出典:PIXTA

【島根】神話の里「玉造温泉」で1泊2日旅!しまね和牛&海鮮丼も

更新日:2021年4月26日

日本人にとって温泉は身近な存在。ふと温泉に浸かりに出かけたいなと思うこともあるのではないでしょうか。 そこで今回は、島根県にある玉造(たまつくり)温泉に行く、身体温まる温泉とご当地グルメも堪能できる1泊2日プランをご紹介します。 ぜひ記事を参考に玉造温泉を訪れて、寒い冬を乗り切ってください。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・1泊2日で温泉旅行に出かけたい
・伝統工芸鑑賞や史跡巡りが好き
・地元グルメを堪能したい

旅のしおり

【Day1】

〈10:30〉玉造温泉バス停に到着
〈11:00〉佳翠苑 皆美で立ち寄り入浴
〈13:00〉若竹寿しでランチ
〈15:00〉出雲玉作史跡公園を散策
〈17:00〉ホテルにチェックイン

【Day2】

〈10:30〉ホテル白石家で立ち寄り入浴
〈12:30〉キッチン花音でランチ
〈14:30〉出雲玉作資料館で工芸品を鑑賞
〈16:00〉玉造温泉街散策とお土産購入
〈17:30〉玉造温泉を出発

玉造温泉1泊2日の旅スタート

【Day1】玉造温泉(姫神広場)バス停に到着

〈10:30〉
玉造温泉(姫神広場)バス停に到着したら、玉造温泉1泊2日観光スタートです。

<参考>
【飛行機・バス】伊丹空港(飛行機)→出雲縁結び空港から空港連絡バスで約30分(約1時間半)
【新幹線】JR新大阪駅より岡山駅(新幹線)→玉造温泉駅(特急やくも)→玉造温泉街(約5時間)

バスを降り立てば目の前に玉造温泉街が広がります。

玉湯川を挟んで平行して走る2本の道の脇にはホテルや温泉旅館、お土産物屋などが立ち並ぶ温泉情緒が感じられることでしょう。

<施設詳細>
・住所:島根県松江市玉湯町玉造 
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約5分

【Day1】佳翠苑 皆美で立ち寄り入浴

〈11:00〉
旅の始まりは、「佳翠苑 皆美(かすいえん みなみ)」で入浴を楽しみましょう。

浴場は大浴場や露天風呂、展望風呂や手湯・足湯と多彩な温泉のある温泉です。

露天風呂は、緑に囲まれた自然の中の入浴気分が味わえるもの、和の庭園のような趣のある小庭を眺めながら温泉が楽しめるものと2種類あります。

最上階には展望風呂があり、周辺の山々や自然を見渡せる眺望のよいおすすめの浴場です。

<施設詳細>
・住所:島根県松江市玉湯町玉造1218-8
・電話番号:0852-62-0331
・営業時間:11:00〜15:00
・観光マップ:Day1 B地点


↓徒歩約5分

【Day1】若竹寿しでランチ

〈13:00〉
観光客にも人気の「若竹寿し」でボリュームのある海鮮丼のランチをとります。

「プレミアム海鮮丼」(2,000円)は、えびやうなぎ、かんぱち、サーモンなど15種ほどの海鮮が盛りつけられ、一度にさまざまな鮮魚が楽しめる若竹寿しで一番人気の丼ぶりです。

島根の宍道湖(しんじこ)はしじみの本場。

若竹寿司ではしじみの本場らしく、タップリのしじみが入ったしじみ汁(450円)も味わえます。冷えた身体を温めるのに最適な一杯です。

<施設詳細>
・住所:島根県松江市玉湯町玉造83-6
・電話番号:0852-62-0831
・営業時間:11:30~13:30、17:30~19:30
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約5分

