【山梨】冬の「石和温泉」で温泉三昧の1泊2日旅!名物 馬刺し丼も堪能

更新日:2021年2月19日

冬の時期は寒さで出かけるのも億劫になりがちです。でも「温泉なら出かけたい!」と思われる方も多いのではないでしょうか。今回は山梨県にある「石和温泉(いさわおんせん)」で温泉とご当地グルメを味わう1泊2日の旅プランをご紹介します。石和温泉でほっこり温まるものを見つける旅に出かけてみませんか?

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・1泊2日で温泉旅行に出かけたい
・有名観光地はしっかりと見ておきたい
・郷土料理を堪能したい

旅のしおり

【Day1】

〈10:30〉石和温泉駅に到着
石和温泉1泊2日観光のスタートです!

〈11:00〉慶山で入浴
露天風呂で温泉を堪能します。

〈13:00〉そば切り いしやまでランチ
本格そばと甲州名物の鳥もつを堪能します。

〈15:00〉八田家御朱印屋敷を散策
四季折々の景観や歴史ある建物を鑑賞します。

〈17:00〉ホテルにチェックイン
石和温泉街にある宿泊施設にチェックインします。

【Day2】

〈11:00〉ホテル花いさわで立ち寄り入浴
開放感ある大浴場と露天風呂を楽しみます。

〈13:00〉食いもん屋 北甲斐道でランチ
郷土料理「馬刺し丼」をいただきます。

〈15:00〉石和温泉街でお土産の購入
温泉街でお土産を購入します。

〈17:00〉石和温泉駅を出発
帰路に着きます。


石和温泉1泊2日の旅スタート

【Day1】石和温泉駅に到着

〈10:30〉
石和温泉駅に到着したら、石和温泉1泊2日観光の始まりです。

<参考>
・【電車】東京方面より:JR中央本線 新宿駅(特急)→石和温泉駅(約1時間40分)
・【バス】新宿高速バスターミナルから中央高速→石和温泉郷(約2時間10分)

目隠し格子がデザインされた、趣のある駅舎が出迎えてくれます。

まずは駅前通り(県道302号線)を通り、右手にイオンなどを見ながら立ち寄り湯に向かいましょう。

10分ほど歩くので、駅でトイレを済ませたり、ベンチで軽く休んだりして体調と相談しながらスタートしてくださいね。

<施設詳細>
・住所:山梨県笛吹市石和町松本177-1
・電話番号:050-2016-1600
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約10分

【Day1】慶山で立ち寄り入浴

〈11:00〉
慶山(けいざん)は、宿泊されたお客様に向けて太鼓ショーや琴の生演奏を行うなど、おもてなしと自家源泉かけ流しの温泉が人気の宿泊施設です。

そんな慶山では日帰り入浴も行っています。

お湯は源泉かけ流しで、湯上りにお肌がスベスベになることから「美肌の湯」とも言われています。

提供:慶山

広々とした解放感のある大浴場や岩風呂、桧(ひのき)風呂のある露天風呂のほか、ドライサウナ、ミストサウナもあります。

露天風呂には打たせ湯があり、湯に打たれながらマッサージを受けているかのように温泉が楽しめます。

提供:慶山

<施設詳細>
・住所:山梨県笛吹市石和町市部822
・電話番号:055-262-2161
・営業時間:10:00~22:00
・観光マップ:Day1 B地点


↓徒歩約5分

【Day1】そば切り いしやまでランチ

〈13:00〉
「そば切り いしやま」は国産そば粉にこだわった本格そばと、山梨の郷土料理「鳥もつ」が味わえるお店です。

提供:そば切り いしやま

古民家のような佇まいで、店内はテーブル席や小上がり席、奥座敷があり、風情のある中庭も見られます。

おすすめは鳥もつとそばを同時に味わえる「もつ盛りそば」(1,100円)。

提供:そば切り いしやま

もつ盛りそばは、出汁のきいた温かいそば汁の中に鳥もつが入った石和の名物メニューで、観光客にも人気です。本格蕎麦の味わいと、噛むほどに旨味が出てくる鳥もつが楽しめます。

提供:そば切り いしやま

<店舗詳細>
・住所:山梨県笛吹市石和町八田330-177
・電話番号:055-263-5381
・営業時間:11:00~14:00
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約10分~15分

【Day1】八田家御朱印屋敷を散策

〈15:00〉
ランチの次は、甲斐国(かいのくに)の豪族だった八田氏の屋敷跡「八田家御朱印屋敷(はったけごしゅいんやしき)」を見学します。

八田家御朱印屋敷は山梨県の指定文化財にもなっており、見どころは入母屋造(いりもやづくり)の書院や文書類、襖絵です。

ほかにも石和陣屋から移築されてきた表門があり、北側に回れば高く盛り上げられた土塁が残っています。当時は水防堤も兼ねていた重要な拠点だったことが分かります。

丁寧に手入れされた庭園も美しく、四季折々の景色も楽しめる観光スポットです。

<施設詳細>
・住所:山梨県笛吹市石和町八田 大曲輪334
・電話番号:055-261-3342(笛吹市教育委員会文化財課)
・営業時間:24時間
・観光マップ:Day1 D地点


