ルシウスと真美が話しながら歩いていた「湯畑」(群馬県)

ルシウスと真美が話しながら歩くシーンなどで登場する、群馬県にある草津温泉の湯畑。

日本三名泉の1つである草津温泉の自然湧出量は日本一を誇り毎分32,300L以上、1日にドラム缶約23万本分もの温泉が湧き出しています。

温泉街の中心に位置する「湯畑」は言わずと知れた草津温泉の象徴で、昼の迫力あふれる姿はもちろん、夜のライトアップされたダイナミックな輝きも見逃せません。

草津温泉の泉質は、酸性・含硫黄アルミニウム硫酸塩・塩化物泉で、殺菌・ピーリング作用があり、肌の表面にある古い角質を柔らかくして溶かしてくれるので、昔から慢性的な皮膚病などの治療にも使われてきました。

ちなみに、草津温泉の橋にはルシウスの名前が刻まれています。

<スポット詳細>
・スポット名:湯畑
・住所:群馬県吾妻郡草津町草津

真美の新たな実家「宝川温泉 汪泉閣」(群馬県)

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

能勢 浩(@nossan164_165)がシェアした投稿

真美の実家は、シリーズ2では群馬県にある「宝川温泉 汪泉閣(おうせんかく)」に変更され、ルシウスと真美が一緒にお風呂に入るシーンに登場します。

「宝川温泉 汪泉閣」は、野趣溢れる巨石をふんだんに使った4つの大露天風呂(うち3つは混浴)が特長。その広さは計470畳分もあります。

湯に浸かると病が治ったという民話が残されている名泉の泉質は、アルカリ単純温泉で、神経痛、筋肉痛、関節痛、痔疾などの効能があります。手付かずの大自然の中、宝川の流れを感じながら心ゆくまで浸かる温泉は格別です。

<施設詳細>
・施設名:宝川温泉 汪泉閣
・住所:群馬県利根郡みなかみ町藤原1899
・電話番号:0278-75-2611
・営業時間:10:00~17:00 ※最終入場16:00
・定休日:なし
・料金:大人1,500円、小学生1,000円

エンディングの入浴シーン「法師温泉 長寿館」(群馬県)

提供:法師温泉 長寿館

「テルマエ・ロマエ2」のエンディングで、ルシウスと真美が入浴するシーンが撮影されたのは、群馬県にある秘湯「法師(ほうし)温泉」の老舗一軒宿です。凛とした昔ながらの雰囲気で温泉好きを魅了する宿は、国の登録有形文化財に登録されています。

有名な混浴大浴場「法師の湯」は、明治28年に建てられた鹿鳴館(ろくめいかん)風の建物にあり、まるで時が止まってしまったかのような不思議な空間が広がります。

浴槽の底からポコポコと湯が湧きあがり、ぬる目の湯加減が気持ち良く、時を忘れてくつろげる湯船です。バスタオル禁止の混浴ですが、20:00から22:00に女性専用の時間が設けてあるので、女性でも安心して利用できます。

源泉は、無色透明のカルシウム、ナトリウム硫酸塩泉(石膏泉)で、胃腸、火傷、動脈硬化などの諸病の効能があります。

「法師温泉 長寿館」は、予約が取れないことでも有名ですので、ご利用の際には早めにお問い合わせください。

<施設詳細>
・施設名:法師温泉 長寿館
・住所:群馬県利根郡みなかみ町永井650
・電話番号:0278-66-0005
・日帰り入浴の営業時間:11:00~14:00 ※最終入場13:30
・日帰り入浴の定休日:水曜日、年末年始
・宿泊料:(1泊2日2食付き、2名利用時)12,100円〜
・日帰り入浴の料金:大人1,500円

テルマエ・ロマエに登場する温泉へ、癒しの旅へ出かけませんか?

出典:PIXTA

今回は、映画「テルマエ・ロマエ」・「テルマエ・ロマエ2」に登場するロケ地温泉をご紹介してきました。こうして見ていくと、「テルマエ・ロマエ」シリーズの撮影は、日本各地さまざまな場所で行われていることがわかります。映画のシーンを思い浮かべながら、温泉に癒される旅に出かけませんか?