提供:近畿日本鉄道株式会社

座るだけで疲れが取れる!?開放感抜群の観光特急「しまかぜ」で行く、三重・伊勢志摩の旅

更新日:2022年8月10日

この記事を書いた人

ともきち

温泉が好きで、年に数回は友人や家族と国内旅行を計画し、色々な温泉地へ出かけています。温泉の中でも、濁り湯の露天風呂が特に好みです。旅先では、有名観光地や絶景スポットをひと通りまわり、地元の名物料理やお菓子の食べ歩きも欠かしません。旅好きならではの視点で、温泉地の情報や温泉にまつわる知識など、魅力あふれる記事をお届けします。

大阪難波駅・京都駅・近鉄名古屋駅から、伊勢志摩の賢島(かしこじま)駅へ向かう観光特急「しまかぜ」。リラクゼーション機能付きプレミアムシートが標準という高レベルの快適性、抜群の開放感など、最高級のくつろぎが味わえると大人気!平成25年(2013年)3月から運行されているにも関わらず、現在も大変好評とのこと。今回は、実際に「しまかぜ」に乗車し、車内の特徴や車窓からの景色、松坂牛を味わえる車内グルメなどを調査しました。記事後半では、「しまかぜ」の予約を取るコツも紹介していますので、最後までご覧ください。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

1ヶ月先まで予約が埋まる観光特急「しまかぜ」とは?

提供:近畿日本鉄道株式会社

観光特急「しまかぜ」は、”乗ること自体が楽しみとなる”をモットーにしている高級列車。

志摩に吹く風の爽やかさをイメージして名付けられ、デザインも晴れやかな空を表すブルーが基調です。

先頭車両のガラスのフロントデザインは、シャープさと躍動感を表現しています。

バリエーション豊かな客室をはじめ、カフェメニューやサービスが大充実の「しまかぜ」。

その魅力をまずは、座席から探って行きましょう。

しまかぜの座席は3種類

総工費になんと37億円をかけたという「しまかぜ」。

設備やサービスは驚きの連続。何より、3種類の座席のうち、プレミアムシートには長旅には嬉しい機能までついているなど、列車とは思えないほどです。

リラクゼーション機能付き本革シート席「プレミアムシート」

提供:近畿日本鉄道株式会社

車内には、ゆったりした幅広の本革の柔らかいシートが3列並んでいます。

座席前後の間隔も新幹線のグリーン車より広い125cmを確保。

足も自由にゆっくり伸ばせます。

そして何より驚きなのが、全席がリラクゼーション機付き全自動リクライニングシートであること。

エアクッションで腰の位置も調節できるうれしい機能もあります。

疲れを取りながら移動できる、まさに夢のようなシート。移動の疲れしらずで旅を楽しめますね。

グループ旅行に最適!半個室席の「サロン」

提供:近畿日本鉄道株式会社

数人でのグループ旅行には、半個室席のサロンがピッタリです。

大型テーブルに食べ物や飲み物を並べて、わいわいと大盛り上がり。

通路側には仕切り版があるので、プライベート感もあります。

プライベートなくつろぎ空間を楽しむ「個室(和・洋)」

提供:近畿日本鉄道株式会社

よりプライベートに楽しみたい方には、個室車両もあります。

和と洋の個室は、どちらも3〜4人で過ごせる広さ。

提供:近畿日本鉄道株式会社

掘りごたつ風の和風個室で、靴を脱いでくつろぐのも良し、洋風個室のソファでゆったりと過ごすのも良し、お好みで選べます。

「しまかぜ」の最高の座り心地に身をまかせ、いざ伊勢志摩・賢島へ出発!

出典:PIXTA

ホームに佇む姿も凛としてカッコいい「しまかぜ」。

乗車前に、電車との2ショットを記念撮影をして、いざ車内へ。

まず目についたのは、入り口の床面に敷き詰められた高級ホテルのような天然御影石。

提供:近畿日本鉄道株式会社

BGMや爽やかな香りの心にくい演出も相まって、これから始まる非日常への期待感は高まるばかりです。

車内はひじ掛けの下から天井まで窓が広がり、明るく開放的な空間

さて、車両に入ります。

窓がなんと、ひじ掛けの下から天井まで広がっています。

自然光が入り込み、明るく開放的な雰囲気で早くもウキウキ気分がマックスに。

座り心地抜群のシートに腰掛けると、包み込まれているような感覚。

腰部分の「エアーサポートクッション」で、座席の硬さを調節できるので、腰痛気味の方にもとても優しく、電車の座席とは思えない快適さです。

この投稿をInstagramで見る

Shelly(@cohichen)がシェアした投稿

長い山越えの区間は、緑豊かな山々の様子やのどかな田んぼの風景に癒されます。

提供:近畿日本鉄道株式会社

池の浦〜鳥羽間では海沿いを走行。

太陽に照らされて光り輝く海を眺めながら、心地よい時間を過ごせます。

この投稿をInstagramで見る

@_hwami_2がシェアした投稿

ミキモト真珠島や鳥羽水族館を眺めながら、まさに志摩に吹くさわやかな風を満喫できる区間ですよ。