出典:PIXTA

【温泉マイベスト決定企画】有名温泉地の入浴剤6つを徹底検証!

更新日:2022年3月7日

この記事を書いた人

たけちゃん

普段はパソコンと向き合うデスクワーク、休日は疲労回復&リラックスのために温泉を訪れるのが定番の過ごし方。温泉情報には常にアンテナを張って、気になる温泉があるとちょっと遠くてもドライブがてら遠出します。山の中にある温泉や海の近くなど、自然の中にある温泉が好きです。温泉でリフレッシュした後は、近隣のおすすめグルメをチェックするのも恒例です。

寒くなるとひどくなりがちな肩こりや手足の冷えも、入浴剤があれば和らぎリラックスできますよね。今回は、らくらく湯旅が「温泉マイベスト決定企画」の入浴剤編として、楽天やamazon、Yahoo!ショッピングで人気の入浴剤「自宅湯原料シリーズ日本の名湯おすすめ6選」に注目し、どれだけその実力があるのかを数値と感覚値の両方から徹底検証していきたいと思います。

【PR】
【国内旅行をもっとお得に!】目的別おすすめカード
目的 新幹線 飛行機 宿泊
サービス ビュー・スイカカード
ビューカード
JALカード
JALカード
楽天カード
楽天カード
おすすめ ポイント 【還元率】
・新幹線:5%
・グリーン券:5%
【搭乗ボーナス】
入会&毎年初回:各1,000マイル
・搭乗毎:フライトマイルの10%+
【楽天トラベル】
・楽天ポイント2倍
・1,000円割引クーポン付与
(毎月)
年会費 524円
(新幹線を年3回利用で実質無料)※
2,200円
(初年度無料)
永年無料
還元率 0.5~1.5% 0.5~1.0% 1.0%
ブランド
入会特典 新規入会&利用
最大8,000pt
新規入会&利用
最大30,000マイル
新規入会&利用
最大5,000pt
公式HP 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
※年36,000円以上のオートチャージ、またはモバイルSuicaへのチャージで実質無料
※東京~新大阪区間(片道)を普通車自由席で利用した際の還元率で算出
※年会費はすべて税込表示

今回検証したのは、人気の入浴剤「自宅湯原料シリーズ日本の名湯おすすめ6選」

楽天

「自宅湯原料シリーズ日本の名湯おすすめ6選」は、疲れて帰った後でも自宅で温泉気分を味わいたいという思いから生まれた入浴剤です。

全国の温泉地から特におすすめの「登別(のぼりべつ)の湯」「乳頭(にゅうとう)の湯」「草津(くさつ)の湯」「箱根(はこね)の湯」「熱海(あたみ)の湯」「由布院(ゆふいん)の湯」の6つの温泉をイメージした入浴剤のお得な詰め合わせになっています。

楽天やamazon、Yahoo!ショッピングなどで販売され、ご自宅での利用の他、各種プレゼントとしても高い人気を誇る商品です。

<商品詳細>

・商品名:自宅湯原料シリーズ
・区分:入浴化粧品
・参考価格:990円(送料は別途)
・内容量:1回分1袋約30gが6袋入り
・形状:粉末
・1回あたりの価格(目安):165円


