提供:風雅の宿 長生館

見事な桜が見られる花見温泉おすすめ7選!

更新日:2022年2月28日

春になると一斉に開花し、あっという間にはらはらと散りゆく姿が、日本の「わびさび」の文化に通じ、いつの時代も人々を魅了してやまない桜。限られた桜の季節を心ゆくまで堪能するなら、湯船からお花見ができる温泉に訪れるのもおすすめです。今回は、全国の中から見事な桜が楽しめる、日帰り利用も可能な温泉宿をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

【秋田・男鹿温泉郷】湯船に降り注ぐような満開の桜「男鹿ホテル」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

suguru(@ken_suguru44)がシェアした投稿

秋田県の男鹿(おが)温泉郷にある「男鹿ホテル」では、広々とした中庭に配した源泉100%かけ流しの露天風呂で、優美な桜を堪能できます。

敷地内には樹齢50年の生命力あふれる桜を含め、樹齢30年以上の桜が10本もあり、満開になると湯船に降り注ぐように枝を降ろし迫力満点です。

桜の見頃は4月中旬から下旬で、冬期休業を経て桜の開花に合わせ再オープン予定となっています。

温泉の泉質は、ナトリウム−塩化物質(PH7.4)で、切り傷、火傷、慢性皮膚炎などに効能があります。

<施設詳細>
・施設名:男鹿ホテル
・住所:秋田県男鹿市北浦湯本字草木原13-1
・電話番号:0185-33-3101
・営業時間:15:00~21:00 ※11月下旬~4月上旬まで冬期休業
・定休日:不定休
・日帰り温泉の利用料:700円

【神奈川・やまなみ温泉】日帰り温泉でも夜桜を堪能「藤野やまなみ温泉」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@tamahiro1205がシェアした投稿

神奈川県のやまなみ温泉にある宿「藤野やまなみ温泉」では、11本の桜が露天風呂の周りを囲むように咲き、湯船で温まりながら花見が楽しめます。

日帰り入浴でも、夜にライトアップされる夜桜の幻想的な光景を鑑賞することができます。見頃は、3月下旬から4月上旬です。

地下1,800mから湧き出る湯の泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で、効能は一般的適応症のほか、きりきず、末梢循環障害などあり、効能成分が濃く、体の芯からポカポカになると評判です。

<施設詳細>
・施設名:藤野やまなみ温泉
・住所:神奈川県相模原市緑区牧野4225-1
・電話番号:042-686-8073
・営業時間:10:00~21:00(最終受付20:20)
・定休日:水曜日、元旦(水曜日が祝日の場合は営業)
・日帰り温泉の利用料:(3時間)大人750円、小学生380円、障がい者380円
(一日)大人1,050円、小学生630円、障がい者630円
(夜間割引料金17:00~)大人500円、小学生280円、障がい者280円※平日のみ、土・日・祝日・12月31日~1月3日除く、小学生未満無料
延長料金1時間につき100円(延長時間が3時間を越えた場合は、時間に関係無く300円)

【山梨・神の湯温泉】3種100本の桜に囲まれ夢心地「ホテル神の湯温泉」

提供:ホテル神の湯温泉

提供:ホテル神の湯温泉

山梨県の神の湯温泉にある「ホテル神の湯温泉」は、源泉掛け流しの11種類の湯船で湯めぐりが堪能できる宿です。

桜の時期には、ソメイヨシノや吉野桜、八重桜の3種の100本の桜に囲まれ夢心地のひと時が体験できます。

大浴場からも桜が見えますが、おすすめは日帰り入浴でも利用可能な貸切家族風呂(50分3,000円)です。見頃は3月下旬から4月中旬で、日帰り入浴でも夜桜のライトアップを見ることができます。

泉質は塩化物泉で、神経痛、関節痛、打ち身などに効能があります。

<施設詳細>
・施設名:ホテル神の湯温泉
・住所:山梨県甲斐市竜地17
・電話番号:0551-28-5000
・営業時間:11:00~23:00(最終受付 21:30)
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人1,000円、小人(12歳以上)700円※ 0~11歳