【佐賀】「嬉野温泉」で温泉三昧の1泊2日旅!嬉野名物 湯豆腐の食べ比べも

更新日:2021年2月10日

休日はどこか温泉に出かけて、癒されたいと思われる方も多いのではないでしょうか。佐賀県の「嬉野(うれしの)温泉」は、日本三大美肌の湯とも言われており、温泉湯豆腐の発祥の地でもあります。そんな嬉野温泉で、名店の湯豆腐を食べ比べできる1泊2日プランをご紹介します。 身体を芯から温めてくれる美肌の湯と絶品の湯豆腐をぜひお楽しみください!

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・1泊2日で温泉旅行に出かけたい
・美肌になりたい
・その土地のグルメを堪能したい

旅のしおり

【Day1】

〈10:00〉嬉野バスセンターに到着
嬉野温泉1泊2日旅のスタートです!

〈10:30〉シーボルトの湯で立ち寄り入浴
泉質は塩化物泉で湯上り後はお肌がつるつるに。

〈12:30〉よこ長でランチ
名店で「特選湯どうふ定食」をいただきます。

〈14:30〉ブーゲンハウス嬉野で鑑賞
色とりどりのブーゲンビリアを鑑賞します。

〈16:30〉ホテルにチェックイン
嬉野温泉街にある宿泊施設にチェックインします。

【Day2】

〈11:00〉佐嘉平川屋でランチ
温泉湯豆腐の定食を堪能します。

〈13:30〉ハミルトン宇礼志野で立ち寄り入浴
和洋の風情漂う温泉を楽しみます。

〈15:30〉豊玉姫神社参拝
美肌にご利益がある神社を参拝します。

〈16:00〉温泉街散策とお土産選び
嬉野温泉街を散策しながらお土産を購入します。

〈17:30〉嬉野温泉を出発
帰路に着きます。


嬉野温泉1泊2日の旅スタート

【Day1】嬉野バスセンターに到着

〈10:00〉
嬉野バスセンターに到着したら、嬉野温泉1泊2日観光のスタートです。

<参考>
【新幹線・バス】福岡空港から地下鉄でJR博多駅へ→JR武雄温泉(特急)→JRバスで嬉野温泉へ(約1時間半) 
【バス】博多駅から:高速バス「九州号」で西鉄天神バスセンター→福岡空港ターミナル→嬉野バスセンター(約2時間)

バスセンターには観光案内所が併設されており、嬉野温泉の観光地図をもらうこともできますので、必要に応じて立ち寄ってみるとよいでしょう。

さっそく「日本三大美肌の湯」として知られる嬉野温泉に向かいます。

最初に訪れるのはおしゃれな洋館の「シーボルトの湯」です。

嬉野バスセンターから温泉街の中を抜けていくので、嬉野温泉街の雰囲気を味わいながら向かうことができます。

<施設詳細>
・住所:佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2202-55
・電話番号:0954-43-0012
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約10分

【Day1】シーボルトの湯で立ち寄り入浴

〈10:30〉
立ち寄り入浴が楽しめる「シーボルトの湯」は大正ロマンを感じさせくれるゴシック調の外観で、三角屋根が特徴の建物です。

嬉野温泉街の中心に位置しているため、アクセスしやすい温泉でもあります。

浴場は大浴場と貸切湯に分かれ、美肌の湯として知られる嬉野らしい肌に膜を張ったようなヌルヌル感が体感できる温泉です。

湯上り後はお肌がつるすべに。特に女性は嬉しいポイントですね。

館内はバリアフリーになっているので、足腰に自信のない方でも安心して伺うことができます。

<施設詳細>
・住所:佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙818-2
・電話番号:0954-43-1426
・営業時間:6:00~22:00
・観光マップ:Day1 B地点


↓徒歩約5分

【Day1】よこ長でランチ

〈12:30〉
「よこ長」は温泉湯豆腐の発祥の地ともされるお店で、人気グルメ漫画「美味しんぼ」でも登場したことから、一気に人気が高まりました。

提供:よこ長

よこ長の店舗は和で統一されており、店内は障子が配されています。

テーブル席のほか小上がり席も用意されています。内観は窓だけでなく、天井にも障子があることから味のある雰囲気が作り出されています。

おすすめメニューは魚ちり湯どうふと小鉢数品、ご飯がセットになった「特選湯どうふ定食」(1,150円)です。

何も付けずそのまま食べても甘くコク深い味わいの豆腐が絶品。だし汁はあっさり塩味で、一緒に付いてくる酢醤油のタレともよく絡みます。

<店舗詳細>
・住所:佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2190
・電話番号:09540-42-0563
・営業時間:10:30~21:00
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約5分

【Day1】ブーゲンハウス嬉野でブーゲンビリアを鑑賞

〈14:30〉
ランチの後は、数多くのブーゲンビリアが咲き誇る「ブーゲンハウス嬉野」へ向かいます。

250坪もの広大な温室に年間を通して25種類以上、約400本の色とりどりの美しいブーゲンビリアが咲くスポットです。

中にはカリフォルニアゴールドの金運パワースポットもありますので、ぜひ探してみてください。

ブーゲンビリアの鉢植えや染物、嬉野特産のお茶やコーヒーなどを販売する売店もあります。

施設内の店舗では、ブーゲンビリア染めなどのオリジナル商品に加え、嬉野茶などの地域のお土産も販売しています。

<店舗詳細>
ブーゲンハウス嬉野
・住所:佐賀県嬉野市 嬉野町岩屋川内甲103-5
・電話番号:0954-43-7544
・営業時間:9:00~17:00
・観光マップ:Day1 D地点


