出典:PIXTA

【鳥取】三朝温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2021年版

更新日:2021年11月24日

鳥取県の中央に位置する「三朝(みささ)温泉」は、ノスタルジックな雰囲気が漂う温泉街です。約850年前に、白狼(はくろう)が難を逃れたお礼にと侍に源泉のありかを告げたのが始まりといわれています。泉質は含放射能・ナトリウム・塩化物泉(単純泉)で、効能は、慢性関節リウマチや五十肩、高血圧症などです。高濃度ラドンを含む世界屈指のラジウム泉としても有名な三朝温泉で、日帰り温泉が楽しめる温泉施設・宿7選をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

ゆっくりくつろげるよう配慮された露天風呂「かがり火の宿 有楽」

民家の中に静かに佇む「かがり火の宿 有楽(ゆうらく)」は、名称にもある入り口のかがり灯が目印です。

一歩足を踏み入れると、ほんのり灯る光と畳の香りに包まれた優しい雰囲気のロビーが出迎えてくれます。

温泉は、開放感のある一面ガラス張りの内湯と、季節の移ろいを感じられる露天風呂があり、露天風呂ではよりゆっくりくつろげるようにと、大浴場より少し湯温を低くする心配りがされています。

<施設詳細>
・施設名:かがり火の宿 有楽
・住所:鳥取県東伯郡三朝町三朝642-1
・電話番号:0858-43-1121
・営業時間:15:00~21:00(最終受付20:30)
・定休日:不定休
・日帰り温泉の利用料:大人800円、子供(3歳~小学生)400円

かけ流しの3つの源泉を8つの湯で浸かり比べ「清流荘」

提供:清流荘

三徳川(みとくがわ)沿いに建つ「清流荘(せいりゅうそう)」は、清流のせせらぎに耳を傾けながら白狼伝説になぞらえた「白狼の湯」が楽しめる温泉です。

提供:清流荘

3つのかけ流しの源泉と8つの湯があり、源泉の違いを浸かり比べできるのが魅力。庭園の中でお湯に浸かっているような趣あふれる露天風呂は、冬は雪見温泉になる日もあり、季節の風情が堪能できます。

<施設詳細>
・施設名:清流荘
・住所:鳥取県東伯郡三朝町三朝309
・電話番号:0858-43-0321
・営業時間:11:00~21:00(最終受付20:00)
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:800円、小人(3歳以上小学生まで)400円

観光案内所の隣にあるシンプルな公衆浴場「たまわりの湯」

提供:三朝温泉観光協会

菩薩(ぼさつ)様からたまわった湯として名付けられた「たまわりの湯」は、観光案内所に隣接した温泉街の中心にある公衆浴場です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中 誠(@tanaka__makoto)がシェアした投稿

内湯のみのシンプルな造りで、温泉の熱を利用した熱気浴室に20分から30分入って体を温める「ラドン熱気浴」が人気です。新陳代謝を促すラドン熱気浴は、免疫力・治癒力の向上や、老化や生活習慣病の予防などの効能があります。体験希望の方は1ヶ月前の予約をおすすめします。

<施設詳細>
・施設名:たまわりの湯
・住所:鳥取県東伯郡三朝町三朝910-7
・電話番号:0858-43-0017
・営業時間:10:30~21:45(最終受付21:15)
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人550円、小人(小学生)330円