提供:白骨温泉風情 泡の湯

<2021年版>長野県の日帰り温泉おすすめ7選!

更新日:2021年10月27日

温泉県としても有名な長野県には温泉地が約30ヶ所も。長野県の人気の温泉地はどこなのか、どこの泉質が自分に合ってるのか気になるところ。長野市のある「北信」、上田市のある「東信」、飯田市のある「南信」、松本市のある「中信」エリアから日帰り入浴ができる人気の温泉地と泉質をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

【北信・渋温泉】宿泊客以外も唯一楽しめる外湯「九番湯 渋大湯」

提供:山ノ内町観光連盟

情緒あふれる石畳の温泉街「渋(しぶ)温泉」は、宿泊客が無料で利用できる九つの外湯(共同浴場)めぐりが有名。100%源泉かけ流しで、源泉によって成分が異なり、色も褐色を帯びたものや白濁するもの、無色透明などさまざまです。

提供:山ノ内町観光連盟

外湯で唯一宿泊客以外も利用可能な「九番湯 渋大湯」の鶯色(うぐいすいろ)のお湯は、単純温泉・塩化物泉で、子宝・リュウマチ・神経痛の効能があります。

<施設詳細>
・施設名:九番湯 渋大湯
・住所:長野県下高井郡下高井郡山ノ内町平穏2115
・電話番号:0269-33-2921(渋温泉旅館組合事務所)
・営業時間:6:00~22:00(渋温泉宿泊客以外は10:00~) ※コロナの影響により(月、水、金曜日)13:00~17:00、(GW、年末年始、日・火・木・土曜日)10:00~17:00になる場合あり
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:渋温泉の旅館に宿泊する方は無料、宿泊者以外は500円

【北信・野沢温泉】14番目の外湯として開湯「麻釜温泉公園 ふるさとの湯」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@t.i.revolutionがシェアした投稿

スキー場と野沢菜発祥の地として知られる「野沢(のざわ)温泉」は、弱アルカリ性の源泉を持ち、外湯ごとにさまざまな効能が楽しめる温泉街。

14番目の外湯として開湯した「麻釜(おがま)温泉公園 ふるさとの湯」は、ぬる湯とあつ湯の内風呂に露天風呂があり、単純硫黄泉でアトピー性皮膚炎や慢性皮膚病・慢性婦人病・月経障害・動脈硬化・高血圧などの効能です。

<施設詳細>
・施設名:麻釜温泉公園 ふるさとの湯
・住所:長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8734
・電話番号:0269-85-3700
・営業時間:10:00~20:00
・定休日:木曜日
・日帰り温泉の利用料:大人500円、小人300円

【中信・白骨温泉】乳白色で絹のように細やかな気泡「白骨温泉風情 泡の湯」

提供:白骨温泉風情 泡の湯

「白骨(しらほね)温泉」は、​湯川(ゆがわ)渓谷に囲まれた自然豊かな温泉地。​湯は乳白色で絹のように滑らかな弱酸性で、胃腸病や内臓疾患・神経性ストレスの効能があります。

「白骨温泉風情 泡の湯」は炭酸成分が多く含まれきめ細やかな気泡がつくのが特徴です。湧き出た直後は無色透明で、空気に触れるとミルククリーム色やコバルトブルーなど、さまざまに変化します。​

<施設詳細>
・施設名:白骨温泉風情 泡の湯
・住所:長野県松本市安曇4181
・電話番号:0263-93-2101
・営業時間:10:30~13:30(14:00退館)
・定休日:第3木曜 ※祝日の場合は翌日
・日帰り温泉の利用料:大人1,000円・小人(3歳以上12歳未満)600円