出典:写真AC

自宅で温泉気分を楽しめる!ドラッグストアで購入できるおすすめ入浴剤10選

更新日:2020年12月02日

寒い時期になってくると温泉が恋しくなりますが、なかなか行くのは難しいという方も多いのではないでしょうか。そのような時は、自宅で温泉気分を楽しめる「入浴剤」を利用してみるのもひとつの方法です。 ここでは、ドラッグストアで気軽に購入できるおすすめの入浴剤を、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングのECサイト売れ筋ランキングをもとにご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

入浴剤は大きく5つの成分に分けられる

出典:写真AC

温泉気分を楽しめる入浴剤にはさまざまなタイプのものが存在するため、まずはタイプごとの成分や違いを把握しておきましょう。一般的な入浴剤は大きく5つのタイプに分けられます。

無機塩類タイプ

無機塩類タイプは炭酸ナトリウムや炭酸水素ナトリウム、炭酸カルシウム、硫酸カルシウムなどのミネラルを主成分とする入浴剤のことを指します。

無機塩類タイプは入浴剤に含まれるミネラルが皮膚表面のたんぱく質と結合して膜を形成することによって体の熱の拡散を防ぐため、温浴効果が高いのが特徴です。湯冷めしにくく、お風呂上がりのぬくもりが長く続くため、冬場の寒い時期におすすめです。

近年では全国各地の温泉地と共同開発した入浴剤なども登場していますが、これも無機塩類タイプに分けられます。

炭酸ガス系

タブレット状や粒状の入浴剤の多くが炭酸ガス系です。炭酸ガス系の入浴剤はお湯に入れると炭酸ガスがお湯に溶け出して発泡し、皮膚から体内に吸収されます。

炭酸ガスには血管拡張作用があるため、体全体の血のめぐりがよくなり、新陳代謝が促進されデトックス効果が期待できるほか、疲れや痛みなどを和らげることも期待できるのが特徴です。また血が全身をめぐることによって体表面の熱を全身へ運んでくれるため、体の芯から暖まることも期待できるでしょう。

薬用植物系

生薬が配合された薬用植物系入浴剤は商品によって含まれる生薬は異なりますが、いずれも薬効作用があるといわれている生薬を配合しています。

生薬によってどのような作用が期待できるのかは変わりますが、トウキやチンピ、カミツレやハッカなどが使用されることが多く、生薬の形状もエキス分を抽出したもの、乾燥した生薬を刻んだものなど形状はさまざまです。

スキンケア系

肌にうるおいを与える保湿成分が配合されているのがスキンケア系入浴剤です。入浴時は皮膚がお湯に浸かることで成分が浸透しやすい状態になっているため、入浴剤に配合されている保湿成分が肌表面に付着するだけではなく、角質層まで浸透していく大きなメリットがあります。

お肌の乾燥が気になる方や、しっとりした美肌を保ちたい方におすすめです。

クール系

メント―ルなどを配合して、冷感を与えるのがクール系の入浴剤です。お湯の温度は変わりませんが、メントールの働きによってひんやりと感じるさせることで夏場でも湯船につかりやすくなるため、暑い時期の入浴の手助けとなってくれるでしょう。

湯上りの肌をさっぱりとさせるために、炭酸水素ナトリウムなどを配合したクール系入浴剤もあります。

秋~冬に入浴剤を選ぶなら「無機塩類系」「炭酸ガス」「スキンケア」がおすすめ

出典:写真AC

気温が下がり、肌の乾燥が気になってくる秋~冬にかけては、身体の芯から温まったり、お肌にうるおいを与えてくれたりする入浴剤を選ぶといいでしょう。

温浴効果が高く、湯冷めのしにくい「無機塩類系」の入浴剤や、全身の血流を良くして足先まで温めてくれる「炭酸ガス系」の入浴剤、また肌の乾燥を防いでうるおいを与えてくれる保湿成分が配合された「スキンケア系」の入浴剤がおすすめです。

手足の冷えが気になるときに使いたい「無機塩類系」おすすめ入浴剤

出典:写真AC

冷えが気になるのであれば無機塩系。各ECサイトで人気の商品をご紹介します。

バスクリン ゆずの香り

バスクリン ゆずの香り

出典:バスクリン

入浴剤の代名詞ともいえる存在の「バスクリン」。何十年と使い続けている方も多いロングセラー商品です。

血行を促進して身体を温めてくれるのはもちろん、天然アロマ成分を配合しているためフレッシュな柚子の香りが長続きするので、入浴剤の香りにこだわる方にもおすすめ。冬至の柚子湯の代わりにこの入浴剤を使用する方もいるようです。

バスロマン ほっこりゆずの香り

バスロマン ほっこりゆずの香り

出典:アース製薬

硫酸ナトリウムを高配合し、温浴効果を高め湯上り後のぽかぽか感が続くのがうれしい「バスロマン ほっこりゆずの香り」は、無機塩類系でありながら保湿成分としてショウキョウエキスや天然カミツレエキスなどの生薬成分を配合しているのが特徴です。

水に強いバリア容器を採用しているため、保管に神経を使わなくてもいいのもうれしいポイントといえるでしょう。

温素 白華の湯

温素 白華の湯

出典:アース製薬

「美人の湯」として知られているアルカリ温泉の成分を配合した入浴剤で、アルカリ泉質にみられるヌルヌルとした感触をお肌に与える本格感のある湯触りにこだわって開発された逸品です。

身体を温めてくれるのはもちろん、まろやかな湯触り、湯上り後のつるつるとしたお肌は温泉好きの心を魅了します。