【石川】冬の「和倉温泉」日帰り旅!七尾湾を一望できる温泉を満喫

更新日:2021年2月26日

寒さで体の冷えが気になる季節は温泉が恋しくなりませんか? 今回はそんな冷えた体がぽかぽか温まる、石川県にある「和倉(わくら)温泉」をご紹介します。和倉温泉は、海に面していることからお湯の中に塩分が混じり、高い保温・保湿効果があります。また湯治にもよいとされていて、海の幸・山の幸にも恵まれているので、温泉とグルメを楽しむには最適な場所です。そんな和倉温泉に気軽に行ける日帰りの旅プランをご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

  • 日帰りで温泉旅行に出かけたい
  • 絶景をみたい
  • 海鮮料理が好き

旅のしおり

〈10:00〉和倉温泉バス停に到着
和倉温泉日帰り観光のスタートです。

〈10:30〉湯元の広場散策
飲泉したり温泉卵を作ったりして過ごします。

〈11:30〉旬彩旬魚 あぐらでランチ
鮮度バツグンの「海鮮丼」を楽しみます。

〈13:30〉味な宿 宝仙閣で立ち寄り入浴
和倉随一の湯量を誇る温泉に浸かります。

〈15:30〉和倉温泉街散策とお土産購入
温泉街を歩きながら、お土産を購入します。

〈17:30〉和倉温泉バス停を出発
帰路に着きます。

 

和倉温泉日帰り旅スタート

〈10:00〉和倉温泉バス停に到着

和倉温泉バス停に着いたら、和倉温泉日帰り観光のスタートです。

<参考>

【東京より】→(北陸新幹線「かがやき」または「はくたか」)金沢駅→(特急「能登かがり火」)和倉温泉駅(約3時間45分)→バスで和倉温泉(約12分)

【大阪より】→(特急「サンダーバード」)金沢駅→(特急「能登かがり火」)和倉温泉駅(約3時間35分)→バスで和倉温泉(約12分)

【金沢駅より】→(特急「能登かがり火」)和倉温泉駅(最速57分)→バスで和倉温泉(約12分)

和倉温泉はJR和倉温泉駅より2キロメートルほど離れた所に位置します。JR和倉温泉駅に着いたらバスを利用し「和倉温泉」バス停留所まで行くとよいでしょう。

徒歩だと約30分~40分の道のりです。

和倉温泉バス停留所には屋内に座るスペースもあります。

まずは源泉が湧き出ている「湯元の広場」に向かいます。

<施設詳細>

・住所:石川県七尾市和倉町ワ
・電話番号:0767-85-2130
・観光マップ:A地点


↓徒歩約10分

〈10:30〉源泉吹き出す「湯元の広場」を散策

「湯元の広場(ゆもとのひろば)」は和倉温泉の観光名所のひとつです。

源泉を飲んだり、温泉卵を作ったりすることができます。

和倉温泉のお湯は海に近いことから少し塩分が含まれています。源泉を飲むと少ししょっぱいです。

源泉を飲む際はやや熱めの湯温なので、やけどにご注意ください。

温泉卵用の卵は湯元周辺の店舗や和倉温泉総湯などで購入できます。値段は和倉温泉総湯では3個で120円程、徒歩1分ほどの所にある和倉ショッピングセンターでは4個100円程で販売されています。

卵をざるに入れ、10分~15分ほど置いておけば温泉卵のできあがりです。

<スポット詳細>

・住所:石川県七尾市和倉町
・観光マップ:B地点


↓徒歩約1分

〈11:30〉旬彩旬魚 あぐらで鮮度バツグンの「海鮮丼」をいただく

お昼は「旬彩旬魚 あぐら」にてランチをとります。

提供:旬彩旬魚 あぐら

美味しい料理を「気軽にあぐらをかいて座るように味わってもらおう」というコンセプトから店名が付けられたそうです。

提供:旬彩旬魚 あぐら

あぐらは七尾湾でとれたものを中心に、鮮度バツグンのぷりぷりで歯ごたえのある海鮮が楽しめるお店です。

提供:旬彩旬魚 あぐら

明るく上品で、落ち着いた雰囲気の店内で料理が楽しめます。

そんな旬彩旬魚 あぐらのおすすめランチは「海鮮丼」(1,600円)。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fumihito Nakamura(@fumihiton)がシェアした投稿

