提供:山中温泉観光協会

【石川】山中温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2022年版

更新日:2022年4月15日

この記事を書いた人

たびこ

自分の時間が取れると、ついつい旅行に出掛けてしまいます。特に温泉地が好きで、温泉の泉質を選ぶ事から始まり、景色の良い宿や、地元のグルメ、観光スポット、お土産などをリサーチするのも楽しい時間です。さまざまな温泉街を旅した中で知り得た情報や歴史などを、これから旅を計画される方へお伝えできれば幸いです。

石川県の「山中(やまなか)温泉」は、加賀市の大聖寺川(だいしょうじがわ)沿いに温泉街が広がる山間部にあり、奈良時代に行基(ぎょうき)によって発見された1,300年の歴史を持つ温泉です。その後、平安末期に、武将の長谷部信連(のぶつら)が12件の湯宿を開いたことが山中温泉旅館の始まりといわれています。泉質は、神経痛、五十肩、冷え性、切り傷などに効能がある、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉の湯です。今回は、山中温泉のおすすめの日帰り温泉宿、施設7選をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

共同湯温泉番付で東の横綱に選ばれた「山中温泉総湯 菊の湯」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

AKI HUKU(@jphu_kei)がシェアした投稿

温泉評論家である石川理夫(みちお )氏が発表した共同湯温泉番付で東の横綱に選ばれた「菊の湯」は、開湯以来1,300年の間、同じ場所にある共同浴場です。

天平(てんぴょう)風の建物が特徴の男湯と、別棟の女湯があり、やや熱めの源泉に浸かれます。

浴槽には1mほどの深さの場所があるので、立ち湯も堪能できます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

温泉いい湯♨️(@onseniiyu)がシェアした投稿

建物の並びには、屋根が笠になっている無料の足湯「笠の露」もあり、源泉掛け流しの湯を気軽に楽しめると人気です。

<施設詳細>
・施設名:山中温泉総湯 菊の湯
・住所:石川県加賀市山中温泉湯の出町レ1
・電話番号:0761-78-4026
・営業時間:6:45〜22:30(最終受付22:00)
・定休日:なし ※メンテナンスのため臨時休業あり
・日帰り温泉の利用料:大人(12歳以上)460円、中人(6〜12歳)130円、小人(3〜6歳)50円

山々を望む絶景の露天風呂「湯快リゾート 山中温泉 山中グランドホテル」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

はちみつ姫(@honeyhoney0204)がシェアした投稿

緑に囲まれた山中温泉の高台に建つ「山中グランドホテル」は、湯快リゾートの運営する温泉旅館です。

明るく広い大浴場にはサウナもあり、内湯の周りのガラス張りの窓から、緑豊かな山々の風景を眺められます。

周囲を木々で囲まれ、自然の中にいるような露天風呂もあり、温泉民謡の山中節を聴きながら、柔らかな天然温泉のお湯を堪能できます。

<施設詳細>
・施設名:湯快リゾート 山中温泉 山中グランドホテル
・住所:石川県加賀市山中温泉上野町ル-15-4
・電話番号:0761-78-2111
・営業時間:9:00~23:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:(平日)大人500円、小人(3歳〜小学生)500円、(土・祝前日・繁忙日)大人1,000円、小人(3歳〜小学生)500円

道の駅に併設する日帰り温泉施設「山中温泉ゆけむり健康村 ゆーゆー館」

 

鶴仙渓(かくせんけい)に架かる総ヒノキ造りの風雅な「こおろぎ橋」からほど近い「山中温泉ゆけむり健康村 ゆーゆー館」。

温泉や温水プール、スポーツ施設などが楽しめる道の駅に併設する日帰り温泉施設のあるスパリゾートです。

光が降り注ぐ開放感のある大浴場では泡風呂やサウナが楽しめ、露天風呂では鶴仙渓を眺めながらゆったりと温泉に浸かれます。

2階には貸切温泉「家族湯」もあり、別途料金で利用可能。隣の「道の駅」では、山中温泉の特産品などが販売されています。

<施設詳細>
・施設名:山中温泉ゆけむり健康村 ゆーゆー館
・住所:石川県加賀市山中温泉こおろぎ町イ19
・電話番号:0761-78-5546
・営業時間:10:00~22:00(最終受付21:30)
・定休日:火曜日
・日帰り温泉の利用料:大人(中学生以上)580円、小人(3歳~)230円