提供:豊岡市

【兵庫】城崎温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2021年版

更新日:2021年8月6日

兵庫県にある「城崎(きのさき)温泉」といえば共同浴場をめぐる「外湯(そとゆ)めぐり」が有名。城崎温泉の泉質は、神経痛や疲労回復、慢性消化器病、慢性婦人病などの効能があるナトリウム・カルシウム塩化物泉。今回は、城崎の湯を「外湯めぐり」で楽しめる7つの個性豊かな温泉をご紹介します。7つの外湯に1日入り放題のフリーパス「ゆめぱ」(大人1,300円、小人650円)をいずれかの外湯の窓口で購入し、思う存分城崎温泉を堪能しましょう。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

天下一と推賞された「一の湯」

提供:豊岡市

江戸時代の名医「香川修徳(かがわしゅうとく)」が著した「一本堂薬選(いっぽんどうやくせん)」にて、天下一と推賞されたことで一躍有名になった「一の湯」。

城崎温泉の真ん中にある象徴的存在であり、歌舞伎座のような外観が目を引きます。

夜は、「一の湯」前の王橋がライトアップされてぐっと華やかな雰囲気に。

提供:豊岡市

外湯の中でも珍しい、裏山の岩盤を掘った「洞窟風呂」が目玉。ゴツゴツした岩肌に囲まれたお風呂に入ると、優しく包まれているような気分になり、不思議とリラックスできます。

週末は、夕方になると入浴客で行列ができることもあるので、朝風呂を楽しむのがおすすめです。

<施設詳細>
・施設名:一の湯
・住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島415‐1
・電話番号:0796-32-2229
・営業時間:7:00~23:00
・定休日:水曜日
・日帰り温泉の利用料:大人700円、小人(3歳〜小学生)350円、ゆめぱ利用可

開放感あふれる広々とした露天風呂「鴻の湯」

提供:豊岡市

外湯の中で最も古い歴史のある「鴻の湯(こうのゆ)」。舒明(じょめい)天皇の御代(在位:629年~641年)に、足を怪我したコウノトリが傷を癒していた場所に温泉が湧きだしていたといういわれに基づき名付けられたと言われています。

入り口前には、コウノトリの像がディスプレイされており、夫婦円満・不老長寿、しあわせを招く湯と多くの人に親しまれています。

提供:豊岡市

丁寧に手入れされた、広々とした開放感あふれる庭園露天風呂(男女別)が特徴。

街路から少し離れた静寂な場所にあるので、「鴻の湯」までの散策も一緒に楽しめます。

<施設詳細>
・施設名:鴻の湯
・住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島610
・電話番号:0796-32-2195
・営業時間:7:00~23:00
・定休日:火曜日
・日帰り温泉の利用料:大人700円、小人(3歳〜小学生)350円、ゆめぱ利用可

一生一願の湯と知られる「まんだら湯」

提供:豊岡市

エメラルドグリーンの屋根と唐破風(からはふ)の門構えが印象的な「まんだら湯」。

城崎温泉の始まりについては、前述のコウノトリの説の他にもう一つ、717年に温泉寺の開祖・道智上人(どうちしょうにん)が一千日の間、八曼陀羅経(はちまんだらきょう)というお経を唱え続けたところ、満願し霊湯が湧き出したのが始まりだと言われる説があります。

そのような仏縁から、「まんだら湯」の屋根は御堂を模した形となっています。

提供:豊岡市

「まんだら湯」には、気泡風呂が楽しめる内風呂と露天風呂があります。露天風呂は、裏山の景色を眺めながらのんびり入浴できる陶器風呂です。

「一生一願の湯」として知られているので、人生節目のタイミングや、大切な勝負事の前に利用してみるのはいかがでしょうか?

<施設詳細>
・施設名:まんだら湯
・住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島565
・電話番号:0796-32-2194
・営業時間:7:00~23:00
・定休日:水曜日
・日帰り温泉の利用料:大人700円、小人(3歳〜小学生)350円、ゆめぱ利用可