↓徒歩約15分


【Day1】ホテルにチェックイン

〈17:00〉
石和温泉街にある宿泊施設にチェックインし、初日の石和温泉観光は終了です。

もしも体力に余裕があれば、夜の温泉街散策に出かけてみるのもよいでしょう。温泉の香りを感じながら、昼間とはまた違った趣のある街並みを味わえます。

疲れがあると感じた場合は、無理をせずしっかり休んで明日に備えてくださいね。

【Day2】

2日目のスタートです。


↓徒歩約10分~15分

【Day2】ホテル花いさわで立ち寄り入浴

〈11:00〉
「ホテル花いさわ」で朝の光を浴びながら温泉を楽しみましょう。

ホテル花いさわの温泉は、敷地内に源泉が湧き出るかけ流しの湯。肌にやさしい柔らかな湯は、女性に特に人気があります。

提供:ホテル花いさわ

浴場はガラス張りで見晴らしがよい開放感ある大浴場と、石積みで庭園のような演出がされた和を感じられる露天風呂が楽しめます。

フロントでタオルを貸し出してくれるほか、大浴場にはシャンプーやボディーソープ等が備わっているので、手ぶらでサッと立ち寄れる温泉となっていますす。

<施設詳細>
・住所:山梨県笛吹市石和町松本1409
・電話番号:055-262-4166
・営業時間:14:00~18:00(立ち寄り入浴)
・観光マップ:Day2 A地点


↓徒歩約15分

【Day2】食いもん屋 北甲斐道でランチ

〈13:00〉
2日目のお昼は「食いもん屋 北甲斐道(ほっかいどう)」でランチをいただきます。

三角屋根が特徴的な北甲斐道は、地元の方にも愛されるお店です。

座席は仕切りのある半個室のような小上がりや座敷があります。

提供:食いもん屋 北甲斐道

こちらのイチオシメニューは山梨名物「馬刺し丼」(950円)です。

提供:食いもん屋 北甲斐道

馬刺しは甘味が感じられ、特製のタレともよく絡み絶品です。

馬刺しのほかにも、ほうとうなど山梨の郷土料理を味わうことができます。

<店舗詳細>
・住所:山梨県笛吹市石和町松本701-1
・電話番号:0552-63-0004
・営業時間:11:30~14:00、17:30~23:00
・観光マップ:Day2 B地点


↓徒歩約10分~15分

【Day2】温泉街でお土産散策

〈15:00〉

提供:石和温泉観光協会

石和温泉街で風情ある街並みを楽しみながら、お土産を購入をしましょう。

旅館やホテルが立ち並ぶ大通りから一本中に入ったところにある、ゆったりと水が流れる平等川に架かる「いさわはし」を訪れるのもおすすめです。

水が流れる音を聞きながら、周辺の山々を眺めたり温泉の香りをゆっくりと感じてみるのも良いかもしれません。

提供:石和温泉観光協会

おすすめお土産1:清月の甲州レーズン

ひとつめのおすすめは、清月(せいげつ)の「甲州レーズン」(5個入り 1,210円)。

サクっとした食感のクッキーに、山梨県産の大粒なピオーネで作られたレーズンクリームをはさんだレーズンサンドです。

甘さ控えめの無添加レーズンなので、身体にも優しい人気のお土産になっています。

おすすめお土産2:ワタショクの「信玄武者ほうとう」

ふたつめのおすすめは、ワタショクの「信玄武者ほうとう」(5個入り 550円)。

山梨の守護・武田信玄が好んで食べたとされる山梨の名物「ほうとう」が自宅でも味わえます。

好みの野菜など具材を用意するだけで山梨の味を手軽に楽しめる点が人気です。

石和温泉旅館やホテル売店、石和温泉駅前にあるお土産屋・若美屋で購入できます。

<店舗詳細>
清月
・住所:山梨県笛吹市石和町駅前3-2
・電話番号:055-26-5555
・営業時間:19:00~17:00
・観光マップ:Day2 C地点

信玄武者ほうとう(宿泊施設の売店)
若美屋(製造販売元)
・住所:山梨県笛吹市御坂町二之宮2485-1
・電話番号:055-263-0673
・営業時間:9:00~19:00


↓徒歩約10分~15分

【Day2】石和温泉駅を出発

〈17:00〉
石和温泉1泊2日観光もここで終わりです。

あっという間の2日間でしたが、思う存分に石和温泉と山梨の郷土料理を堪能できたのではないでしょうか。

思い出やお土産とともに家路に着きます。

観光マップ

【Day1】


A:石和温泉駅
B:慶山
C:そば切り いしやま
D:八田家御朱印屋敷

【Day2】


A:ホテル花いさわ
B:食いもん屋 北甲斐道
C:清月

山梨の石和温泉へ温泉と郷土料理を思う存分味わう旅に出かけよう!

提供:慶山

今回は山梨県で最大規模の温泉地とも言われる「石和温泉」にて、温泉とご当地グルメを楽しめる1泊2日の旅行プランをご紹介しました。

入浴後にお肌がツルツルになることから、「美人の湯」としても知られる温泉や立ち寄り入浴もあるので、女性の方に特におすすめのプランです。

ぜひ山梨県の石和温泉まで足を運び、身も心も癒されてください。