【岐阜】「奥飛騨温泉郷」日帰りの旅!昔懐かしい古民家の湯と朴葉みそを堪能

更新日:2021年3月29日

岐阜県にある奥飛騨(おくひだ)と呼ばれる地域は、温泉郷として昔から人々に親しまれてきた場所です。奥飛騨には、平湯(ひらゆ)・福地(ふくじ)・新平湯(しんひらゆ)・栃尾(とちお)・新穂高(しんほだか)の5つの温泉地からなる奥飛騨温泉郷(おくひだおんせんきょう)があります。今回は、奥飛騨温泉郷の平湯を中心とした日帰りの旅行プランをご紹介します。限られた時間の中で、奥飛騨の魅力を余すことなく堪能できるプランとなっています。ぜひこちらを参考に奥飛騨温泉郷を訪れて、日々の疲れを癒してみてはいかがでしょうか。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

  • 日帰りで温泉旅行に出かけたい
  • 大自然の中で温泉に入りたい
  • 飛騨の郷土料理を味わいたい

旅のしおり

〈9:30〉平湯バスターミナルに到着
〈10:00〉平湯名物温泉卵を味わう
〈11:00〉ひらゆの森で立ち寄り入浴
〈13:00〉食事処 もみの木でランチ
〈15:00〉平湯温泉街散策とお土産購入
〈17:00〉奥飛騨温泉郷を出発

奥飛騨温泉郷日帰りの旅スタート

〈9:30〉平湯バスターミナルに到着

奥飛騨温泉郷の起点ともなる「平湯バスターミナル」に着いたら、日帰りの旅スタートです。

<参考>
【松本より】→JR松本駅から直行バスで約1時間
【東京より】→中央本線でJR松本駅へ→JR松本駅から直行バスに乗る。計約4時間

提供:アルプス街道平湯

平湯バスターミナルには食事処、お土産処や休憩所があります。観光をスタートする前に、休憩所で旅程を確認しておくとよいでしょう。

バスターミナルを出たら、大自然の中だからこそ味わえる新鮮な空気を大きく吸い込んでみましょう。美味しい空気に身体の中が浄化されているような気分になります。

<施設詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯628
・観光マップ:A地点


↓徒歩約10分

〈10:00〉「つるや商店」で名物の温泉卵を味わう

まずは、平湯バスターミナルから徒歩10分ほどのところにある「つるや商店」で奥飛騨の名物の一つである温泉卵を味わいます。

趣きのある佇まいの建物と、角にある懐かしの赤い丸ポストが目印です。

温泉と言えば温泉卵。ですが、つるや商店でいただける温泉卵は一風変わった温泉卵なのです。

見た目は、一般的な温泉卵と同じ。

しかし、殻を割ってみると、黄身が固く、白身が半熟状態の不思議な光景を目の当たりにします。

ぷるっとした白身と、しっかり歯ごたえのある黄身が口の中で混ざりあい、濃厚な味わいの温泉卵は「はんたいたまご」(1個50円)という名称です。

白身が半熟なので、殻を割った際にこぼれ落ちないように注意してくださいね。

<店舗詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯519-1
・電話番号:0578-89-2605
・営業時間:8:00~21:00
・観光マップ:B地点


↓徒歩約10分

〈11:00〉古民家風で自然豊かな温泉施設「ひらゆの森」で立ち寄り入浴

つるや商店から徒歩10分ほど移動し、「ひらゆの森」で温泉を堪能しましょう(入浴料:600円)。

提供:ひらゆの森

ひらゆの森は、森林に囲まれた豊かな自然と温泉を同時に味わえる温泉施設。静かで落ち着いた雰囲気です。

ひらゆの森には、3つの屋内浴場と16の露天風呂があり、さまざまな雰囲気の温泉を満喫できます。

提供:ひらゆの森

大浴場は吹き抜けのレトロな造りで、情緒あふれる雰囲気。大きな窓があるので、明るく開放的です。

提供:ひらゆの森

露天風呂の周りには、たくさんの植物が植えられています。新緑、雪見風呂など季節によって異なった雰囲気の中、温泉を楽しめます。

ひらゆの森のお湯は、源泉かけ流しの天然温泉。

19もの浴場に注がれる湯は、湯船ごとに温度やお湯の色味が異なっているのが特徴です。

湯上がりの肌は、さっぱりとした質感です。

<施設詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1
・電話番号:0578-89-3338
・営業時間:10:00~21:00
・観光マップ:C地点


