【三重】長島温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2022年版

更新日:2022年3月21日

この記事を書いた人

たびこ

自分の時間が取れると、ついつい旅行に出掛けてしまいます。特に温泉地が好きで、温泉の泉質を選ぶ事から始まり、景色の良い宿や、地元のグルメ、観光スポット、お土産などをリサーチするのも楽しい時間です。さまざまな温泉街を旅した中で知り得た情報や歴史などを、これから旅を計画される方へお伝えできれば幸いです。

三重県の「長島(ながしま)温泉」は、愛知県と岐阜県の県境に近い桑名市に位置し、長島観光開発(ナガシマリゾート)の初代が昭和38年(1963年)に掘り当てた温泉です。日本最大級の遊園地「ナガシマスパーランド」や、イルミネーションが人気の「なばなの里」、ホテル、アウトレットパーク、温浴施設などの施設が次々に開発され、現在は一大レジャーランドとしての人気を誇ります。今回は、ナガシマリゾート内とその周辺の日帰り温泉施設・宿のおすすめ7選をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

男女合わせて17種類の湯舟が揃う日本最大級の日帰り温泉施設「長島温泉 湯あみの島」

ナガシマリゾートが運営する「長島温泉 湯あみの島」は、「ナガシマスパーランド」に併設した日本最大級の日帰り温泉施設です。

施設内には、奥入瀬(おいらせ)渓流や、黒部(くろべ)峡谷をイメージした温泉など、男女合わせて17種類の露天風呂や内湯があり、神経痛やうちみ、美肌に良いとされるアルカリ性単純温泉(緩和性低張高温泉)を堪能できます。

国内最大級の岩盤浴やボディケア、エステ、湯上がり茶屋なども揃う、充実の施設です。

連日開かれる歌謡ショウも人気です。

<施設詳細>
・施設名:長島温泉 湯あみの島
・住所:三重県桑名市長島町浦安333
・電話番号:0594-45-1111
・営業時間:詳細はホームページをご確認ください。
・定休日:1・6月に数日メンテナンス休業あり
・日帰り温泉の利用料:大人(中学生以上)2,100円、小学生1,300円、幼児700円

美容と健康にうれしい多彩な10種類の風呂「アソビックス あさひの湯」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

DCT今時食道(@dct_moribe)がシェアした投稿

美容と健康にうれしい多彩な10種類のお風呂を堪能できる「アソビックス あさひの湯」は、ボウリングなどを楽しめる「アソビックス あさひ」内にある日帰り温泉施設です。

延べ600坪の広いスペースに、深さ1.2mの立ち湯、炭酸泉風呂、ジェット温泉などがあり、神経痛、関節痛、慢性皮膚病、慢性婦人病などに効能がある、ナトリウム-塩化物泉質の温泉を湯浴みできます。

湯あがり後は、広い休憩スペースやマッサージチェアで寛げます。

<施設詳細>
・施設名:アソビックス あさひの湯
・住所:三重県三重郡朝日町小向181
・電話番号:059-377-2611
・営業時間:(平日)10:00~25:00、(土・日・祝日)9:00~25:00(最終受付24:30)
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人(中学生以上)700円、小人(小学生)400円、幼児(3歳以上小学生未満)300円

おすすめの入浴コースで日頃の健康づくりやストレス解消「クアハウス長島」

提供:クアハウス長島

提供:クアハウス長島

ショートコースゴルフや乗馬を楽しめる「長島スポーツランド」内にある「クアハウス長島」は、関節痛や冷え性、疲労回復に良いとされる単純温泉をかけ流しで堪能できる日帰り温泉施設です。

提供:クアハウス長島

館内には、温泉療法の一助として飲める温泉もあります。

提供:クアハウス長島

浴槽はそれぞれ「全身浴」「歩行浴」「渦流浴(かりゅうよく)」など9種あり、日頃の健康づくりやストレス解消に役立つ入浴方法を「一般健康促進コース」や「腰痛・肩こりコース」などから見つけられます。

<施設詳細>
・施設名:クアハウス長島
・住所:三重県桑名市長島町福吉879-5
・電話番号:0594-45-1122
・営業時間:10:30~22:00(最終受付21:30)
・定休日:第1・3火曜日(但し祝日は営業、翌水曜日が定休日)、1月1日、12月31日 ※メンテナンスによる臨時休業あり
・日帰り温泉の利用料:大人950円、小学生500円、幼児(3歳以上)300円、3歳未満 無料