青森を巡る「出川哲朗の充電させてもらえませんか?SP(7/3放送)」浅虫温泉から東八甲田温泉まで全ロケ地紹介

更新日:2021年7月3日

テレビ東京の人気TV番組、「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」。2021年7月3日の放送では、「青森をゆけ!浅虫温泉から八甲田山眺め八戸SP」と題して、出川哲郎とますだおかだの岡田圭右が電動バイクで2018年6月に巡った青森県の浅虫温泉から八戸までの約130kmの旅のスペシャル版が放送されました。今回は、青森県にある「浅虫温泉街」や「東八甲田温泉」などの温泉地を含む、スペシャル版で登場したロケ地をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」の概要

テレビ東京から毎週土曜日夜7:45〜放映されている「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」。

どんな言葉を発してもなぜか笑える、お茶の間の人気者「出川哲朗さん」とともに電動バイクで日本全国を巡り、タイトルの通り電動バイクのバッテリーを「充電させてもらえませんか?」と心優しき地元の方に尋ね、助けてもらいながら旅をする番組です。

ただ電動バイクで目的地まで巡るのではなく、旅の途中には地元の名産品や景勝地などを巡りながら旅をします。

スペシャル版では毎回異なるゲストを迎え、ゲストとともに絶品料理を味わったり、絶景を眺めたり。

地元の方の触れ合いや地元の名産品など見逃せない情報と、出川哲朗さんの笑えるトークが繰り広げられる、情報満載・笑いの絶えない旅番組となっています。

<浅虫温泉から八戸に向かう順番にロケ地をご紹介>

旅のはじまりは青森県青森市の「浅虫温泉」

出典:PIXTA

出川哲朗さんと同行者の熊川Dがオープニングの挨拶した場所。
「浅虫(あさむし)海づり公園」は、浅虫温泉から徒歩で行ける、むつ湾に突き出た桟橋型海づり公園。

浅虫温泉は1190年以降に温泉地として多くの方が訪れるようになった歴史ある温泉地。温泉だけでなく、四季を通じて情緒ある風景が楽しめたり、レジャースポットも多く、老若男女幅広い世代に愛される温泉地となっています。

海・山に恵まれた浅虫地域は、磯料理や海の幸、山の幸の珍味も多い魅力あふれる湯の街です。

<スポット詳細>
・スポット名:浅虫温泉
・住所:青森県青森市浅虫

そんな浅虫温泉の一角にあるのが「浅虫海づり公園」。

貸し竿があるので、手ぶらで気軽にカレイやアイナメなどの釣りが楽しめます(入園料:大人150円、小人70円、釣り台利用料:大人600円、小人410円、釣竿使用料(エサ付):430円)。

「浅虫海づり公園」は撮影当日が釣り開きということで、出川哲朗さんは、安全と大漁を願い、御神酒を鳥居に向かって海に注ぎました。

<スポット詳細>
・スポット名:浅虫海づり公園
・住所:青森県青森市大字浅虫字蛍谷352
・電話番号:017-752-2810
・営業時間:9:00〜17:00 ※(7月17日〜8月22日)〜18:00、(10月1日〜11月3日)〜16:00
・定休日:冬期休業(2021年から2022年は、11月4日〜4月28日まで)

鶴亀屋食堂

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

kimi✿(@mr_yuzu_chil_kimi)がシェアした投稿

浅虫温泉街から徒歩5分ほどの場所にある「鶴亀屋食堂」は、大盛りのマグロやウニの豪快な丼が有名な行列のできる人気店。「ダブル丼」(3,850円)は、生ウニと大間本マグロがこれでもかと乗っています。

出川哲朗さんたちは、「小マグロ丼」(本間本マグロ10枚入り、3,300円)と田子(たっこ)特産にんにくを与えて育てた鶏の卵、「緑の一番星」(100円)の卵ごはんを堪能しました。

また、出川哲朗さんは店主から「永井久慈良(くじら)餅店」の「久慈良餅」や「板かりんとう」、そして青森の名産品「巻梅」や「リンゴジュース」をプレゼントされました。「巻梅」は、しその葉で包んで漬けこんだ梅干しで、さわやかな甘味がお茶うけにぴったりです。

<店舗詳細>
・店舗名:鶴亀屋食堂
・住所:青森県青森市浅虫蛍谷293-14
・電話番号:017-752-3385
・営業時間:月~日曜日11:00~15:00
・定休日:なし