【Day1】出雲玉作史跡公園

〈15:00〉
出雲玉作史跡公園(いずもたまつくりしせきこうえん)は出土された竪穴式住居を復元し、管理されている公園です。

玉造温泉地域は、古墳時代から平安時代にかけて勾玉などの一大生産地で、玉作りにちなんだ遺跡が付近一体で数多く見つかっています。

出雲玉作史跡公園では、復元された貴重な竪穴式住居を間近で見学することが可能です。

2.8haという広さを持つ公園には、散歩コースやちびっこ広場、テニスコートもあり人々の憩いの場にもなっています。

<スポット詳細>
・住所:島根県松江市玉湯町玉造
・観光マップ:Day1 D地点


↓徒歩約10分


【Day1】ホテルにチェックイン

〈17:00〉
玉造温泉街にある宿泊施設にチェックインし、1日目は終わりです。

夜の玉造温泉街も昼間とは違った情緒が感じられます。
疲れが出ているようなら無理をせず、早めに休むとよいでしょう。

【Day2】

ホテルをチェックアウトし、2日目のスタートです。


↓徒歩約10分

【Day2】ホテル白石家で立ち寄り入浴

〈10:30〉
玉造温泉の旅2日目の最初は「ホテル白石家(しらいしや)」で温泉に浸かります。

ホテル白石家は創業300年。歴史ある旅館は情緒あふれ、一歩踏み入れると非日常的な時間を過ごせます。

館内から見下ろすことができる庭も美しく、四季折々でさまざまな姿を見ることができます。

提供:白石家

そんな白石家の浴場は、浴槽はもちろん湯船の底まで檜を贅沢にあしらった総檜風呂の「織姫」、重厚で美しい輝きを放つ黒御影石を使用した大浴場「彦星」の2種類。

提供:白石家

広々とした浴槽で、爽やかな陽の光を浴びながらゆっくりと温泉を楽しんでください。

<施設詳細>
・住所:島根県松江市玉湯町玉造44-2
・電話番号:0852-62-0521
・営業時間:月~水曜日 12時~14時限定
・観光マップ:Day2 B地点

※2021年2月〇日現在、一時的に立ち寄り入浴は休業しています。


↓徒歩約5分

【Day2】キッチン花音でランチ

〈12:30〉
キッチン花音(かのん)は、地元島根の上質な肉料理が堪能できるレストランです。

おすすめは上ランクの「島根和牛ステーキセット 70g」(1,800円 )がおすすめです。

提供:松江観光協会

キッチン花音は農家から精米したてのお米を仕入れるなど、お米にもこだわっています。しまね和牛のみならず、地元の農産を使った食材にこだわるお店です。

提供:松江観光協会

店内は温もりを感じさせてくる落ち着いた雰囲気になっています。

<店舗詳細>
・住所:島根県松江市玉湯町玉造1197-2
・電話番号:0852-67-2229
・営業時間:11:30~14:00、17:00~22:30
・観光マップ:Day2 B地点


↓徒歩約15分

【Day2】出雲玉作資料館で工芸品などを鑑賞

〈14:30〉
出雲玉作資料館(いずもたまづくりしりょうかん)は、玉作りをテーマにした全国でここだけの資料館です。

「古代出雲の玉作り」をテーマにした展示品のほか、メノウ細工の工芸品やメノウの製造道具などが展示されています。

常設展示場は、玉造地域で発掘された遺跡を元にした解説がなされている展示場です。

玉作り生産の様子や歴史的背景などが分かりやすく解説されています。

日本神話などにも出てくる勾玉など、玉作りについての知識を深めることができます。

<施設詳細>
・住所:島根県松江市玉湯町玉造99-3
・電話番号:0852-62-1040
・営業時間:9:00~17:00
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約15分

【Day2】玉造温泉街散策とお土産購入

〈16:30〉
玉造温泉街で温泉地の風情を味わいながら、お土産を購入します。

おすすめお土産1:しじみ屋の「縁しじみ」

日本有数のしじみの名産地の宍道湖で獲れた大和しじみを100%使ったお吸い物が「縁しじみ(えにしじみ)」(5個入り 550円)です。

縁しじみはお湯を注ぐだけで手軽に宍道湖産のしじみ汁が味わえる、ミネラルたっぷりのお吸い物です。

味は味噌汁、澄まし汁、クラムチャウダーの3種類があります。自宅へのお土産としても最適です。

おすすめお土産2:中浦食品の「どじょう掬い饅頭」

中浦食品の「どじょう掬い(すくい)饅頭」(9個カゴ入り 864円)は、どじょうすくいのひょっとこ面をモチーフにしたユニークな饅頭です。

定番で人気のしろあんのほか、ミルクやいちごなど数種類の味があり、お茶請けにもおすすめのお土産になっています。

縁しじみ、どじょう掬い饅頭ともに、玉造温泉街にある宿泊施設の売店で購入が可能です。

<売店詳細>
・ホテル、旅館の各売店
・玉造温泉街の土産物屋


↓徒歩約10分~15分

【Day2】玉造温泉を出発

〈18:00〉
あっという間の玉造温泉1泊2日旅もここで終わりです。

旅の思い出やお土産とともに、帰路に着きます。

観光マップ

【Day1】


A:玉造温泉(姫神広場)バス停
B:佳翠苑 皆美
C:若竹寿し
D:出雲玉作史跡公園

【Day2】


A:ホテル白石家
B:キッチン花音
C:出雲玉作資料館
D:玉造温泉(姫神広場)バス停

情緒漂う温泉地「玉造温泉」へ今すぐ出かけよう!

島根県の玉造温泉で温泉と地元グルメが楽しめる1泊2日の旅行プランをご紹介してきました。

かつては、日本神話などにも登場する勾玉などの玉作りの一大生産地だった玉造温泉周辺には、玉作りに関する歴史的スポットが数々存在します。

玉造温泉を訪れたならば、温泉のみならずグルメ、そして玉作りの歴史にも触れてみてください。