提供:大江戸温泉物語 ますや

【宮城】鳴子温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2022年版

更新日:2022年4月20日

この記事を書いた人

たびこ

自分の時間が取れると、ついつい旅行に出掛けてしまいます。特に温泉地が好きで、温泉の泉質を選ぶ事から始まり、景色の良い宿や、地元のグルメ、観光スポット、お土産などをリサーチするのも楽しい時間です。さまざまな温泉街を旅した中で知り得た情報や歴史などを、これから旅を計画される方へお伝えできれば幸いです。

宮城県の「鳴子(なるこ)温泉」は、県の最北端に位置する大崎市の温泉で、5つの温泉地を持つ鳴子温泉郷の中のひとつです。その昔、源義経の子供の産湯に使われ、「泣き子の里」と呼ばれた事から転じて「なるこ」となったという説や、平安初期に山が鳴動(めいどう)して温泉を噴出したところから鳴声(なるご)の湯と呼ばれ、それが「鳴子」となった説などがあります。複数の泉質をもち、中でも「黒湯」と呼ばれる炭酸水素塩泉、塩化物泉などの黒褐色をした温泉と、硫化水素や硫黄などが含まれ、スカイブルーやグリーンに色を変える「白湯」の、2種類のにごり湯が有名です。今回はおすすめの日帰り温泉施設・宿7選をご紹介します。多様な泉質の温泉を楽しむ旅に出かけませんか。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

鳴子の温泉街を一望する展望露天風呂と薬湯風呂「大江戸温泉物語 ますや」

提供:大江戸温泉物語 ますや

天然温泉と山海の幸のバイキング料理が魅力の「大江戸温泉物語 ますや」は、大江戸温泉物語グループの温泉宿です。

提供:大江戸温泉物語 ますや

提供:大江戸温泉物語 ますや

鳴子の温泉街を一望できる最上階の展望露天風呂や大浴場などで、含硫黄-ナトリウム・塩化物・硫酸塩泉の冷え性や切り傷、疲労回復などに効能がある湯を源泉掛け流しで堪能できます。

11種類の天然生薬を配合した薬湯に浸かれる釜風呂も人気です。

提供:大江戸温泉物語 ますや

平日限定で日帰り温泉にディナーバイキングが付いたプラン(大人4,030円)もあります。

<施設詳細>
・施設名:大江戸温泉物語 ますや
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉字湯元82
・電話番号:0570-020268
・営業時間:14:00~18:00(最終受付17:30)※火・木曜日は清掃のため15:00~
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:(平日)大人950円、小人(小学生)440円、(土・日・祝日)大人1,060円、小人(小学生)550円

日によって乳白色やエメラルドグリーンに色が変わる自家源泉「鳴子観光ホテル」

 

自家源泉が自慢の「鳴子観光ホテル」は、懐かしく穏やかな時間が過ごせる老舗旅館です。読書室やリラクゼーション、WiFiなど館内施設も充実しています。

泉質は、慢性皮膚病、慢性婦人病、糖尿病などに良いとされる含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉で、日によって乳白色やエメラルドグリーンなどに変化する湯色が特徴です。

御影(みかげ)石造りの内湯と檜(ひのき)の露天風呂、上がり湯と、3つのお風呂で湯浴みを楽しめます。

<施設詳細>
・施設名:鳴子観光ホテル
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉字湯元41
・電話番号:0229-83-4330
・営業時間:12:00~14:00(受付13:30まで)
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人1,100円 小人550円

走る電車を眺めながら浸かる露天風呂「鳴子温泉 ホテル亀屋」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

みっちゅ(@kuromitsu_shiromitsu)がシェアした投稿

黒褐色の色が特徴の自家源泉をもつ「鳴子温泉 ホテル亀屋」は、泉質がナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉の「黒湯」に浸かれると人気の宿です。

木々に囲まれた露天風呂や檜風呂(内風呂)、鳴子の街や山々が窓の外に広がる展望大浴場で、切り傷や神経痛、疲労回復に効能がある湯にゆったりと浸かれます。

男性露天風呂のそばには陸羽東線(りくうとうせん)が通っており、電車が走る様子を眺めながらの湯浴みも一興です。

<施設詳細>
・施設名:鳴子温泉 ホテル亀屋
・住所:宮城県大崎市鳴子温泉車湯54-6
・電話番号:0229-83-2211
・営業時間:12:00〜14:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人700円、小人350円