【群馬】万座温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2021年版

更新日:2021年11月1日

この記事を書いた人

すずなお

秋田県出身。秘湯・名湯と呼ばれる温泉が身近にある環境だったので、子どもの時から温泉が大好き。いつか温泉に浸かりながら雪見酒を楽しむのが夢です。冷え性で体調を崩しやすいので、温泉の効能についても勉強中。記事では、おさえておきたい温泉の特徴や便利な情報を分かりやすくお伝えします。

群馬県の「万座(まんざ)温泉」は、白根山(しらねさん)と万座山に囲まれた温泉郷で、標高1,800mに位置することから夏はハイキング、冬はスキーの客で1年中賑わいます。源泉は、白濁の硫黄泉。国内有数と言われる濃厚な硫黄に含まれる硫化水素の働きにより毛細血管が拡張され、体の隅々まで循環が良くなって代謝促進が期待できます。今回は、日帰りで利用できる万座温泉のおすすめ7選をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

湯治場の雰囲気が今も残る「豊国館」

 

 

View this post on Instagram

 

@h.ku8がシェアした投稿

「豊国館(ほうこくかん)」は、万座バスターミナルから歩いてすぐの場所にある宿。湯治場として利用されていた頃の、どこか懐かしい雰囲気を今も感じさせるたたずまいです。

四季折々の自然を楽しめる約20畳もある広々とした混浴の露天風呂、男女別の内湯は、どちらも木のぬくもりが感じられる造りで、日々の疲れがほっと癒されます。女性専用の露天風呂もあります。

<施設詳細>
・施設名:豊国館
・住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣2401
・電話番号:0279-97-2525
・営業時間:8:00~18:00
・定休日:休館日があるため事前に確認
・日帰り温泉の利用料:大人500円、小人(小学生まで)300円

ログハウス風の露天風呂で名湯を満喫「万座亭」

 

 

View this post on Instagram

 

yht kaoru(@kaorun_home)がシェアした投稿

上信越高原国立公園(じょうしんえつこうげんこくりつこうえん)の中にある「万座亭(まんざてい)」は、2階まで吹き抜けた木造りの開放感たっぷりの宿です。

露天風呂は、10人以上が浸かれるほどの広さでログハウス風の作りが特徴です。内湯にはヒバの木が施されており、湯けむりと木の香りで体も心も和みます。

別料金で貸切家族風呂の利用も可能です。

<施設詳細>
・施設名:万座亭
・住所:群馬県吾妻郡嬬恋村干俣万座温泉2401
・電話番号:0279-97-3133
・営業時間:11:30~18:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人1,000円、小人500円

4つの源泉による多彩な色の湯船をめぐる「万座高原ホテル」

提供:万座高原ホテル

「万座高原ホテル」は​​、プリンスホテルが運営する大型温泉リゾートホテルです。

名物の石庭露天風呂は、8つの浴槽すべてから渓流を眺められます。4種の源泉を引いていて、浴槽ごとに単独または混合泉と異なる湯質のため、白、青、黄、透明と彩り豊かな浴槽を湯めぐりをする楽しさがあります。

<施設詳細>
・施設名:万座高原ホテル
・住所:群馬県吾妻郡嬬恋村万座温泉
・電話番号:0279-97-1111
・営業時間:11:00~18:00(最終受付17:00)
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人1,500、小人(小学生)750円