出典:PIXTA

【熊本】平山温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2022年版

更新日:2022年4月13日

この記事を書いた人

たびこ

自分の時間が取れると、ついつい旅行に出掛けてしまいます。特に温泉地が好きで、温泉の泉質を選ぶ事から始まり、景色の良い宿や、地元のグルメ、観光スポット、お土産などをリサーチするのも楽しい時間です。さまざまな温泉街を旅した中で知り得た情報や歴史などを、これから旅を計画される方へお伝えできれば幸いです。

熊本県の「平山(ひらやま)温泉」は、延暦9年(790年)ごろに大流行した皮膚病を治すために、阿蘇大明神が病の治る熱い湯を大地から湧き出させてくれたという言い伝えが残る、山鹿(やまが)市にある温泉です。ほとんどの泉質が硫黄分を含む硫黄泉で、慢性皮膚病や神経痛、慢性婦人病などに効能があり、とろりとした湯が特徴です。今回は日帰りで利用できるおすすめの温泉宿・施設7選をご紹介します。かつては加藤清正も汗疹を治すために利用したと伝えられる「美人の湯」をゆったりと堪能する旅に出かけませんか。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

全館バリアフリーで安心のくつろぎの宿「善屋」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

aya matsuo(@aym_tsuo)がシェアした投稿

平成30年(2018年)春の改装で全館バリアフリー(一部を除く)となった「善屋(ぜんや)」はモダンな雰囲気が心地よい温泉宿です。

肌あたりの柔らかいミストサウナのある大浴場と露天風呂からは、整えられた庭と遠くに広がる山々の景色が見晴らせ、源泉掛け流し100%の美人の湯でゆっくりと湯浴みできます。

別途料金で、足元が滑りにくい畳の湯など3タイプの貸切風呂も利用可能です。

熊本の食材を使用した会席料理などの昼食がついた日帰りプラン(4,000円〜)も人気です。

<施設詳細>
・施設名:善屋
・住所:熊本県山鹿市平山432
・電話番号:0968-44-1147
・営業時間:9:00~21:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人(中学生以上)880円、小人(3才以上)550円

温泉付き離れの客室でゆったりくつろげる「ほたるの長屋」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

古滝孝子(@kotacky717)がシェアした投稿

全室が温泉付きの離れになっている「ほたるの長屋」は、静かな田園地帯に佇む1日5組限定の静かな宿です。

大浴場はありませんが、スタンダードの離れ3室では趣の異なる半露天風呂の湯船で、また、特別室2室では露天風呂と内湯で、肌触りの良いph9.73の単純硫黄泉を楽しめます。

日帰り温泉は懐石料理付きのプランで利用でき、ゆったりと離れでくつろげます。

スタンダードの離れは空きがあれば、日帰り温泉だけでも利用できるのでお問合せください。

<施設詳細>
・施設名:ほたるの長屋
・住所:熊本県山鹿市平山5206-7
・電話番号:0968-48-1222
・営業時間:(3時間ユース)12:00~15:00、(6時間ユース)12:00~18:00、(ディナーユース)17:00~20:00、(入浴のみ)11:30~終了時間は要問い合せ。入浴時間は60分
・定休日:不定休
・日帰り温泉の利用料:(入浴と食事付きの日帰りプラン)7,810円~、(入浴のみ)2,200円~

開放感あふれる広々とした露天風呂と内湯「奥山鹿温泉旅館」

提供:奥山鹿温泉旅館

自家源泉を持つ「奥山鹿温泉旅館」は、レトロで落ち着いた雰囲気の温泉宿です。

アトピー性皮膚炎などに良いとされる、ラドンを含むph9.8の源泉は、トロトロの肌触りで湯船には湯の花が浮かびます。

提供:奥山鹿温泉旅館

提供:奥山鹿温泉旅館

ジャグジーのある開放的な露天風呂や広々とした内湯で、四季を感じる自然の風景を眺めながらゆったりと湯浴みを楽しめます。

個室で味わう地元の旬の食材を使った創作料理が付いた日帰り温泉プラン(5,000円)も人気です。

<施設詳細>
・施設名:奥山鹿温泉旅館
・住所:熊本県山鹿市平山235
・電話番号:0968-44-0588
・営業時間:10:30〜18:00(最終退館18:30)
・定休日:不定休
・日帰り温泉の利用料:大人400円、小人(3歳〜小学生)250円