提供:ひらゆの森

【岐阜】「奥飛騨温泉郷」1泊2日の旅!大自然の中の湯と朴葉みそを堪能

更新日:2021年3月29日

岐阜県にある奥飛騨温泉郷(おくひだおんせんごう)は、「平湯(ひらゆ)」「福地(ふくじ)」「新平湯(しんひらゆ)」「栃尾(とちお)」「新穂高(しんほだか)」の5つの温泉からなる温泉郷です。奥飛騨温泉郷は登山や四季折々の景色を楽しめるとして、1年を通して多くの観光客が訪れる地の一つです。 今回は、そんな大自然豊かな中で温泉を満喫したり、郷土料理を堪能する1泊2日の旅プランをご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

  • 1泊2日で温泉旅行に出かけたい
  • 大自然の中で温泉に入りたい
  • 地元グルメを味わいたい

旅のしおり

【Day1】

〈11:30〉平湯バスターミナルに到着
〈12:00〉らーめん酒場やどり木でランチ
〈13:00〉平湯の湯で温泉を満喫
〈15:00〉平湯温泉街を散策
〈17:30〉ホテルにチェックイン

【Day2】

〈10:00〉飛騨名物温泉卵を味わう
〈11:00〉ひらゆの森で立ち寄り入浴
〈13:00〉食事処 もみの木でランチ
〈14:30〉温泉郷散策とお土産購入
〈17:00〉奥飛騨温泉郷を出発

奥飛騨温泉郷1泊2日の旅スタート

【Day1】平湯バスターミナルに到着

〈11:30〉
「平湯バスターミナル」に着いたら、奥飛騨温泉郷1泊2日の旅スタートです。

<参考>
【松本より】→JR松本駅からの直行バスで約1時間
【東京より】→中央本線でJR松本駅へ→JR松本駅から直行バスに乗る。計約4時間

提供:アルプス街道平湯

平湯バスターミナルには食事処やお土産処、休憩所があります。

バスターミナルを出ると、壮大な山々がそびえたつ光景に圧倒されます。

大自然の中だからこそ味わえる新鮮な空気を大きく吸い込んでみてください。美味しい空気に身体の中が浄化されているような気分になります。

まずはランチへ向かいます。

<施設詳細>
・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯628
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約10分

【Day1】「らーめん酒場 やどり木」で塩ラーメンのランチ

〈12:00〉
平湯バスターミナルから、徒歩約10分の場所にある「らーめん酒場 やどり木」でランチをいただきます。

提供:らーめん酒場 やどり木

らーめん酒場 やどり木での人気は、塩味の「牛すじラーメン」(935円)。

煮込まれた柔らかい牛スジと牛の脂が溶けだした旨味あるスープが味わえます。

提供:らーめん酒場 やどり木

柔らかく煮込まれた牛スジは口の中でとろけるほどの柔らかさ。

スープはあっさりとした味となっているので、濃い味が苦手な方にもおすすめです。

また、「らーめん酒場 やどり木」では、お酒も提供しています。

提供:ラーメン酒場 やどり木

お昼からお酒を嗜むのも旅の醍醐味。
地酒も多数揃っているので、ぜひラーメンと一緒に味わってみてはいかがでしょうか。

提供:らーめん酒場 やどり木

店内はバーのようなお洒落な雰囲気。
独りでも気軽に入れるのも嬉しいポイントです。

<店舗詳細>
・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯721
・電話番号:0578-84-0027
・営業時間:11:30~13:30、17:30~0:00
・観光マップ:Day2 B地点


↓徒歩約10分

【Day1】「平湯民俗館・平湯の湯で立ち寄り入浴

〈13:00〉
ラーメンでお腹を満たした後は、平湯にある「平湯民俗館・平湯の湯」(入館料:無料、入浴料:寸志・300円程度)で入浴を楽しみます。

提供:岐阜県観光連盟・平湯の湯

平湯の湯は、茶褐色の湯で、湯上がりの肌はさらっとしているのが特徴です。

提供:岐阜県観光連盟・平湯の湯

提供:岐阜県観光連盟・平湯の湯

木々に囲まれた露天風呂は、新緑、紅葉、雪景色…、訪れる時季によって様々な姿を見ながら温泉に浸かることができます。

平湯の湯には、休憩処も設けられています。

湯上がり後は、畳の上で足を伸ばしてゆっくりと休憩することができます。

また、併設する合掌造りの歴史博物館「平湯民俗館」を見学するのもおすすめです(見学は無料)。

提供:岐阜県観光連盟・平湯の湯

館内には昔の暮らしを再現した囲炉裏があり、農機具等が展示されています。

<施設詳細>
・住所:高山市奥飛騨温泉郷平湯29
・電話番号:0578-89-3339
・営業時間:9:00~17:00
・観光マップ:Day3 B地点


↓徒歩約10分

【Day1】平湯温泉街を散策

〈15:00〉
温泉にのんびり浸かった後は、湯冷めに気をつけながら平湯温泉街を散策しましょう。

昔の情緒を残した景観で、懐かしさを感じながら散策することができます。

平湯温泉地内には約40もの井戸・源泉があります。毎分8,600ℓ、1日約12,000,000ℓもの湯が沸き出し、温度は最高90℃になることもあります。

温泉街には、足湯もあります。

足湯に浸かりながら、周辺の壮大な山々を眺めるのもよいでしょう。


↓徒歩約10分

【Day1】ホテルにチェックイン

〈17:30〉
奥飛騨温泉郷にあるホテルにチェックインします。

1日目はここで終わりです。

【Day2】

2日目のスタートです。


↓徒歩約10分

【Day2】「つるや商店」で名物温泉卵を味わう

〈10:00〉
2日目のスタートは、「つるや商店」で奥飛騨の名物の一つである温泉卵を味わいましょう。

趣きのある佇まいのつるや商店。建物の角にある懐かしの赤い丸ポストが目印です。

店舗の外の一角には温泉卵を作る湯釜が設置されています。

飛騨の温泉卵は、通常の卵とは異なり、黄身が固く、白身が半熟となっています。通常の卵とは反対の半熟具合から「はんたいたまご」(1個50円)と呼ばれています。

ぷるっとした白身と、しっかり歯ごたえのある黄身が口の中で混ざりあい、不思議な感覚ながら、濃厚な味を楽しむことができます。

<店舗詳細>
・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯519-1
・電話番号:0578-89-2605
・営業時間:8:00~21:00
・観光マップ:Day2 A地点