新鮮なお刺身が丼ぶりいっぱいに敷き詰められています。どの魚も脂がのって口の中に入れるとまろやかな味が広がります。

提供:旬彩旬魚 あぐら

和倉温泉付近は海の幸・山の幸のみならず、ご飯もおいしいと評判です。

ぜひ新鮮な海鮮と共に、ご飯もじっくりと味わってみてください。

<店舗詳細>

・住所:石川県七尾市和倉町11−7
・電話番号:0767-62-1002
・営業時間:11:30~14:00、17:00~0:00
・観光マップ:C地点


↓徒歩約5分

〈13:30〉和倉随一の湯量を誇る「味な宿 宝仙閣」で立ち寄り入浴

ランチの後は「味な宿 宝仙閣(ほうせんかく)」で温泉に浸かりましょう。

宝仙閣は和倉温泉随一の湯量を誇り濃い泉質が特徴で、NIKKEIが選ぶ日本の新・100名湯にも選ばれました。

浴場には大浴場と露天風呂のほか、貸切の家族風呂も楽しめます。

本館から200mほどの所に別館「渡月庵(とげつあん)」があるので、ちょっとした湯めぐり感覚で温泉が楽しめます。

本館で温泉に浸かった後、体が冷えないうちに別館へ移動して再び温泉を楽しむのもよいでしょう。

別館にも大浴場と露天風呂があります。

<施設詳細>

味な宿 宝仙閣

・住所:石川県七尾市和倉町 部19-2
・電話番号:0767-62-1225
・営業時間:大浴場24時間(途中清掃時間あり)
・観光マップ:D地点

別館 渡月庵(とげつあん)

・住所:石川県七尾市和倉町 タ部1番地
・電話番号:0767-62-1788
・営業時間:14:00~24:00


↓徒歩約10分

〈15:30〉和倉温泉街散策とお土産購入

和倉温泉街を歩きながら、お土産を購入します。

温泉街散策を楽しみつつ、七尾湾を眺めに行くのもよいでしょう。

石川県は日本海と七尾湾に挟まれていますが、冬場は波が高く荒々しい日本海に対し、年中を通して比較的穏やかな波の日が多いのが七尾湾です。

七尾湾を眺めていると、自然と気持ちも穏やかにさせてくれるような、そんな美しい海が楽しめます。

和倉温泉近くには能登島(のとじま)があり、能登島へと架かる能登島大橋も観光スポットです。

七尾湾と共に写真に収める方も多いので、七尾湾に行った際はそちらも見られるとよい思い出になるでしょう。

 

おすすめお土産①:みそまんじゅう本舗 竹内の「みそまんじゅう」

おすすめのお土産ひとつ目は、みそまんじゅう本舗 竹内の「みそまんじゅう」(5個入り 750円、10個入り 1,500円)。生地に味噌を練り込み、特製の白あんを包んだ饅頭です。

味噌っぽさはあまり感じられず、味噌のコクと塩分が皮に良いアクセントを付けています。

白あんには北海道産白いんげん豆を100%使用し、熟練の職人が日々の気候や気温に合わせて丁寧に炊き上げているこだわりのあんです。

おすすめお土産②:ル ミュゼ ドゥ アッシュの「糀らんぐどしゃ」

ふたつめのおすすめお土産は、ル ミュゼ ドゥ アッシュ「糀らんぐどしゃ」(10枚入り 1,080円)。

提供:ル ミュゼ ドゥ アッシュ

米糀からつくる糀甘酒と、ミネラル豊富な能登の天然塩を使った口どけのよい上品で深いコクのあるお菓子です。

糀甘酒を使っていますが、ノンアルコールで子供から大人まで食べられます。

提供:ル ミュゼ ドゥ アッシュ

ル ミュゼ ドゥ アッシュは洋菓子の世界大会で数々の優勝経験を持つパティシェ「辻口博啓氏」と加賀屋がプロデュースするお店です。

<店舗詳細>

みそまんじゅう本舗 竹内

・住所:石川県七尾市祖浜町3-27-15
・電話番号:0767-62-0035
・営業時間:8:30~17:30
・観光マップ:E地点

ル ミュゼ ドゥ アッシュ(LE MUSEE DE H)

・住所:石川県七尾市和倉町65−1
・電話番号:0767-62-4002
・営業時間:9:00~18:00
・観光マップ:F地点


↓徒歩約15分

〈17:30〉和倉温泉バス停を出発

和倉温泉日帰り観光もここで終わりです。

お土産の買い残しや忘れ物などないか確認をし、和倉温泉を出発します。

和倉温泉は海に近いので冬場でもそれほど積雪量は多くありません。ただし、雪でダイヤが乱れたりすることもあるので、降雪時は少しゆとりをもって早めに移動するとよいでしょう。

雪が降り積もると白さがコントラストとなり、普段とはまた違った温泉街の風情が楽しめます。

帰路に着きます。

観光マップ

A:和倉温泉バス停
B:湯元の広場
C:旬彩旬魚 あぐら
D:宝仙閣
E:みそまんじゅう本舗 竹内
F:ル ミュゼ ドゥ アッシュ

絶景広がる温泉で心の底までぽかぽか。いますぐ和倉温泉へ出かけよう

石川県にある和倉温泉の日帰り旅行プランをご紹介しました。

和倉温泉は海(七尾湾)に面していることで源泉に塩分が混じり、しょっぱさが特徴の温泉です。

塩分が混じることで、高い保湿・保温効果があるとされ、湯治の湯としても利用されています。

また、七尾湾に面していることで海の幸にも恵まれ、良質な海鮮グルメを味わえる温泉地です。

寒い冬は和倉温泉へと足を運び、温泉とグルメ、年中を通して波の穏やかな海で心身ともに癒されてみてはいかがでしょうか。