提供:公益社団法人 鹿児島県観光連盟

【鹿児島】指宿温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2021年版

更新日:2021年7月30日

鹿児島県にある「指宿(いぶすき)温泉」は、本州最南端のリゾート温泉地。年間を通して温暖な気候であることから「東洋のハワイ」と呼ばれていたこともあります。指宿温泉の泉質は、地域や採掘深度によって塩分濃度などが異なりますが、おおむねナトリウム-塩化物泉で、一般適応症のほかに、切り傷、やけど、慢性皮膚病、慢性婦人病などの効能があります。今回は、指宿の湯を日帰りで楽しめる温泉を7軒ご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

指宿を訪れたら外せない。砂むし温泉体験「砂むし会館 砂楽」

提供:砂むし会館 砂楽

指宿温泉の旅では外せない砂むし温泉は、世界的にも珍しいと言われている天然の砂むし温泉です。指宿にはたくさんの砂むし温泉がありますが、中でも「砂むし会館 砂楽(さらく)」は、指宿最大の砂むし施設です。

全天候型の砂むし場を用意しているので、季節や天候を問わずいつでも入浴ができるのが強みの一つ。天候や砂、潮の状態が良ければ、波打ち際での砂むしを体験できます。

砂よけ用のタオルの無料貸し出しはないので、忘れずにお持ちください(記念タオルが200円で買えます)。

<施設詳細>
・施設名:砂むし会館 砂楽
・住所:鹿児島県指宿市湯の浜5-25-18
・電話番号:0993-23-3900
・営業時間:8:30~20:30(21:00閉館)
・定休日:年中無休(7・12月にメンテナンスのため休館あり)
・日帰り温泉の利用料:1,100円(浴衣利用料込み)

開聞岳や東シナ海を望む絶景露天風呂「たまて箱温泉」

提供:ヘルシーランド たまて箱温泉

「たまて箱温泉」の自慢は、人気口コミサイトの「行ってよかった日帰り温泉&スパ」部門で、4年連続1位に輝いた絶景露天風呂。

開聞岳(かいもんだけ)と東シナ海を望む和風露天風呂と、竹山(別名:スヌーピー山)と海が見渡せる洋風露天風呂があります。2つの露天風呂は男女日替わり。どちらの露天風呂からも、晴れた日には遠く屋久島や、竹島、硫黄島(いおうじま)も眺めることができます。

提供:ヘルシーランド たまて箱温泉

夕陽が沈む頃は特に美しく、海・山・露天風呂に差し込む光で辺り一面が神秘的な世界に染まります。

提供:ヘルシーランド たまて箱温泉

ヘルシーランドの敷地内には、砂むし温泉が楽しめる施設もあります。タオル・バスタオルは購入することもレンタルすることも可能です。

<施設詳細>
・施設名:たまて箱温泉
・住所:鹿児島県指宿市山川福元3292(ヘルシーランド)
・電話番号:0993-27-6966(ヘルシーランド)
・営業時間:9:30~19:30 ※最終受付19:00
・定休日:木曜日(祝・祭日の場合は翌日) ※ただし、8月は休まず営業
・日帰り温泉の利用料:大人510円、ヘルシーランド内にある砂むし温泉とのセット券1,240円

殿様気分で入浴を「二月田温泉 殿様湯」

提供:指宿市観光協会

「二月田(にがつでん)温泉 殿様湯」は、第27代島津家当主島津斉興(しまづなりおき)により、天保2年(1831年)に設けられた温泉です。現在も風呂場の敷石や石造りの湯船が残され、市の文化財にも指定されていています。

4つの湯壺からお湯が流れて適温になるよう工夫が凝らされ、また、浴室がタイル貼りになっていることなどから、当時としては、非常に豪勢な風呂場であったことがうかがえます。

島津家の殿様が愛した温泉は元々やや熱めですが、さらに熱く調整することができます。殿様気分で入浴を楽しみましょう。

「二月田温泉 殿様湯」の建物の外には、飲用の温泉が用意されています。塩化物泉の飲用では、慢性消化器病・便秘などの効能があります。

<施設詳細>
・施設名:二月田温泉 殿様湯
・住所:鹿児島県指宿市西方1408-27
・電話番号:0993-22-2827
・営業時間:7:00~21:00
・定休日:金曜日
・日帰り温泉の利用料:大人(中学生以上)350円、子供100円、幼児50円