↓徒歩約10分

【Day2】大自然を見ながら温泉が楽しめる「ひらゆの森」で立ち寄り入浴

〈11:00〉
飛騨の名物を味わった後は、「ひらゆの森」で温泉に浸かりましょう(入浴料:大人600円)。

ひらゆの森は、大自然を見ながら温泉が楽しめる、抜群の開放感を誇る温泉施設です。

提供:ひらゆの森

「ひらゆの森の温泉は、源泉掛け流しの天然温泉。屋内大浴場3つと16もの露天風呂を完備しています。

全部で19もの浴場に注がれる湯は、湯船ごとに温度やお湯の色味が異なっているのが特徴です。

提供:ひらゆの森

大浴場は吹き抜けのレトロな造りで、情緒あふれる雰囲気です。

提供:ひらゆの森

露天風呂の周りには、たくさんの木々や植物が植えられており、季節ごとに異なった景色を楽しむことができます。

<施設詳細>
・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1
・電話番号:0578-89-3338
・営業時間:10:00~21:00
・観光マップ:Day2 B地点


↓徒歩約10分

【Day2】郷土料理が味わえる「食事処 もみの木」でランチ

〈13:00〉
2日目のランチは、先ほど温泉を楽しんだ「ひらゆの森」の中にある、「食事処 もみの木」でいただきます。

提供:食事処 もみの木

春から秋にかけては、店内から色鮮やかに生い茂る木々を眺めることができます。

食事処 もみの木のおすすめは「朴葉(ほおば)みそ定食」(1,100円)。

提供:食事処 もみの木

朴葉みそは、朴葉の上に刻みねぎなどの薬味を入れた味噌を乗せて焼く、飛騨地方の郷土料理。

食事処 もみの木の朴葉みそには、味噌、しめじ、飛騨牛が乗っています。味噌の香ばしさに包まれた飛騨牛やしめじはやわらかく、口に入れると凝縮された旨味が広がります。

<店舗詳細>
・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1
・電話番号:0578-89-3338
・営業時間:11:00~21:00 (ラストオーダー20:30)
・観光マップ:Day2 C地点


↓徒歩約10分

【Day2】飛騨温泉郷散策とお土産購入

〈14:30〉
奥飛騨温泉郷を歩きながら、お土産を購入します。

奥飛騨温泉郷は5つからなる温泉地で、それぞれの温泉ごとに違った景色を楽しめます。

平湯温泉周辺は、昔の情緒を残した景観となっており、懐かしさを感じながら散策することができます。

壮大な山々の景色は、神々しさを感じます。

滞在ギリギリまで温泉を堪能したい方は、1日目に立ち寄った足湯で、時間の許す限り奥飛騨の湯を満喫するのもおすすめです。

おすすめお土産①:田中屋の「雷鳥の里」

奥飛騨温泉郷でおすすめのお土産一つ目は、田中屋の「雷鳥の里」(9個入り 550円、25個入り 1,300円)。

提供:田中屋

信州・飛騨で40年以上の長きにわたって人気のある定番のお土産です。

提供:田中屋

さくさくしたサンドに、甘さを抑えたクリームを挟んだお菓子で、お茶請けにもぴったりです。

お子様からお年寄りまで幅広い世代に好まれる、お土産に最適なお菓子です。

おすすめお土産②:柿工房 山柿庵の「やま柿」

奥飛騨温泉郷でおすすめのお土産二つ目は、柿工房 山柿庵の「やま柿」(8個入り550円)です。

天然の干し柿をまるごと使った、柿の甘さや旨味をあますとこなく味わえる上品な和菓子です。

口にすれば、昔懐かしい風景が蘇ってくるかのようです。

柿工房 山柿庵の「やま柿」は、第24回の全国菓子大博覧会で名誉総裁賞を受賞した逸品のため、奥飛騨のお土産として喜ばれること間違いなしです。

どちらのお土産も、お土産販売店などで購入することができます。


↓徒歩約10分

【Day2】奥飛騨温泉郷を出発

〈17:00〉
平湯バスターミナルを出発し、帰路につきます。

観光マップ

【Day1】

A:平湯バスターミナル
B:らーめん酒場 やどり木
C:平湯民俗館

【Day2】

A:つるや商店
B:ひらゆの森
C:食事処 もみの木
D:アルプス街道 平湯

豊かな自然と岐阜の郷土料理を堪能しに、奥飛騨温泉郷へ出かけよう!

奥飛騨温泉郷1泊2日の旅をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回の旅は、奥飛騨温泉郷の中でも最も古い歴史を持つとされる平湯温泉を中心に巡るプランです。

奥飛騨温泉郷にはまだまだ他にも魅力的な温泉やグルメがあります。また、四季折々で違った姿を見ることもできるので、春、夏、秋、冬と季節ごとに訪れても楽しめます。

ぜひ大自然に包まれた温泉、奥飛騨温泉郷へ足を運んでみてはいかがでしょうか。