【兵庫】情緒ある町並みの「城崎温泉」1泊2日旅!新鮮な海鮮丼に但馬牛グルメを堪能 

更新日:2020年11月13日

歴史を感じさせる情緒ある街並みが特徴の「城崎(きのさき)温泉」は、四季折々の風景が楽しめる人気の温泉地です。城崎温泉は、平安時代からの長い歴史を持つ温泉地でもあり、有馬(ありま)温泉や湯村(ゆむら)温泉などと並ぶ兵庫県を代表する温泉スポットでもあります。 そんな城崎温泉は、秋のシーズンにぴったりな観光スポットです。温泉が楽しめるだけでなく、兵庫を代表するお肉や日本海の新鮮な魚介も堪能することができる人気のエリアなため、週末を利用して訪れる方も多くいらっしゃいます。 その城崎温泉を1泊2日で訪れる方におすすめしたい旅行プランをご紹介しましょう。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・1泊2日で温泉旅行に出かけたい
・散歩も兼ねて有名観光地を巡りたい
・新鮮な海鮮を堪能したい

旅のしおり

【Day1】

ゆったりお昼スタート、観光に費やす時間はたっぷり余裕をもって回れるスケジュールです。

〈12:00〉城崎温泉到着
城崎温泉駅にのんびりお昼到着で観光スタート!

〈12:30〉但馬牛いろりダイニング三國で但馬牛を愉しむ
但馬牛いろりダイニング三國で但馬牛ローストビーフ丼をいただきます。
プレミアム牛をご堪能ください。

〈14:30〉鴻の湯で入浴
夫婦円満・不老長寿の湯として有名な「鴻の湯」でゆっくり温泉に浸かります。

〈15:30〉城崎温泉の町並み散策 
城崎温泉の町並みを見ながらゆっくり散策を楽しみましょう。
大谿川の柳並木が城崎らしさを作り出しています。

〈17:00〉ホテルチェックイン
城崎温泉街にある宿泊施設にチェックインしましょう。
歩く元気があれば夜の城崎温泉街散策もおすすめです。
昼間とは、また一味違う風景をご堪能下さい。

【Day2】

〈10:30〉城崎ロープウェイ
全国でも珍しい中間駅のあるロープウェイです。
ミシュランガイドにも選ばれた山頂からは城崎温泉街や日本海を一望できます。

〈12:30〉おけしょう鮮魚 海中苑で“海鮮丼(海)”を堪能
まずは「おけしょう鮮魚 海中苑」でランチを。
新鮮な11種盛りの「海鮮丼(海)」をご堪能いただきます。

〈15:00〉柳湯で足湯
柳の木の下にあり、街並みを眺めながらのんびり足湯に浸かります。

〈16:00〉温泉街でお土産散策
城崎温泉街の町並みを見ながら、最後にお土産散策を楽しみましょう。

〈17:30〉城崎温泉出発
ここで城崎温泉1泊2日の旅もおしまいです。帰路に着きます。

準備 旅行は準備からスタート

持ち物チェックリスト

旅行は準備から楽しいものですよね。ただ、旅先に行って緊急事態がないとも言い切れないので、いつもお出かけ時に持っている持ち物のほか、下記を持っていくと安心です。

・薄手のストールなど防寒対策アイテム
・紫外線対策アイテム(帽子・襟元カバー・日傘など)
・お水
・保険証・お薬手帳
・常備薬
・携帯の充電器
・杖
・緊急連絡先メモ

トイレの位置を確認

旅行に出かける前にトイレの位置をチェックしておくことも大切です。

多目的トイレの有無、ひざに持病を抱えている方などであれば、洋式のトイレがあるのかも確認しておくと安心ですね。

段差、高低差の確認

地図で見ると平坦な道でも実際に行ってみると急斜面だった、階段があるのはわかっていたけど段差が多すぎた、ということも少なくありません。足腰に不安がある方は、段差のない道を探しておいたり、別の場所を観光したりしても良いでしょう。

病院もチェック

旅行中は楽しく過ごせるに越したことはありませんが、いつ何が起きるかわかりません。万が一に備えて、観光地近くの救急病院の場所や連絡先もチェックしておくと安心です。

城崎温泉1泊2日の旅スタート

【Day1】城崎温泉駅到着

〈12:00〉
城崎温泉駅にのんびりお昼到着で観光スタート!

