出典:PIXTA

【山口】湯田温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2022年版

更新日:2022年4月29日

この記事を書いた人

たびこ

自分の時間が取れると、ついつい旅行に出掛けてしまいます。特に温泉地が好きで、温泉の泉質を選ぶ事から始まり、景色の良い宿や、地元のグルメ、観光スポット、お土産などをリサーチするのも楽しい時間です。さまざまな温泉街を旅した中で知り得た情報や歴史などを、これから旅を計画される方へお伝えできれば幸いです。

山口県の「湯田(ゆだ)温泉」は、山口市に位置する温泉で、約600年前に、村のお寺の小さな池で怪我を治す白狐(びゃっこ)を見つけた和尚が、その場所を掘ってみると金の薬師如来(やくしにょらい)像が現れ、温泉が湧き出したという伝承が残ります。泉質は、アルカリ性単純温泉で、神経痛、冷え性、疲労回復に効能があり、肌をすべすべにするとも言われます。今回はおすすめの日帰り温泉施設・宿7選をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

建物が国登録有形文化財、庭園が国登録名勝の宿「名勝 山水園」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

平田浩一郎(@koichiro_hirata)がシェアした投稿

静かな土地に佇む「名勝 山水園」は、国登録有形文化財の本館と、平成27年(2015年)に国登録名勝となった庭園が魅力の宿です。

3本ある源泉は、ほのかに硫黄の香りが漂うアルカリ性単純硫黄泉の湯。ぬるっとした感触の湯は美人の湯とも言われています。

露天風呂やジェットバス、赤外線サウナのある大浴場「外湯 翠山(すいざん)の湯」で日帰り温泉を堪能でき、追加料金で家族風呂も利用可能です。

ロビーには飲泉所があり、無料で新鮮な温泉を飲用できます。

<施設詳細>
・施設名:名勝 山水園
・住所:山口県山口市緑町4-60
・電話番号:083-921-0656
・営業時間:10:00~22:00(最終受付21:00)
・定休日:最終火曜日、不定休
・日帰り温泉の利用料:大人1,600円、シルバー(満70歳以上)1,300円、小人(小学生以下)800円

岩に囲まれた露天風呂や内風呂で源泉かけ流しを「梅乃屋」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ayako K(@ayako_sunflower)がシェアした投稿

自家源泉を持つ「梅乃屋」は、山口県産の活き〆とらふぐが味わえる温泉宿です。

岩に囲まれた露天風呂で、2つの源泉を合わせた掛け流しの湯に浸かれます。

その他、快適な温度に保たれた内湯や、新陳代謝アップが期待できる遠赤外線サウナもあり、温泉と併せて利用する事で体の芯から温まることができます。

日帰り温泉に旬の食材を使った料理長おまかせ会席が付いたプランも人気です(4名から 6,600円〜)。

<施設詳細>
・施設名:梅乃屋
・住所:山口県山口市湯田温泉4-3-19
・電話番号:083-922-0051
・営業時間:(日・月・木・金曜日)10:00~23:00、(火・水曜日)13:30~23:00、(土曜日)10:00~15:00
・定休日:年末年始
・日帰り温泉の利用料:900円

女将劇場が観られる劇場型旅館で温泉と会席料理「西の雅 常盤」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

銀狼777up(@ginrou777up)がシェアした投稿

「女将劇場」が自慢の「西の雅 常盤」は、女将による日本舞踊や水芸、マジック、太鼓などのショーが57年間開催されている劇場型温泉旅館です。

広々とした岩造りの露天風呂や、桧、竹林の露天風呂、ステンドグラスや木造りの大浴場など、6つの湯船でゆっくりと湯浴みを楽しめます。

昼食付き日帰り温泉プラン(5,500円〜)では、和食の達人、大田忠道(ただみち)氏がプロデュースした会席料理を堪能できます。

<施設詳細>
・施設名:西の雅 常盤
・住所:山口県山口市湯田温泉4-6-4
・電話番号:083-922-0091
・営業時間:11:00~22:00(最終受付21:00)
・定休日:不定休
・日帰り温泉の利用料:大人800円、小人(4〜12歳)600円 ※繁忙期(年末年始・GW・盆・など)は特別料金