出典:写真AC

入湯税とは?なぜ、いくら支払うのかなどの疑問を解消!

更新日:2022年3月14日

この記事を書いた人

ともきち

温泉が好きで、年に数回は友人や家族と国内旅行を計画し、色々な温泉地へ出かけています。温泉の中でも、濁り湯の露天風呂が特に好みです。旅先では、有名観光地や絶景スポットをひと通りまわり、地元の名物料理やお菓子の食べ歩きも欠かしません。旅好きならではの視点で、温泉地の情報や温泉にまつわる知識など、魅力あふれる記事をお届けします。

温泉施設や宿に行くと、「入湯税」というものを目にすることがあります。なんとなく温泉に入浴する際には支払っていても、詳しくはよくご存知でない方も多いのではないでしょうか?そんな方のために、今回は入湯税とは何か、いくら支払うものなのかなどについてご説明します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

入湯税とは?

出典:AC

入湯税は、市町村が温泉施設などを適切に運用し、施設の整備や観光促進などの温泉に関連する目的でかかる費用を、温泉の利用客に負担してもらうものです。

地方税法に定められている市町村税に含まれる、目的税(特定の経費にあてる目的で徴収される税)のうちのひとつです。

具体的に市町村は、入湯税を以下の目的のために徴収します。

ー環境衛生施設の整備

ー鉱泉源の保護管理施設の整備

ー消防施設その他消防活動に必要な施設の整備

ー観光の振興(観光施設の整備を含む)

入湯税は、旅館やホテル、スーパー銭湯、健康センターなどの温泉施設すべてで支払う必要があります。

参考:総務省|入湯税

入湯税はいつ支払う?

出典:PIXTA

温泉利用客は入湯税をいつ、どのように支払うのかというと、温泉施設や温泉宿泊施設を利用した際に、利用料や宿泊代と一緒に支払います。

利用料に含まれてしまっているケースも多いので、「払ったことがない」と感じる人もいるかもしれませんが、温泉施設や温泉宿泊施設が発行した領収書(レシート)には、必ず記載されています。

入湯税の給付方法とは?

利用客から集めた入湯税は、「特別徴収義務者」にあたる温泉施設・温泉宿泊施設の経営者が納付の義務を負います。

課税対象である経営者は、1ヶ月分の入湯税をとりまとめて、翌月に納税することを決められています。多くの場合、納付日は翌月15日となっています。