<参考>
・【電車】JR大阪駅→ 特急北近畿 → JR城崎温泉駅まで約2時間45分
・【高速バス】大阪(阪急三番街)→城崎温泉駅まで約3時間30分

城崎温泉の玄関口である城崎温泉駅は、2016年にリニューアルオープンしたとてもキレイな駅です。城崎温泉の雰囲気に合わせた駅となっており、列車の接近時と発車時の案内メロディには、「ドリフのビバノン音頭」を使用するなど、ユーモアもある温泉地らしい駅です。

駅前には、「城崎温泉旅館案内所」が設けられており、手荷物のお預けやレンタサイクルなどのサービスも行われています。

チェックイン前の手荷物については、組合加盟旅館のみ宿泊先の旅館に荷物を届けてくれるという嬉しいサービスもあり、到着が早くても気兼ねなく観光が楽しめます。

<施設詳細>
・住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島78
・電話番号:0796-32-4141
・営業時間:9:00~18:00
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約5~10分

【Day1】「但馬牛いろりダイニング三國」でローストビーフ丼をいただく

〈12:30〉
到着後の腹ごしらえなら、プレミアム牛の但馬牛(たじまうし)が堪能できる「但馬牛いろりダイニング三國」がおすすめです。

兵庫県のブランド牛である但馬牛を使った「ローストビーフ丼」(2,800円)は、噛めば噛むほど牛肉の旨味が出てくる味わい深い一品で、しっかりとした赤身肉の歯ごたえを感じることができます。

また、ステーキ丼以外にも牛骨から丁寧に取ったスープを使用した「但馬ビーフカレー」(1,800円)や赤ワインでじっくりと煮込んだ「但馬ビーフシチュー」(3,000円)など、但馬牛を使ったさまざまなメニューが堪能できます。

<店舗詳細>
・住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島219 小宿 縁 2F
・電話番号:0796-32-4870
・営業時間:ランチ11:00~14:00/ディナー18:00~20:30(水曜定休)
・観光マップ:Day1 B地点


↓徒歩約5~10分

【Day1】鴻の湯で入浴

〈14:30〉

夫婦円満や不老長寿、しあわせを招く湯として知られる「鴻の湯(こうのゆ)」は、立ち寄り湯が可能な温泉です。

鴻の湯は、城崎温泉でもっとも歴史のある湯として有名であり、傷を負ったこうのとりが癒していたことで見つけられたという伝説があります。そのことから鴻の湯の庭には、こうのとりのオブジェも設置されています。

料金は、大人(600円)、 小人(300円)となっており、解放感のある庭園露天が人気です。

城崎温泉は、7つの外湯があり、この外湯めぐりで人気の温泉地です。

まずは、一番歴史の古い鴻の湯でのんびりとした温泉タイムを満喫しましょう。

<施設詳細>
・住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島610
・電話番号:0796-32-2195
・営業時間:7:00~23:00(火曜定休)
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約5分

【Day1】城崎温泉の町並み散策(大谿川の柳並木)

〈16:00〉
温泉を満喫したら、城崎温泉の、町並みを見ながらゆっくり散策してみましょう。温泉地ならではの気分を味わうことができる情緒溢れる街並みは、異世界にタイムスリップしたかのような雰囲気が味わえます。

特に大谿川沿いは、城崎らしさをより感じることができ、柳並木が情緒ある風景を作り出しています。

また城崎温泉は、"日本一浴衣の似合う場所”とも言われる温泉地とも言われていますので、旅館のチェックイン後や食後に浴衣で散策するのもおすすめです。

<スポット詳細>
・住所: 兵庫県豊岡市城崎温泉湯島357-1
・観光マップ:Day1 D地点


↓徒歩約10分~15分

【Day1】ホテルチェックイン

〈17:00〉
城崎温泉街にある宿泊施設にチェックイン。

大谿川の柳並木から近いところにお宿を取ると散策がしやすいので、おすすめです 。

体力に余裕があれば夜の温泉街へ繰り出してみましょう。ライトアップされた街並みは上品でなつかしさ溢れる雰囲気で、昼間とは違った魅力があります。

【Day2】

ホテル出発。


↓徒歩約10分

【Day2】城崎ロープウェイで紅葉と日本海の絶景を楽しむ

〈10:30〉
全国でも珍しい中間駅のある「城崎ロープウェイ」は、山頂からの城崎温泉街や日本海を一望できることから、人気の高い観光スポットの一つです。

このロープウェイは、「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」で1つ星を獲得するなど、世界にも認められた絶景が楽しめ、また紅葉シーズンには、赤く染まる紅葉を上から望むことができます。

山頂で体験できる「かわらけ投げ」は、お皿状のかわらけを投げて的に当たれば一願成就とされると言われておりますので、ぜひ一度体験してみると良いでしょう。

<施設詳細>
・住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島806-1
・電話番号:0796-32-2530
・営業時間9:10~17:10
・観光マップ:Day2 A地点


↓徒歩約10分

【Day2】おけしょう鮮魚 海中苑で11種盛りの“海鮮丼”を堪能

〈12:30〉

城崎温泉は、日本海に面していることから、新鮮な魚介が堪能することができます。

「おけしょう鮮魚 海中苑(かいちゅうえん)」は、新鮮な海産物のランチが楽しめるおすすめスポットであり、中でも11種盛りの「海鮮丼[海]」(1,800円)は、ボリューム満点の丼を頂くことができます。

