出典:PIXTA

【三重】榊原温泉の日帰り温泉おすすめ5選!2022年版

更新日:2022年3月2日

この記事を書いた人

たびこ

自分の時間が取れると、ついつい旅行に出掛けてしまいます。特に温泉地が好きで、温泉の泉質を選ぶ事から始まり、景色の良い宿や、地元のグルメ、観光スポット、お土産などをリサーチするのも楽しい時間です。さまざまな温泉街を旅した中で知り得た情報や歴史などを、これから旅を計画される方へお伝えできれば幸いです。

三重県津市榊原(さかきばら)町に位置する「榊原温泉」は、歴史の長い温泉で、平安時代には既に湯治場として利用されていたと伝えられています。今回は日帰りで利用できる温泉のおすすめ5選をご紹介します。ゆったりと古の湯を楽しむ旅に出かけてみませんか。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

榊原温泉とは

榊原温泉は、伊勢(いせ)地方の入り口にあることから、奈良時代には、正式な伊勢神宮への参拝方法のひとつとして、温泉の湯で身体を清める「湯ごり」の湯として利用されていました。

古くは七栗上村(ななくりかみむら)という名称で、当時はその名を取って「七栗(ななくり)の湯」と呼ばれ、清少納言が「枕草子」に「湯はななくりの湯、有馬の湯、玉造の湯」と讃えた記録が残っています。

その後、江戸時代には、100部屋もの客室が並ぶ湯治場として栄えた歴史ある温泉です。

榊原温泉の湯の特長・効能

榊原温泉の湯は無色透明で、湯あがりに肌がつるつるスベスベになる事から、美肌の湯として知られています。

泉質はアルカリ性単純泉で、効能は慢性関節リュウマチ、皮膚病、婦人病、糖尿病、神経痛、疲労回復などがあります。

温泉成分に含まれる重曹成分と、ナトリウムイオンを多く含む高アルカリ成分の働きで、肌がつるつるになる作用をもたらせるのではないかと言われています。

榊原温泉へのアクセス

榊原温泉は、近畿日本鉄道の「榊原温泉口」駅からタクシーで約10分の場所にあり、大阪の「鶴橋(つるはし)駅」からは乗り換えなしの1本で、また、名古屋方面からは、三重県の「伊勢中川駅」から1本でアクセスできます。

宿・施設によっては、「榊原温泉口」駅から無料送迎バスを運行している場合もあるので、事前に確認すると良いでしょう。

のどかな里山に滾々と湧き出る無色透明な美湯に浸り、寛ぎと癒しのひと時を楽しめる温泉です。

榊原温泉の日帰りができる施設・宿おすすめ5選!

1. 静寂の森に包まれた旅館のとろとろの湯「神湯館」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuki Dinh 中村 勇気(@y_dinh)がシェアした投稿

湯の瀬川(榊原川)沿いの静寂の森に包まれた「神湯館(しんとうかん)」は、数寄屋風で落ち着いた佇まいの温泉宿です。

大浴場(内風呂)は、男女別にひとつずつあり、窓から眺める木立からは四季の移り変わりを感じられるゆったりとした雰囲気です。

肌がとてもなめらかになるとろとろの湯ざわりの「美人の湯」が堪能できます。

「神湯館」は、通販で温泉の素(500g(20回分)1,100円、着払い)を販売しているので、自宅でも美人の湯の温泉気分を楽しめます。

<施設詳細>
・施設名:神湯館
・住所:三重県津市榊原町5079
・電話番号:059-252-0001
・営業時間:15:00~20:00(入浴は21:00まで)現在コロナのため~19:00まで
・定休日:不定休
・日帰り温泉の利用料:大人700円、小学生350円、幼児(3才以上)350円

2. 閑静な和風旅館の広々とした大浴場「旅館 清少納言」

提供:旅館 清少納言

榊原温泉の中程の川沿いに佇む「旅館 清少納言」は、四季の移ろいを感じられる閑静な和風旅館です。

ロビー・ラウンジには芥川龍之介全集の初版本が展示されており、美術品や調度品など、数々の芸術に触れられる、文学にゆかりのある宿としても知られています。

提供:旅館 清少納言

化粧水のようなとろりとした肌触りが自慢のお湯に浸かれる広々とした大浴場(男女別)では、大きな窓から豊かな自然の風景を眺め、榊原川のせせらぎを聞きながら、ゆったりと過ごせます。

<施設詳細>
・施設名:旅館 清少納言
・住所:三重県津市榊原町6010
・電話番号:059-252-0048
・営業時間:11:00〜21:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人1,000円、小人800円

3. 露天風呂も楽しめる日帰り温泉施設「湯の庄」

 

この投稿をInstagramで見る

 

s_._.now(@s_._.now56)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

tanissy(@tanishi24z)がシェアした投稿

​​2本の源泉を持つ「湯の庄」は、常に新鮮な温泉を楽しめる日帰り温泉施設です。

男女別の大浴場と露天風呂があり、大浴場まろみの湯では、ぬるめの源泉掛け流し風呂と、新鮮な源泉をそのまま加熱した湯船に交互に浸かることで、新陳代謝のアップが期待できます。

別途料金で、バリアフリーやジャグジータイプなど3つの貸切展望露天風呂の利用(平日のみ)も可能です。

入浴の後には、大広間でゆっくりと休憩することができ、また、隣接する宿「湯元榊原舘 本館」での夕食を楽しめる日帰りプランもあります。

<施設詳細>
・施設名:湯の庄
・住所:三重県津市榊原町5970
・電話番号:059₋252‐0206
・営業時間:9:00~20:00(最終受付19:00)
・定休日:なし ※年末年始は短縮営業
・日帰り温泉の利用料:大人1,000円、小人500円