提供:ひょうたん温泉

【大分】別府温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2021年版

更新日:2021年7月5日

源泉数日本一の大分県「別府(べっぷ)温泉」。別府市内には代表的な8つの温泉地があり「別府八湯」として親しまれ、それぞれ異なる泉質や風情が楽しめます。今回は、限られた時間の中でも種類豊富な別府の温泉を楽しむのにうってつけの、日帰り入浴可能な温泉処をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

別府温泉の象徴、唐破風造の「竹瓦温泉」

別府温泉の象徴「竹瓦(たけがわら)温泉」は、唐破風造(からはふづくり)の重厚な屋根が特徴的な日帰り温泉施設です。男女別の内湯の他、砂を使ったサウナ「砂場」があります。

炭酸水素塩泉を含んだ人気の砂湯は、芯から温まって身体中の毒素が出せると評判です。湯あがり後は、昭和初期の趣がある天井の高いロビーで休憩を。

週末は、地元の方々だけでなく観光客も賑わう人気の温泉です。

<施設詳細>
・施設名:竹瓦温泉
・住所:大分県別府市元町16-23
・電話番号:0977-23-1585
・営業時間:6:30〜22:30、(砂湯)8:00~20:45(最終受付21:30)
・定休日:なし、(砂湯)第3水曜(祝日の場合は翌日)
・日帰り温泉の利用料:大人300円、小人100円、(砂湯)1,500円

1日中楽しめる温泉テーマパーク「ひょうたん温泉」

提供:ひょうたん温泉

「ひょうたん温泉」は大浴場や露天風呂はもちろん、砂湯や蒸し風呂に加え、地獄蒸し料理の体験コーナー(別途料金)やレストランまで備えた、1日中満喫できる日帰り温泉施設です。

天然の潤い成分が温泉法基準の約10倍もある美肌湯の源泉100%かけ流しで、お肌もすべすべ。14種類ものタイプが異なる家族風呂もあるので、家族でゆったり過ごすのにもぴったりの温泉です(別途料金)。

<施設詳細>
・施設名:ひょうたん温泉
・住所:大分県別府市鉄輪159-2
・電話番号:0977-66-0527
・営業時間:9:00〜AM1:00
・定休日:4月・7月・12月に5日前後の休みあり
・日帰り温泉の利用料:13歳以上(9:00~20:00)780円、(20:00~)580円 、子供7歳~12歳(9:00~20:00)340円、(20:00~)180円、幼児4歳〜6歳(9:00~20:00)220円、(20:00~)120円、3歳以下は無料

檜をふんだんに使った浴槽寛ぐ、癒しの「鬼石の湯」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomi(@yabazaru)がシェアした投稿

別府地獄めぐりの一つ「鬼石坊主(おにいしぼうず)地獄」の敷地内にある日帰り入浴施設「鬼石の湯」。内風呂では、檜を贅沢に使用した浴槽でゆったり寛ぐことができます。

2階の展望風呂からは、地獄から吹きあがる白い蒸気が見え圧巻。湯は弱酸性塩化物泉、滑らかな湯ざわりで浴後の肌はしっとりもちもちに。

喫茶スペースでは「地獄蒸しプリン」や「温泉卵」が味わえます(飲食は別途料金)。

<施設詳細>
・施設名:鬼石の湯
・住所:大分県別府市鉄輪559-1
・電話番号:0977-27-6656
・営業時間:10:00〜22:00
・定休日:火曜日
・日帰り温泉の利用料:大人620円、小学生300円、幼児200円