鮮度抜群の魚介の数々は、どれも臭みが全くなく、日本海の旨みたっぷりの含んでいるため、海鮮好きの方はぜひ足を運んで頂きたいスポットです。

また1階には、海産物の加工品などが売られていますので、お土産にも最適です。

<店舗詳細>
・住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島132
・電話番号:0796-29-4832
・営業時間:11:00~18:45(1月1日~2日が定休日)
・観光マップ:Day2 B地点


↓徒歩約5分~10分

【Day2】柳湯で足湯

〈15:00〉

食後は、休憩がてらに足湯が楽しめる「柳湯(やなぎゆ)」で、足の疲れを癒しましょう。柳湯は、城崎温泉の7つある外湯の一つであり、子授安産・子授けの湯として有名です。

そんな柳湯には、2か所の足湯があり、表側からは、城崎温泉の街並みを眺めながらのんびり足湯に浸かることができます。

また裏側に足湯は、知る人ぞ知る足湯スポットとなっており、比較的空いている穴場スポットなので、混んでいる時は、裏側にある足湯に浸かるのもおすすめです。

<施設詳細>
・住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島647
・電話番号:0796-32-2097
・営業時間:15:00~23:00(木曜定休)
・観光マップ:Day2 C地点


↓徒歩約5分

【Day2】温泉街でお土産散策

〈16:00〉
城崎温泉を存分に満喫したら最後に、城崎温泉街でのお土産散策がおすすめです。

城崎温泉らしいお土産をお探しの方は、城崎や兵庫周辺のお土産が500種類以上もある「城崎おみやげ百選」を利用すると便利です。

城崎おみやげ百選は、城崎温泉駅前にあるので、帰りのバスの前に伺うのもおすすめですよ。

そんな城崎おみやげ百選で人気のお土産を3つご紹介しましょう。

おすすめお土産:松葉かに処 焼きかにせんべい

山陰を代表する「松葉かに処 焼きかにせんべい」(27枚入り1,080円 / 14枚入り650円)は、松葉がにの旨味を凝縮した、かにの濃厚な味わいが楽しめるサクサク触感の焼きせんべいです。

郷土自慢のおせんべいであり、カニの風味が鼻を抜け、歯ざわり抜群の香ばしい一品です。
また焼きかにせんべいは、日持ちもするお菓子なので、手土産などに購入するのも良いでしょう。

おすすめお土産:かりんとう饅頭

城崎温泉で常に高い人気を誇るお土産「かりんとう饅頭」(8個入り1,100円 / 5個入り750円 / バラ130円)は、カリッとサクサクの表面と中のしっとり粒あんの新食感が楽しめるおまんじゅうです。

黒糖のコクのある風味と素朴さのある味わいが絶妙なバランスとなっており、1つ130円というリーズナブルさもおすすめのポイントです。

数量限定のため、売り切れることもありますので、観光シーズンの時は、早めに購入しておくことをおすすめします。

おすすめお土産:雲丹のり

お菓子ではないお土産をお探しの方は、雲丹と海苔の佃煮が見事にマッチした「雲丹のり」(160g / 590円)がおすすめです。

この雲丹のりは、ご飯のお供に喜ばれるお土産であり、おにぎりの具に使用したり、パスタにあえると手軽に海鮮パスタができたりと用途がさまざまある万能のりです。

日本海に面した城崎温泉ならではのお土産となっていますので、ぜひチェックしてみて下さいね。

<店舗詳細>
・住所:兵庫県豊岡市城崎町湯島123
・電話番号:0796-29-4881
・営業時間:8:30~17:00
・観光マップ:Day2 D地点


↓徒歩約5分~10分

【Day2】城崎温泉出発

〈17:30〉
城崎温泉1泊2日旅行もここで終わり、帰路に着きます。

城崎温泉は、コンパクトな温泉地であるため、ゆったりと観光しながら、グルメや温泉も楽しむことができるスポットです。

情緒溢れる街並みは、散策しているだけで楽しむことができ、また人気のロープウェイは、紅葉スポットとしてもおすすめです。

四季折々の風景を望めるのも城崎温泉の醍醐味ですので、季節ごとに足を運んでみてはいかがでしょうか。

観光マップ

【Day1】


A:城崎温泉駅
B:いろりダイニング三國
C:鴻の湯(こうのゆ)
D:城崎温泉 湯飲場

【Day2】


A:山麓駅
B:おけしょう鮮魚の海中苑
C:柳湯
D:城崎 おみやげ百選

見どころ満載で充実感たっぷり!城崎温泉を楽しむ旅へ出かけよう

今回は、城崎温泉を存分に満喫できる「1泊2日のプラン」をご提案させて頂きました。温泉地らしい雰囲気を楽しめるスポットがたくさんありますね。

季節が変わるこの時期、お出掛けスポットをお探しの方は、グルメに温泉が楽しめる城崎温泉へ出掛けてみてはいかがでしょうか?

<関連記事>
・文人や詩人たちの心を魅了した風情溢れる城崎温泉の歴史を紐解く
・<2020年版>城崎温泉グルメ決定版10選!絶品カニ料理&但馬牛