提供:蔵王温泉観光協会

【山形】蔵王温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2021年版

更新日:2021年9月13日

山形県の「蔵王(ざおう)温泉」は、強酸性の硫黄泉を誇ります。硫黄泉には、体内のムコ多糖タンパクを活性化させる働きがあり、肌と血管を若返らせると言われています。さらに、血行を促進し、表皮の殺菌作用や皮膚を強くする作用があり、美肌にも良い温泉です。今回は、その硫黄泉を堪能できる蔵王温泉の日帰り温泉施設のおすすめ7軒をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

蔵王温泉の湯が200円で!「共同浴場」めぐり

提供:蔵王温泉観光協会

蔵王温泉には、3ヶ所の「共同浴場」があります。どの共同浴場も200円という安さで蔵王温泉の良質なお湯を楽しめる魅力的な場所。浴場は、いずれも木の床、木の浴槽で雰囲気があります。

朝6時から夜22時まで好きな時に入浴できるので、観光やスキーのスケジュールに合わせて利用しやすいのもポイントです。

<施設詳細>
・施設名:蔵王温泉 共同浴場 上湯
・住所:山形県山形市蔵王温泉45-1

・施設名:蔵王温泉 共同浴場 下湯
・住所:山形県山形市蔵王温泉30-2

・施設名:蔵王温泉 共同浴場 川原湯
・住所:山形県山形市蔵王温泉43-3

<共通>
・電話番号(蔵王温泉観光協会):023-694-9328
・営業時間:6:00〜22:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人200円、小人100円

自然に囲まれ、野趣あふれる「蔵王温泉大露天風呂」

提供:山形県

渓流のせせらぎを聞きながら露天風呂に浸かれる人気の日帰り温泉「蔵王温泉大露天風呂」。

建物の入り口を入り階段を降りると、野趣あふれる石が敷き詰められた浴場に辿り着きます。

開放感たっぷりの中で楽しむ源泉かけ流しの湯は格別。降雪時や11月下旬から3月までは閉鎖されますが、春から秋にかけては、朝6時から営業しているので、朝早くから訪れるとその後の観光に集中できます。

<施設詳細>
・施設名:蔵王温泉大露天風呂
・住所:山形県山形市蔵王温泉荒敷853-3
・電話番号:023-694-9417(蔵王温泉観光株式会社)
・営業時間:6:30〜18:00 ※コロナの影響により(平日)9:30~17:00(最終受付16:30)、(土・日・祝日)9:00~18:00(最終受付17:30)となる場合あり
・定休日:11月下旬〜3月
・日帰り温泉の利用料:大人600円、小人(1歳以上〜12歳未満)350円

蔵王の湯と食事、お土産も「湯の花茶屋 新左衛門の湯」

「新左衛門の湯」は、入浴だけでなく食事処、お土産処としても利用できると、地元の方のみならず、観光客からも評価の高い日帰り入浴施設です。

提供:湯の花 新左衛門の湯

四季折々の蔵王の山々の季節を感じながら浸かれる露天風呂には、源泉100%をひとり占めできるかめ風呂も。温度の異なるかめ風呂の浸かり比べも面白いものです。

別途料金で貸し座敷の利用ができ、食事処では山形の幸を味わえます。

<施設詳細>
・施設名:湯の花茶屋 新左衛門の湯
・住所:山形県山形市蔵王温泉川前905
・電話番号:023-693-1212
・営業時間:10:00〜18:00(17:30受付終了)
・定休日:水曜日
・日帰り温泉の利用料:大人800円、小人400円、幼児200円