿 清重館

「くさつのお宿 清重館」には、男女別大浴場(内湯・露天)各1つに、無料で借りられる家族湯、貸切専用露天風呂、そして足湯があります。

源泉は、万代鉱源泉の源泉100%かけ流しで、加温・加水なしの良質な温泉です。

提供:くさつのお宿 清重館

館内には、宮崎駿監督のお礼の色紙が飾ってあります。

<施設詳細>
・施設名:清重館
・住所:群馬県吾妻郡草津町草津280-4
・電話番号:0279-88-2272
・宿泊料金:(1泊2日2食付き、2名利用時)10,050円~

「千と千尋の神隠し」の虫の鳴き声をひろったといわれる場所「鬼の相撲場」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

マニアック斎藤(@saipapa0911)がシェアした投稿

草津温泉には、もう一つ「千と千尋の神隠し」の「音」にまつわるスポットがあります。それは、湯畑の西にある、「西の河原(さいのかわら)公園」を通り抜けさらに登った所にある「鬼の相撲場」。

先にご紹介した旅館のようにエンドロールには登場しませんが、「鬼の相撲場」では虫の鳴き声を拾ったと言われています。

江戸時代後期の大衆作家で浮世絵師である十返舎一九(じっぺんしゃいっく)は、「上州草津温泉往来」で「鬼の相撲場」のことを「天狗山微雨(ばいう)の夜、山上に火を燃すことその数おびただし。鬼の角力場(すもうば:相撲場と同意)、土俵の形おのずから石ならびてその名となる」と記しています。

「鬼の相撲場」は、例年6月上旬頃に約3,000株のレンゲツツジが見頃となり、草津温泉の観光スポットの1つとなっています。

<スポット詳細>
・スポット名:鬼の相撲場
・住所:群馬県吾妻郡草津町草津