出典:写真AC

水風呂は健康に良いって本当?4つの作用と正しい浸かり方

更新日:2020年12月04日

サウナや温泉で目にすることの多い水風呂。なんとなくサウナの後に浸かってみたり、温泉に浸かって熱くなってきたら浸かってみたり、という方も多いのではないでしょうか。実は水風呂には、健康にいい作用が期待できるといわれています。ここでは、水風呂に期待できる作用と水風呂の正しい浸かり方について解説します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

水風呂の基本

出典:写真AC

水風呂は名の通り、浴槽に水が入れられたお風呂のことを指しています。

水風呂の温度は「17°C」前後が一般的

水風呂といっても、まったく温度管理をせずに常温の水をそのまま入れているわけではありません。

施設によって水温は異なりますが、一般的には人肌で少し冷たい、と感じる程度の17℃前後に保たれていることが多いようです。

対して温泉の温度は種類にもよりますが35~42℃前後なので、20℃程度の差があることになります。

サウナの場合は低くても70℃、高いところでは90~100℃になる場合もあるため、水風呂との温度差はかなりのものになることがうかがえます。

目からウロコ!水風呂がもたらす4つの作用

出典:写真AC

水風呂は、サウナや温泉の後や間に浸かって爽快感を得るだけのものではありません。

実は水風呂はさまざまな体にいい作用が期待できるのです。

血行促進で免疫力アップ!

体温より低い温度の水風呂に浸かることで一時的に身体が冷えることで脳はそれ以上の体温の低下を防ごうと血流を活発にして、体温を上げようとします。

血液には免疫機能を持った白血球が存在しています。血流を良くすることによって白血球が素早く体以内をめぐり、ウィルスや細菌などを攻撃してくれるため、水風呂は免疫力アップが期待できるのです。

自律神経やホルモンバランスが整えられる!

水風呂と温泉を利用することで自律神経が整うといわれています。

通常、内臓の働きや代謝などを整えてくれる自律神経は、活発に活動している時に働く交感神経と、睡眠中やリラックスしているときに働く副交感神経で成り立っています。

水風呂は副交感神経を刺激し、温かいお湯の温泉は交感神経を刺激することになります。そのため、自律神経の正常化が期待できるのです。

また、水風呂にはストレス耐性に関わるホルモンなどを分泌する副腎を刺激し、ホルモンバランスを整えてくれる作用も期待できるとされています。

温冷交代浴で血圧改善に!

一般的に温かい温泉に浸かると血圧は下がり、冷たい水風呂に浸かると血圧は上昇します。温泉と水風呂に交互に浸かる温冷交代浴は血圧の上下を繰り返すことにより、血圧の改善が期待できるとされています。

肌の引き締めでエイジングケアも期待できる !

冷たい水風呂に浸かることによって肌が引き締められ、しわやたるみが目立たなくなるといううれしい作用も期待できます。

また、先にも述べた通り、水風呂に入ることによって血行を良くします。

血行が良くなることで肌の新陳代謝が促され、肌の生まれ変わりの周期であるターンオーバーの乱れの改善が期待できます。

結果として美肌・アンチエイジング作用も得られる可能性があるのです。

水風呂の正しい入浴方法

出典:写真AC

水風呂は上記のようなさまざまな作用が期待できますが、正しい方法で入浴することが大切です。

step1:かけ水をしてから入浴する

水風呂に浸かる際はいきなり湯船に入るのではなく、まずはかけ水をするのがマナーです。

水風呂に浸かる前にはサウナなどを利用している場合がほとんどだと思います。サウナ後は全身にたくさんの汗をかいているため、水を汚してしまう可能性があるからです。

step2:心臓から遠いところから時間をかけて浸かる

水風呂は入浴方法によっては危険を伴うこともあるため、身体の声をよく聞き、自分のペースを保つことが重要です。

心臓から遠い足の先からゆっくりと焦らず時間をかけて、徐々に水温に慣れるようにしましょう。

手先や腕も上半身が浸かるより先に水をかけておくとより良いでしょう。

step3:1〜2分程度浸かったらサウナや温泉に入る

水風呂に長時間浸かりすぎると体が冷えすぎてしまいます。水風呂に浸かるのは1回につき1~2分程度にとどめてください。

1~2分程度水風呂に浸かったら、サウナや温泉でまた身体を温めましょう。これを繰り返す温冷交代浴が最も水風呂のパワーを得られる入浴方法といわれています。

知らないと危険!絶対やってはいけない水風呂での注意点

出典:写真AC

一気に入浴してはいけない

サウナや温泉で温まった身体のまま、一気に水風呂に浸かるのは絶対にやめましょう。

なぜなら、水風呂で急激に体を冷やすと「ヒートショック」と呼ばれる現象を引き起こす危険があるからです。

「ヒートショック」は冬場、暖かい部屋から移動し、温度の低い浴室もしくは脱衣場で服を脱ぐことによってその温度差で急激に血圧が上昇し、失神や心筋梗塞、脳卒中などを引き起こす現象を指します。

サウナや温泉から一気に水風呂に浸かる行為はこの「ヒートショック」と同じ状態を作り出していることになり、非常に危険です。

飲酒後の入浴は危険!

飲酒後の水風呂の入浴も禁忌のひとつです。お酒には血管を拡張させる作用があるので、飲酒後の人の身体は血管が広がって血流がよくなり、一時的に血圧が下がった状態になっています。

そこで水風呂に浸かると、血管が収縮して急激に血圧が上がることになるため、一気に水風呂に入った時と同じような状態を引き起こす危険があるのです。

温かい温泉やサウナであっても、飲酒後の入浴は危険を伴います。飲酒で血圧が下がっているところに入浴やサウナの温浴作用でさらに血圧が下がり、意識を失う可能性も否定できないからです。

水風呂、温泉、サウナなど、種類に関わらず飲酒後は入浴を避けるようにしてください。

水風呂を上手に利用して健康的な体を目指そう!

出典:写真AC

免疫力アップや血圧改善、アンチエイジングなどさまざまな体にいい作用が期待できる水風呂。サウナや温泉と一緒に利用してその恩恵を受けたいものですが、水風呂は正しく入浴しないと危険がある場合もあります。

正しい入浴方法で水風呂を利用して、健康的な体を手に入れましょう!