提供:大戸温泉物語 東山グランドホテル

【福島】東山温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2022年版

更新日:2022年5月20日

この記事を書いた人

ともきち

温泉が好きで、年に数回は友人や家族と国内旅行を計画し、色々な温泉地へ出かけています。温泉の中でも、濁り湯の露天風呂が特に好みです。旅先では、有名観光地や絶景スポットをひと通りまわり、地元の名物料理やお菓子の食べ歩きも欠かしません。旅好きならではの視点で、温泉地の情報や温泉にまつわる知識など、魅力あふれる記事をお届けします。

福島県の「東山(ひがしやま)温泉」は、会津若松市にあり、約1,300年前に行基(ぎょうき)が三本足の鳥に導かれて発見したと伝えられる、歴史の長い温泉です。江戸時代には会津藩の湯治場として栄え、会津若松の奥座敷として発展しました。泉質は硫酸塩泉(カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉)で、効能はリウマチ性疾患、慢性皮膚疾患、創傷、慢性婦人科疾患、更年期障害、痛風、高尿酸血症など。今回は日帰りで利用できる温泉のおすすめの施設・宿7選をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

源泉かけ流しと囲炉裏料理を堪能「いろりの宿 芦名」

提供:いろりの宿 芦名

囲炉裏(いろり)を囲んで炭火料理が味わえる「いろりの宿 芦名(あしな)」は、昔懐かしい佇まいの館内に、趣のある7つの部屋を備える温泉宿です。

提供:いろりの宿 芦名

提供:いろりの宿 芦名

内湯と露天風呂があり、さらりとした肌ざわりの湯を、源泉かけ流しで堪能できます。

1日2組限定で18:30から20:00までの間に日帰り貸切入浴ができ、事前に予約すれば、天然岩魚(いわな)の炭火焼や会津地鶏など、会津の旬の食材を使用した夕食も合わせて味わえます。

<施設詳細>
・施設名:いろりの宿 芦名
・住所:福島県会津若松市東山町湯本下原232-1
・電話番号:0242‐26‐2841
・営業時間:18:30~20:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:日帰り貸切入浴3,300円 ※1日2組のみ、夕食は別途料金。

緑豊かな自然に囲まれ、ほっとくつろげる「おやど東山」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

はる(@spring.be)がシェアした投稿

豊かな自然に囲まれた「おやど東山」は、心落ち着くくつろぎの温泉宿です。

男女別の大浴場は、「菊」をテーマにした男性用と、シンプルな女性用があり、窓からは山と川の美しい風景を眺められます。

「傷の湯」とも言われ、切り傷や火傷に良いとされている、さらりとした温泉に浸かり、自然の音に耳を傾けながらゆったりと過ごせます。

<施設詳細>
・施設名:おやど東山
・住所:福島県会津若松市東山町大字湯本字下原255-3
・電話番号:0242‐28‐1222
・営業時間:日によって変わるので、電話で問い合わせください
・定休日:電話でお問い合わせください
・日帰り温泉の利用料:大人500円、小人250円

棚田状に連なる展望露天風呂「御宿東鳳」

提供:御宿東鳳

提供:御宿東鳳

眺望を活かした快適な空間により、福島県建築文化賞・特別部門賞を受賞した「御宿東鳳(おやどとうほう)」は、旅行サイトやその他媒体でも人気旅館として紹介される宿です。

女性は、内湯と水深の異なる2段になった露天風呂と宙に浮かぶ円形の露天風呂で、また、男性は3つの湯舟が棚田状に連なる露天風呂で、地平線を眺めながら温泉を楽しめます。

郷土料理を味わえる種類豊富なバイキングも魅力で、日帰り温泉とのセットプラン(料金要問い合わせ)もあります。

<施設詳細>
・施設名:御宿東鳳
・住所:福島県会津若松市東山町大字石山字院内706
・電話番号:0242-26-4141
・営業時間:12:30~20:00
・定休日:不定休
・日帰り温泉の利用料:大人(中学生以上) 1,000円、 小人(4歳~小学生) 500円