↓徒歩約10分


【Day1】ホテルにチェックイン

〈16:30〉
嬉野温泉街にある宿泊施設にチェックインします。

夜の嬉野温泉街も昼間とはまた違った風情があるため、体力に余裕がある方は散策に出かけるのもよいでしょう。

【Day2】

ホテルを出発。


↓徒歩約10分~15分

【Day2】佐嘉平川屋でランチ「温泉湯豆腐定食」を堪能

〈11:00〉
2日目のランチは豆腐料理店の佐嘉平川屋(さがひらかわや)でランチをとります。

おすすめメニューは「温泉湯豆腐定食」(1,500円)です。

大豆の甘味を感じる絶品の豆腐。豆腐の溶けたスープもおいしく味わえ、最後まで存分に味わえます。

豆腐のおかわりも自由にできますので、おいしい豆腐をとことん楽しめますよ。

食後にはあずき・きなこ・みたらしから選べる「豆腐白玉」がおすすめです。

店舗では豆腐の販売も行われています。

気に入ったらお土産に購入するのもよいでしょう。

<店舗詳細>
・住所:佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙1463
・電話番号:0954-43-1241
・営業時間:9:00~18:00
・観光マップ:Day2 A地点


↓徒歩約10分

【Day2】ハミルトン宇礼志野へ立ち寄り湯

〈13:30〉
ハミルトン宇礼志野(うれしの)は立ち寄り入浴が楽しめる宿泊施設です。

提供:ハミルトン宇礼志野

和と洋が組み合わさった独特の趣のある温泉です。

浴場には、木の温もりを感じる大浴場のほか、ピラミッド型の屋根が特長的な石造り露天風呂があります。

提供:ハミルトン宇礼志野

露天風呂は男女の交代制で、男性用が6時~10時30分、14時~19時、女性用が11時~12時30分、19時30分~24時となっています。

提供:ハミルトン宇礼志野

休憩所は大正時代にタイムスリップしたかのようなクラシカルな造りで、外観とのギャップも楽しめるポイントです。

<施設詳細>
・住所:佐賀県嬉野市嬉野町大字岩屋川内甲288-1
・電話番号:0954-43-0333
・営業時間:8:00~12:30、14:00~18:00
・観光マップ:Day2 B地点


↓徒歩約5分

【Day2】豊玉姫神社参拝

〈14:30〉
ランチのあとは嬉野温泉の氏神様でもある「豊玉姫(とよたまひめ)神社」へ参拝に向かいます。

提供:豊玉姫神社

豊玉姫神社は豊玉姫となまず様が祀られている、独特の参拝方法がある神社です。

なまず様の参拝方法が他とは異なります。

「二礼、二拍手、一礼」までは同じですが、「素肌健康、しわ退散、皮膚病退散」などの願いを込めながら、手元に流れている願い水をなまず様にかけ、再度なまず様に一礼します。(案内板あり)

提供:豊玉姫神社

豊玉姫は美しさや子孫繁栄、水の恵みを司る神様とされ、なまず様は豊玉姫の使いとされることから、信仰の対象となっています。

<施設詳細>
・住所:佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙2231-2
・観光マップ:Day2 C地点


↓徒歩約10分

【Day2】嬉野温泉街でお土産散策

〈15:30>
嬉野温泉街を散策しながら、ご自身や友人へのお土産を購入しましょう。

【おすすめお土産】うれし庵の「もちもっち」

嬉野温泉でおすすめのお土産がうれし庵の「もちもっち」(5個1,177 円)です。

ムースとスポンジケーキが求肥(ぎゅうひ: 粉に砂糖や水飴を加えて練りあげたもの)に包まれた新感覚のお菓子で、もちもちしつつ、ふわっとしたスポンジの触感が口の中にとろけます。

優しい色合いをした求肥が気分をほっこりさせてくれる、嬉野定番のお土産です。

【おすすめお土産】御歌屋菓子舗の「17歳のチーズまんじゅう」

御歌屋菓子舗(おうたやかしほ)の「17歳のチーズまんじゅう」。

インパクトのあるネーミングは、尾崎豊氏の曲「十七歳の地図」にあやかり、青春の甘酸っぱさを表現すべく付けられたようです。

サクサクしたビスケット生地の饅頭の中に、クリームチーズを入れて焼き上げたまんじゅうです。(1個:110円、10個入り:1,200円)

<店舗詳細>
うれし庵
・住所:佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙769
・電話番号:0954-42-0038
・営業時間:9:30~19:00
・観光マップ:Day2 D地点

御歌屋菓子舗
・住所:佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙608-2
・電話番号:0954-42-1054
・営業時間:8:00~19:00
・観光マップ:Day2 E地点


↓徒歩約10分~15分

【Day2】嬉野温泉を出発

〈17:30〉
嬉野温泉1泊2日観光もここで終わりです。

思い出やお土産とともに、帰路に着きます。

観光マップ

【Day1】


A:嬉野バスセンター
B:シーボルトの湯
C:よこ長
D:ブーゲンハウス嬉野

【Day2】


A:佐嘉平川屋
B:ハミルトン宇礼志野
C:豊玉姫神社
D:うれし庵
E:御歌屋菓子舗

冬の嬉野温泉で美肌の湯&名物の湯豆腐を堪能しませんか?

佐賀県にある日本三大美肌の湯として有名な「嬉野温泉」で、温泉と名物の温泉湯豆腐を堪能する1泊2日の旅行プランをご紹介してきました。

お肌がつるつるになる美肌の湯と、ポカポカ温まる絶品の湯豆腐を味わいに、ぜひ嬉野温泉を訪れてみてください。