提供:一般社団法人 登別国際観光コンベンション協会

【北海道】「登別温泉」1泊2日旅!温泉と大自然を満喫

更新日:2021年8月2日

豊かな自然に囲まれた北海道の「登別(のぼりべつ)温泉」は、9種類もの源泉が湧き出し、湧出量も日本最大級で「温泉のデパート」と呼ばれています。今回は、そんな日本有数の温泉をしっかり堪能しながら地元グルメを味わう、登別温泉1泊2日の旅プランをご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・1泊2日で温泉旅行に出かけたい
・有名観光地は見ておきたい
・その土地ならではの料理を楽しみたい

旅のしおり

【Day1】

〈12:00〉登別温泉に到着
〈12:30〉そば処福庵でランチ
〈14:30〉温泉街の鬼めぐり
〈16:00〉第一滝本館で立ち寄り入浴
〈18:00〉宿泊施設にチェックイン

【Day2】

〈10:30〉地獄満喫コースを散策
〈12:30〉温泉市場でランチ
〈14:30〉登別 石水亭で立ち寄り入浴
〈16:30〉登別温泉街でお土産購入
〈17:30〉登別温泉を出発

登別温泉1泊2日の旅スタート

【Day1】「登別温泉バスターミナル」に到着

〈12:00〉
「登別温泉バスターミナル」に到着。さぁ登別温泉1泊2日の観光が始まります。

<参考>
【各地より】飛行機で「新千歳空港」→電車とバス約1時間〜1時間15分/高速バス約1時間
【札幌より】→ 電車:約1時間10分 / バス:約1時間20分

「登別温泉バスターミナル」は、新千歳空港・札幌駅前・洞爺湖(とうや)温泉などさまざまな場所からのバスが発着する、登別温泉の玄関口です。

併設のインフォメーションセンターに立ち寄って、登別温泉の観光情報や日帰り温泉の割引券がもらいましょう。屋内の待合室やお手洗いも利用できます。

<施設詳細>
・施設名:登別温泉バスターミナル
・住所:北海道登別市登別温泉町
・電話番号:0143-45-2131
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約3分

【Day1】「そば処福庵」で、ぷりぷりの海老天丼を味わう

〈12:30〉

登別温泉の最初の食事は、老舗の蕎麦屋「そば処福庵」で。綺麗な広々とした店内で、店員さんがとても親切な居心地の良いお店です。

「海老天丼セット」(1,000円)は、手打ちの蕎麦とからっと揚がったぷりぷりの海老がたまりません。数量限定の手打ち麺をぜひお試しあれ。

隣には、登別をはじめとした北海道土産が揃う「ふくや」があります。

<店舗詳細>
・施設名:そば処福庵
・住所:北海道登別市登別温泉町30
・電話番号:0143-84-2758
・営業時間:11:30~14:00
・定休日:不定休
・観光マップ:Day1 B地点


↓徒歩約8分

【Day1】温泉街の鬼をめぐり、「閻魔堂」で閻魔大王の地獄の審判に立ち会う

〈14:30〉
お腹がいっぱいになったら、登別温泉街のメインストリート「極楽通り」を散策します。

通りの両脇に商店が立ち並ぶ極楽通りとその周辺には、恋愛や商売、学業を願う可愛らしい鬼像(きぞう)が点在しています。それらは、人びとの厄を払い、元気にする不思議な力を持つと言われるありがたい神様「湯鬼人(ゆきじん)」です。

温泉街を散策しながら鬼めぐりをし、お目当ての湯鬼神に願い事をしましょう。

「花鐘亭はなや」から一番近い湯鬼神は、「湯かけ鬼蔵」と呼ばれる無病息災、諸病平癒の鬼像です。隣いは、日帰り入浴施設「さぎり湯」があります。

極楽通りをさらに北上し続いて出会うのは、仲良く2体並んだ恋愛成就の鬼蔵。

提供:一般社団法人 登別国際観光コンベンション協会

学業成就や商売繁盛の鬼蔵を見ながら、さらに極楽通りを進むと突き当たりに8本の鬼の棍棒のオブジェが立っている「泉源(せんげん)公園」に着きます。

金棒には、それぞれ健康や金運などのご利益があり、最もご利益のある金棒1本が8本の金棒の中心に位置する地中に埋まっています。

また、「泉源公園」は、間欠泉の見られる場所。約3時間の間隔で、轟音を立てて勢いよく噴き出す間欠泉を見られるので、登別温泉の滞在中に1度はその迫力に触れたいものです。

提供:一般社団法人 登別国際観光コンベンション協会

「泉源公園」の向かいには、江戸時代から伝わるという「念仏(ねんぶつ)鬼像」の祠と、その両脇に大きな赤鬼立像と青鬼座像があります。記念写真を撮るのにぴったりのスポットです。

提供:一般社団法人 登別国際観光コンベンション協会

「泉源公園」から極楽通りを南へ少し戻り、鬼めぐりの最後に向かうのは、登別温泉の象徴「閻魔(えんま)堂」。閻魔大王が待ち受けています。

閻魔大王は、カラクリ人形になっていて、1日に6回の「地獄の審判」の時間になると悪事を裁く恐ろしい表情に一転します。

<施設詳細>
・施設名:閻魔堂
・住所:北海道登別市登別温泉町
・電話番号:0143-84-3311
・地獄の審判の時間:10:00、13:00、15:00、17:00、20:00、21:00 ※天候により閻魔堂を閉める場合あり
・定休日:なし
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約1分

【Day1】バラエティ豊かな35の湯船を湯めぐり「第一滝本館」へ立ち寄り入浴

〈16:00〉

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sayaka(@xxsykaaa)がシェアした投稿

登別温泉で浸かる最初の湯は、「閻魔堂」から徒歩すぐの創業150年を超える老舗旅館「第一滝本館」で。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hiroki Sato(@hirokiti39)がシェアした投稿

バラエティ豊かな35の湯船がある、1,500坪もの広さがある大浴場は圧巻。

この大浴場だけで、硫黄泉、芒硝(ぼうしょう)泉、重曹泉など5つの泉質の源泉かけ流しを楽しめてしまいます。無料で慢性胃炎に効能のある温泉を飲用できるコーナーもあります。

追加料金を払えば貸切広間の利用も可能。昼食付きプランも用意されています。

<施設詳細>
・施設名:第一滝本館
・住所:北海道登別市登別温泉町55
・電話番号:0120-940-489
・日帰り湯の営業時間:9:00~18:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:(9:00~18:00)大人2,250円、小人(3〜12歳)1,100円、
・観光マップ:Day1 D地点


↓徒歩約5〜10分

【Day1】宿泊施設にチェックイン

〈18:00〉
登別温泉街周辺の宿泊施設にチェックインします。

【Day2】

宿泊施設をチェックアウトします。


↓徒歩約5〜10分