↓徒歩約10分~15分

〈13:00〉「食事処 もみの木」で岐阜の郷土料理を堪能

温泉を満喫したあとは、「ひらゆの森」館内にある「食事処 もみの木」でランチをいただきます。

提供:食事処 もみの木

店内からは、温泉同様に木々が生い茂る風景を見渡せ、自然の風を浴びながら食事を楽しむことができます。

おすすめのランチは「朴葉(ほおば)みそ定食」(1,100円)です。

提供:食事処 もみの木

朴葉みそは、朴葉の上に味噌、刻みねぎなどの薬味を乗せて焼いた岐阜の郷土料理の一つ。

料理が運ばれてきてから火をつけるため、香ばしい味噌の薫りが徐々に広がります。

朴葉と味噌に包まれた飛騨牛やしめじは、香ばしさに包まれ旨味が凝縮されています。飛騨牛を口に入れるとその旨味があふれ出し、何杯でもご飯がすすむ逸品です。

朴葉みそは、お土産として購入することもできます。

<店舗詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1
・電話番号:0578-89-3338
・営業時間:11:00~21:00 (ラストオーダー20:30)
・観光マップ:D地点


↓徒歩約10分~15分

〈15:00〉平湯温泉街を散策し、お土産を購入

平湯温泉街を歩きながら、お土産を購入します。

平湯温泉街には、ちょっとした休憩スペースや足湯もあります。

休憩スペースに腰を掛けたり、足湯に足を浸けたりし、壮大な山々を眺めながらゆっくりとした時間を過ごすのもいいでしょう。

なお、出発地点の平湯バスターミナルにも、飛騨地方のお土産が豊富な種類で取り揃えられているお土産処があります。

荷物を持って歩く距離も少なくなるので、平湯の温泉街では散策だけ楽しんで、平湯バスターミナルでお土産を購入するのも良いでしょう。

おすすめお土産①:田中屋の「雷鳥の里」

奥飛騨温泉郷でおすすめのお土産一つ目は、田中屋の「雷鳥の里」(9個入り 550円、25個入り 1,300円)です。

提供:田中屋

「雷鳥の里」は、甘さを抑えたクリームをさくさくと焼き上げた生地でサンドした、信州・飛騨の定番お土産です。

提供:田中屋

甘さを抑えたお菓子なので、お茶請けにもぴったり。

幅広い世代に好まれる、お土産に最適なお菓子です。

おすすめお土産②:柿工房 山柿庵の「やま柿」

奥飛騨温泉郷でおすすめのお土産二つ目は、柿工房 山柿庵の「やま柿」(8個入り550円)。

天然の干し柿をまるごと使った、柿の甘さや旨味をあますとこなく味わえる上品な和菓子です。

口にすれば、小さい頃の思い出がよみがえるような昔懐かしい味わいです。

どちらのお土産も、「平湯バスターミナル」などのお土産処で購入することができます。


↓徒歩約10分

〈17:00〉奥飛騨温泉郷を出発

平湯バスターミナルより帰路につきます。

観光マップ

A:平湯バスターミナル
B:つるや商店
C:ひらゆの森
D:食事処 もみの木

豊かな自然に囲まれた奥飛騨温泉郷で、温泉と郷土料理を堪能できる日帰りの旅に出かけよう!

平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高の5つの温泉地からなる奥飛騨温泉郷。

今回は、奥飛騨温泉郷の中でも最も古い歴史を持つとされる平湯を中心とした観光プランをご紹介しました。

奥飛騨温泉郷は、「絶対にまた来たい!」と思わせてくれるような大自然の豊かさと温かさに包まれた温泉地です。そして、自然の恵みを受けた美味しいグルメも揃っています。

季節ごとに違った景色が待っていますので、ぜひ時季を変え何度も足を運んでみてはいかがでしょうか。