出典:PIXTA

【福島】芦ノ牧温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2021年版

更新日:2021年12月3日

この記事を書いた人

すずなお

秋田県出身。秘湯・名湯と呼ばれる温泉が身近にある環境だったので、子どもの時から温泉が大好き。いつか温泉に浸かりながら雪見酒を楽しむのが夢です。冷え性で体調を崩しやすいので、温泉の効能についても勉強中。記事では、おさえておきたい温泉の特徴や便利な情報を分かりやすくお伝えします。

福島県の「芦ノ牧(あしのまき)温泉」は、会津若松市(あいづわかまつし)の南に位置する山と緑に囲まれた、千年以上前に開湯したとされる名湯です。戦前は辿り着くのが困難な場所だったことから「幻の温泉郷」と呼ばれ、近隣地域の湯治場として利用される秘湯でした。泉質はナトリウム・カルシウム硫酸塩を含む塩化物泉で、神経痛、五十肩、冷え性、慢性婦人病などの効能があります。体の芯から温まると評判の芦ノ牧温泉を、日帰りで楽しめる宿・施設7選をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

見晴らしの良い高台でほっこりと「芦ノ牧温泉 かがやき公園 足湯」

提供:芦ノ牧温泉観光協会

「芦ノ牧温泉 かがやき公園 足湯」は、芦ノ牧温泉入り口にあるかがやき公園内の高台にある無料で利用できる足湯です。季節ごとに咲く花々を眺めながら階段を上りきると足湯のベンチが見えてきます。

お湯は源泉掛け流しで、つま先からポカポカに温まります。見晴らしの良い高台にあるので、対岸の山々を眺めながらほっこりと足湯を楽しめます。

<施設詳細>
・施設名:芦ノ牧温泉 かがやき公園 足湯
・住所:福島県会津若松市大戸町大字芦牧壇ノ下
・営業時間:8:00~18:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:無料

自慢の庭や大自然を見ながら温泉に浸かる「芦ノ牧プリンスホテル」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

mszm(@mszm.6900)がシェアした投稿

「芦ノ牧プリンスホテル」は、迫力ある渓谷に囲まれた天然温泉と、こだわりの手料理が評判の宿です。

明るい日差しがふり注ぐ露天風呂では、自慢の庭や大自然の季節のうつろいを見ながら源泉を楽しむことができます。

一面ガラス張りの大浴場では、壮大な山々の景色を眺めつつ、ゆっくりと体の芯から温まることができます。

<施設詳細>
・施設名:芦ノ牧プリンスホテル
・住所:福島県会津若松市大戸町芦牧字下夕平1050
・電話番号:0242-92-2321
・営業時間:15:00~20:00
・定休日:不定休
・日帰り温泉の利用料:大人700円、小人350円

棚田のように段々に造られた絶景露天風呂「大川荘」

提供:会津芦ノ牧温泉 大川荘

「大川荘」は、人気漫画「鬼滅の刃(きめつのやいば)」に登場する無限城に似ていることで話題の宿です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

michael.226(@michael.2265)がシェアした投稿

棚田のように段々状になった「四季舞台たな田」は絶景の露天風呂で、その他、内湯や足湯、岩塩を用いた「ピンクソルトサウナ」や「麦飯石(ばくはんせき)寝ころびサウナ」も人気です。日帰り温泉と食事のセットプランもあります。

<施設詳細>
・施設名:会津芦ノ牧温泉 大川荘
・住所:福島県会津若松市大戸町大字芦ノ牧字下平984
・電話番号:0242-92-2111
・営業時間:11:00~15:00(最終受付14:00)
・定休日:第2・4水曜日は特別清掃実施の為、日帰り入浴休み
・日帰り温泉の利用料:大人1,500円、小人(3歳〜12歳)680円