検証項目は、温浴効果・保湿力・香り・肌ざわりの4つ

今回は、らくらく湯旅のモニターが次の4つのポイントについて、各入浴剤の足湯に浸かり、徹底比較・検証しました。

<検証ポイント>

1.  温浴効果(体のあたたまり・10分持続・30分持続)
2.  保湿力
3.  香り
4.  肌ざわり

温浴効果と保湿力は5点満点で評価し、全体の平均点を総合評価の点数としています。

香りや肌ざわりは個人差があるため、総合評価点数には含んでいません。

<検証条件>

・モニター:女性
・お湯温度:40℃程度
・お湯の深さ:くるぶしが隠れる程度
・お湯に浸けた時間:5分程度

1. 温浴効果

温浴効果では、どれだけ身体が温まり持続するかの検証をおこないました。

具体的には、各入浴剤を規定量溶かしたお湯にモニターが足をつけ、足湯直前・直後・10分後・30分後の足の表面温度をサーモグラフィで計測しました。

2. 保湿力

保湿力のチェックでは、肌がどれだけうるおうかを水分チェッカーを使用して検証。

温浴効果の検証と同じく、モニターが各入浴剤を溶かしたお湯に足を浸け、足湯直前・直後の肌の水分量の変化を比較しました。

3. 香り

入浴剤のパッケージには、それぞれ香りが記載されていますが、実際にはどんな香りがするのか、リラックスできる香りかモニターがチェックしました。

4. 肌ざわり

それぞれの湯について、どんな肌ざわりかをモニターがチェックしました。

【温泉マイベスト〜入浴剤編〜】温浴効果・保湿力ランキング順にご紹介

それでは、さっそく6つ温泉地の入浴剤について、先ほどの検証項目の結果をランキング形式で発表していきましょう。

ランキングは、温浴効果・保湿力について、それぞれ5点満点で評価し、それらを合わせた総合評価順になっています。

入浴剤の魅力の大事なポイントである、香りや肌ざわりについても効果検証しましたが、こちらは個人の感覚になるため、点数には含んでいません。

それぞれの入浴剤について、文章内で紹介していますので参考にしてください。

6位. 乳白色の温泉気分たっぷりの湯「登別の湯」

評価

温浴効果 保湿力 香り お湯の色 肌ざわり 点数
体の温まり 10分持続 30分持続
硫黄の香り 乳白色 ぬるぬる 2.8点

 

登別温泉とは

出典:AC

北海道における最大規模の温泉地「登別温泉」。

西には洞爺湖(とうやこ)、南に倶多楽湖(くったらこ)、北東に支笏湖(しこつこ)を臨む自然に囲まれた温泉郷で、多彩な泉質と1日1万tも湧き出る豊富な湯量から「温泉のデパート」とも呼ばれています。

 

「登別の湯」の検証結果

温浴効果の検証では、他の湯と比べ足の温まり方(温度)は控えめでしたが、10分後もそこそこ温度を保てていました。肌水分量も3%強アップという結果で、温浴・保湿効果は他の入浴剤に比べ低い値に止まりました。

ただ、登別温泉を彷彿とさせる乳白色のお湯、ぬるぬるの肌ざわり、ほのかに香る硫黄の香りで温泉気分が十分に味わえる入浴剤です。

 

入浴剤「登別の湯」詳細

・色:乳白色

・成分:塩化Na/炭酸水素Na/炭酸Na/硫酸Na/塩化K/温泉沈殿乾燥物/酸化チタン/PEG-400/トリラウレス‐4リン酸Na/ステアリン酸/アスコルビン酸Na/プルラン/酸化K/チオ硫酸Na/ シリカ ※ご当地の温泉沈澱乾燥物ではありません。

5位. すべすべの肌ざわりでリフレッシュできる湯「熱海の湯」

評価

温浴効果 保湿力 香り お湯の色 肌ざわり 点数
体の温まり 10分持続 30分持続
ほぼなし 黄白色 すべすべ 3.5点

 

熱海温泉とは

出典:AC

静岡県にある「熱海温泉」は、相模湾沿いの海岸から山手にかけて旅館やホテル、食事処、土産物屋が並ぶ温泉地です。

風光明媚で温暖な環境にあり、古くは徳川家康が訪れたり、献上湯を行ったりしたことでも有名です。

塩化物温泉と硫酸塩温泉が約9割を占めるお湯は、その塩分が皮膚を覆い保温作用に優れているといわれます。

 

「熱海の湯」の検証結果

足湯によって約6度も温度があがったことが高く評価されました。

残念ながら10分後・30分後と温度が大きく下がってきてしまいましたが、入浴直後のぽかぽか感が強く、モニターからは「芯まで温まった感じがする」という声が挙がりました。

肌の水分量は約13%アップし、高い保湿力が立証されました。香りは特にありませんが、爽やかな黄白色の色とすべすべの肌ざわりで、リフレッシュ感が高い温泉です。

 

入浴剤「熱海の湯」詳細

・色:乳黄色

・成分:炭酸水素Na/硫酸Na/炭酸Na/塩化Na/炭酸Ca/酸化チタン/PEG-400/

トリラウレス‐4リン酸Na/ステアリン酸/アスコルビン酸Na/プルラン/

炭酸K/チオ硫酸Na/温泉沈殿乾燥物/シリカ/黄4/赤230 ※ご当地の温泉沈澱乾燥物ではありません。