提供:天成園

【神奈川】心満ちる「箱根温泉」2泊3日旅!温泉と絶品そば尽くし

更新日:2021年4月19日

「どこか気軽に温泉に出かけ癒されたい」と思われる方もいるのではないでしょうか。そんな方におすすめなのが、東京や名古屋、大阪など主要都市からアクセスしやすい神奈川県の「箱根(はこね)温泉」です。箱根温泉は首都圏にありながら、自然の多い温泉地で、リフレッシュするには最適な温泉地です。この記事では温泉やグルメを楽しめる2泊3日の旅のプランをご紹介していますので、ぜひ記事を参考に箱根温泉へと出かけてみてください。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

  • 2泊3日で温泉旅行に出かけたい
  • 神社巡りや自然を満喫したい
  • 地元グルメを堪能したい

旅のしおり

【Day1】

〈12:00〉箱根湯本駅に到着
〈12:30〉ウィステリアでランチ
〈14:30〉吉池旅館で立ち寄り入浴
〈17:00〉ホテルにチェックイン

【Day2】

〈11:00〉天成園で立ち寄り入浴とランチ
〈14:30〉パワースポットの「飛烟の瀧」で自然鑑賞
〈15:30〉須雲川沿いをお散歩
〈17:00〉ホテルにチェックイン

【Day3】

〈10:30〉箱根湯寮で立ち寄り入浴
〈12:30〉杣の栖でランチ
〈14:30〉温泉の神様とも呼ばれる「熊野神社」で参
〈15:00〉箱根温泉街散策とお土産購入
〈17:00〉箱根湯本駅を出発

温泉2泊3日の旅スタート

【Day1】箱根湯本駅に到着

〈12:00〉
箱根湯本駅に着いたら、箱根温泉2泊3日観光のスタートです!

<参考>
最寄りの都市からのアクセス
【東京駅より】→小田原駅(東海道線・約1時間半)→箱根湯本駅(箱根登山線・約15分)
【新宿駅より】→箱根湯本駅(小田原ロマンスカー・約85分)
【新大阪駅より】→小田原駅(JR東海道新幹線「のぞみ」「こだま」・約3時間)→箱根湯本駅(箱根登山線・約15分)

箱根湯本駅前には温泉饅頭やお土産屋、飲食店などが並ぶアーケード街が続き、バスを降り立った瞬間から温泉地気分が味わえます。

駅構内にはカフェや休憩所があるので、ゆっくり旅程を確認してから観光をスタートするのも良いでしょう。

箱根湯本駅に着いたらまずはランチに向かいます。

<施設詳細>
・住所:奈川県足柄下群箱根町湯本白石下707-1
・電話番号:0460-85-5033
・観光マップ:Day1   A地点


↓ 徒歩約10分

【Day1】おしゃれで落ち着いた雰囲気の「ウィステリア」でランチ

〈12:30〉
箱根湯本駅より徒歩10分ほどの所にある「ウィステリア」でランチをとります。

場所は箱根を代表する宿・湯本富士屋ホテルの1Fです。

ウィステリアで「洋食盛り合わせプレート(2,200円)」をいただきます。

洋食盛り合わせプレートは、ハンバーグやスパゲティナポリタンなど、昔懐かしい洋食がセットで食べられるプレートです。

ウィステリアは老舗ホテル「湯本富士屋」にあることもあり、品のある落ち着いた雰囲気の中でランチが楽しめます。

湯本富士屋オリジナルブレッド(パン)や、箱根のお土産を買うこともできるお店です。

<店舗詳細>
・住所: 神奈川県足柄下郡箱根町湯本256-1
・電話番号:0460-85-6111
・営業時間:7:00~17:00
・観光マップ:Day1   B地点


↓ 徒歩約1分

【Day1】吉池旅館で立ち寄り入浴

〈14:30〉
「吉池(よしいけ)旅館」で立ち寄り入浴をします。

浴場は大浴場と露天風呂があり、6本もの自家源泉によって天然温泉100%の源泉掛け流しの湯が楽しめる温泉です。

吉池旅館の広大な敷地には四季折々の姿が楽しめる回遊式庭園があり、露天風呂から眺めながら入浴できます。

内湯には大浴場のほかに男性用に洞窟風呂、女性用にひのき風呂があり、露天風呂は自然の趣をとことん楽しめる自然石でできた浴場です。

<施設詳細>
・住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本597
・電話番号:0460-85-5711
・営業時間:9:00~日没まで(冬期間 16:30~17:30ごろまで)
・観光マップ:Day1   C地点


↓ 徒歩約10分~15分

【Day1】ホテルにチェックイン

〈17:00〉
箱根温泉2泊3日の旅の初日はここで終わりです。
箱根温泉街にある宿泊施設にチェックインします。

【Day2】

箱根温泉の旅2日目のスタートです。

ホテル出発し、まずは立ち寄り入浴に向かいます。


↓ 徒歩約10分~15分