出典:PIXTA

<2021年版>有馬温泉、見るべき冬の絶景スポット5選とおすすめ宿

更新日:2021年5月6日

兵庫県にある「有馬温泉」には、温泉やグルメ以外にも見ておきたい心奪われる絶景がたくさんあります。今回は、その中でもおすすめの冬の絶景スポットと宿を厳選してご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

有馬温泉周辺、冬の絶景スポット5選

1. 【雪景色】有馬温泉街の雪景色といえばここ「有馬川親水公園」

出典:PIXTA

有馬温泉駅から坂を上り有馬温泉街へ向かう途中にある「有馬川親水公園(ありまがわしんすいこうえん)」。有馬温泉の中心地を流れる有馬川の河川敷を利用した公園では、清流に触れながら散策ができます。例年12月頃には雪が降り街が薄っすらと雪化粧に包まれる日も。「太閤橋(たいこうばし)」から望む親水公園と温泉街の雪景色は、これぞ有馬温泉という絶好の写真撮影スポットです。

<スポット詳細>
・住所:兵庫県神戸市北区有馬町1400

2. 【雪景色】真っ白な雪と赤い欄干のコントラストが美しい「ねね橋」

出典:PIXTA

有馬温泉を愛した秀吉の正室、ねねにちなんで建てられた「ねね橋」。男性的で威厳のある「太閤橋(たいこうばし)」とは逆に、女性的な曲線を持つ赤い欄干が美しい橋です。雪景色の白に囲まれた真っ赤の欄干はひときわ美しさを増します。

<スポット詳細>
・住所:兵庫県神戸市北区有馬町1400

3. 【雪景色】見事な霧氷が輝く幻想的な光景「六甲有馬ロープウェー」

提供:六甲ロープウェー

有馬温泉と六甲山頂を結ぶ「六甲有馬ロープウェー」(片道:大人/1,030円 小人/520円、往復:大人/1,850円 小人/930円)。紅葉が終わり落葉のシーズンになると、冬枯れの風景の中に淡黄色のキブシの花が咲き始めます。

1月頃になると六甲山頂付近は例年15cmほどの積雪があり、静かなモノトーンの世界が広がります。立春(2月初旬)を過ぎると「六甲山頂駅」周辺に見事な「霧氷(むひょう)」が現れ、太陽の光を受けキラキラと輝く感動的な光景が見られます。

<スポット詳細>
・住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲4512-336(六甲山頂駅)
・電話番号:078‐891-0222
・営業時間:9:30~17:10
・定休日:なし

4. 【氷瀑】芸術作品のような氷の柱に感動。有馬四十八滝「裏六甲アイスガーデン」

出典:PIXTA

「裏六甲(六甲山の瀬戸内海と反対側のエリア)」には、「有馬四十八滝(ありましじゅうはちたき)」と呼ばれる多くの滝が流れています。その中の「六甲アイスガーデン」は1月末から2月上旬にかけて樹氷や霧氷などが見られるエリアです。

滝全体が真っ白に凍結した神秘的な「氷瀑(ひょうばく)」は多くの登山者に人気のスポット。まるで芸術作品のような氷瀑は、毎日気温や形で変化するため2度と同じ姿を見られないというのも惹かれる理由の一つです。

<スポット詳細>
・住所:兵庫県神戸市北区有馬町

5. 【夜景】光のアート越しに眺める1,000万ドルの夜景「六甲山」

提供:六甲ガーデンテラス

日本でも有数の眺望スポット「六甲ガーデンテラス」にある「自然体感展望台 六甲枝垂れ(ろっこうしだれ)」(大人:320円 小人:210円)をライトアップする冬のイベントは、毎年12月上旬から3月中旬の週末に開催されます。冬の澄んだ空気の中で、よりきらめきを増す神戸の1,000万ドルの夜景と六甲枝垂れのファンタジックな光景の共演は圧巻です。

<施設詳細>
・住所:兵庫県神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
・電話番号:078-894-2281
・ライトアップ時間:19:00〜21:00

冬の絶景を宿でも楽しむ。有馬温泉の雪景色や星空が見られるおすすめ宿3選

1. 高台に位置する趣の異なる三つの湯めぐりが自慢の老舗旅館「兵衛向陽閣」

 

「兵衛向陽閣(ひょうえこうようかく)」は、関西ではCMソングがお馴染みの700年の歴史ある老舗旅館です。高台にある宿のため、雪があまり多くない有馬温泉の中では雪が降る確率が高く、9階の庭園にある湯治場風大浴場の「三の湯」では、運が良ければ雪見風呂を楽しめることもあります。部屋で味わえる夕食や朝食のバイキングなど、趣向を凝らした料理も高く評価されています。

<施設詳細>
・住所:兵庫県神戸市北区有馬町1904
・電話番号:078-904-0501
・大人1名料金目安(1室2名宿泊・朝夕食事付き):22,000円〜

2. 雪化粧した六甲山を眺め、のんびり名湯の温泉に浸かる至福「高山荘 華野」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Relux旅館(@relux_ryokan)がシェアした投稿

館内の随所に季節の野の花や古美術、アート作品が置かれ、まるで美術館のような上品な雰囲気が漂う宿「高山荘 華野(たかやまそう はなの)」。高台にある旅館の窓からは冠雪した六甲の山々を見晴らせ、また、温泉街を見下ろすこともできます。2018年にリニューアルした「星の湯」からは、まさに絶景と言える景色が目前に。有馬の名泉、金泉・銀泉の両方の温泉が比べられる楽しみもあります。

<施設詳細>
・住所:兵庫県神戸市北区有馬町400-1
・電話番号:078-904-0744
・大人1名料金目安(1室2名宿泊・朝夕食事付き):19,030円〜

3. 冠雪した有馬の山々や雪化粧の街並みが見渡せる「御幸荘 花結び」

 

花をテーマに温泉と食事を満喫できる閑静なくつろぎの宿「御幸荘 花結び(みゆきそう はなむすび)」。毎週女将さんが心を込めて生ける季節の花が華やかに宿泊客を迎えてくれます。金泉を使用した自慢の展望露天風呂からは、冠雪した山々の景色を望め、天気が良い夜には澄みきった星空を見ることができます。そして、運が良ければ雪化粧を纏った美しい有馬温泉街を一望できる日も。金泉の露天風呂やラジウム鉱石足岩盤浴、最新型のマッサージチェアが完備されたスイートルームは特にご年配の方に人気です。

<施設詳細>
・住所:兵庫県神戸市北区有馬町351
・電話番号:078-904-0166
・大人1名料金目安(1室2名宿泊・朝夕食事付き):15,400円〜

雪景色の有馬温泉は趣たっぷり。有馬温泉へ冬の絶景を見に出かけませんか?

出典:PIXTA

今回は冬の有馬温泉で美しい景色が見られるスポットとおすすめの温泉宿3つをご紹介しました。有馬はあまり雪が降らないので冬でも足元が悪くなく散策しやすい利点があります。一方で、運が良ければ雪化粧を纏った趣たっぷりの姿を見ることもできます。

雪が降らなくても、有馬温泉周辺には今回ご紹介したような冬の絶景スポットが他にいつくもあります。今回の記事を参考に、冬の有馬温泉を満喫する旅を計画してはいかがでしょうか。