出典:PIXTA

【京都】るり渓温泉のおすすめ日帰り温泉!2022年版

更新日:2022年9月8日

この記事を書いた人

たけちゃん

普段はパソコンと向き合うデスクワーク、休日は疲労回復&リラックスのために温泉を訪れるのが定番の過ごし方。温泉情報には常にアンテナを張って、気になる温泉があるとちょっと遠くてもドライブがてら遠出します。山の中にある温泉や海の近くなど、自然の中にある温泉が好きです。温泉でリフレッシュした後は、近隣のおすすめグルメをチェックするのも恒例です。

京都府の「るり渓(けい)温泉」は、るり渓と呼ばれる標高約550mの景勝地にて、KPG(カトープレジャーグループ)が運営する、高原リゾートのこと。温浴施設や食事、宿泊施設も充実していて、子供から高齢者までが1日中思い思いの過ごし方ができる場所です。今回は、るり渓温泉の効用を心ゆくまで得られる日帰り温泉施設をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

るり渓温泉とは?

るり渓とは

「るり渓」とは、京都北西にある、城下町・園部(そのべ)の山奥にある景勝地の通称で、「通天湖(つうてんこ)」から流れる園部川の渓谷があります。

名前の由来は、明治時代に、当時の京都府船井郡の郡長が、陽光にきらめく清流を見て、青く輝く「瑠璃(るり)」の宝石のようだと表現したことから来ていると言われています。

渓谷​​は侵食が進んでいて、「るり渓十二勝」をはじめとした滝や岩が点在しています。それらには、 「通天湖」や「鳴瀑(めいばく)」「水晶廉(すいしょうれん)」「玉走盤(ぎょくそうばん)」など、唐代の漢詩を思わせる名前が付けられており、環境省の「音風景百選」にも選ばれています。

るり渓温泉とは

出典:PIXTA

るり渓にある、天然温泉のリゾート施設「るり渓温泉」には、年中遊べる温泉プールや水着着用の混浴露天風呂、ジャグジーなどが揃っています。

また、岩盤浴や酵素浴、よもぎ蒸しなどアンチエイジング・デトックス・美肌など、「心と身体の癒しの森」をコンセプトとした施設ならではのサービスも充実。

ゆったりくつろげる「るり渓温泉 本館」と「こぶし荘 花あかり」、手ぶらでグランピング(キャンプ)を楽しめる「GRAX PREMIUM CAMP RESORT」、一棟貸しのコテージタイプ「GRAX HANARE」があります。

るり渓温泉の効能

るり渓温泉の泉質は、ラドンを含む放射能線です。含まれる放射能は健康に悪影響なく、無色透明、無味無臭です。浴用適応症として、痛風・関節リウマチ・強直性脊椎炎の効能があります。

るり渓温泉の効能を得られる日帰り温泉

るり渓温泉内には、先ほど紹介したように「るり渓温泉 本館」と「こぶし荘 花あかり」と温泉施設が2軒あります。

そのうち、「るり渓温泉本館」は、日帰り入浴も受け付けています。

るり渓温泉本館

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tubasa Nakagawa(@283.camp)がシェアした投稿

大浴場

国内有数のラジウム含有量を誇る、るり渓温泉の自慢の大浴場。日々ののストレスや疲れを癒し、肩こりをやわらげてくれます。大浴場内のベンチに座ってくつろげるマイナスイオン空気浴のスペースもあるのが嬉しいポイントです。

バーデゾーン

水着着用の温泉なので、家族で一緒に楽しむことができます。露天風呂や温泉プールに、寝転がりながらゆっくりと湯につかる寝湯、立った状態で半身浴をする立ち湯、全身の疲れを癒してくれる泡風呂、肩こりや疲れをほぐす打たせ湯、週替わりのさまざまな香りのお風呂など湯船もさまざま。

それに加え、高温ドライサウナ、ハーブスチームサウナ、アロマスチームサウナ、遠赤外線サウナなどもあり、至れり尽くせりです。

館内着着用エリア

館内着着用エリアも見逃せません。「ねころびの部屋」は、オーストリア原産バドガーシュタイン効能石を使用していて、遠赤外線やマイナスイオンによるデトックスやダイエットが期待できます。

他にも、星空のような光・ヒーリングミュージック・マイナスイオンでリラックスでできる「摩訶(まか)不思議の部屋」や心地よく揺れるテント型のハンモックやくぼみの中でゆっくりとくつろげるソファにドリンクコーナーもあるランタンエリアなど、盛りだくさん。

追加料金で、酵素浴やハーブテントでのよもぎ蒸し、角質を食べてくれる魚のフィッシュテラピーまで体験できます。

<施設詳細>
・施設名:るり渓温泉本館
・住所:京都府南丹市園部町大河内広谷1-14
・電話番号:0771-65-5001
・営業時間:入浴7:00~23:00(土・日・祝日10:00~18:00)、プール10:00~18:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:
[お気軽入浴プラン]
(大人、中学生以上)平日700円、土・日・祝日800円、(小人、4歳〜小学生)平日350円、土・日・祝日400円、(シニア、65歳〜)平日500円、土・日・祝日600円
※大浴場+水着着用エリア(バーデゾーン・露天風呂・温泉プール)を利用可能。

[全館利用プラン]
(大人、中学生以上)平日1,500円、土・日・祝日1,800円、(小人、4歳〜小学生)平日1,000円、土・日・祝日1,300円
※大浴場+水着着用エリア(バーデゾーン・露天風呂・温泉プール)と、館内着着用エリアのすべてを利用可能。

自然に囲まれた、るり渓温泉へ1日中楽しめる日帰り温泉の旅に出かけませんか?

出典:PIXTA

自然がいっぱいで温泉をはじめとした、ありとあらゆる癒しの施設が充実している、るり渓温泉。その魅力を日帰りでも十分に満喫するためには、朝早くから出かけて、現地でできるだけゆっくりと過ごしたいものです。全国でも有数のラジウム含有量を誇る温泉の効能をたっぷりと味わいに出かけてください。