【宮城】冬の「秋保温泉」2泊3日旅!温泉三昧&神秘的な磊々峡を巡る

更新日:2020年12月04日

寒い季節は温泉や体の芯まで温まる食べ物が恋しくなるもの。そんな時はぜひ、宮城県にある秋保(あきう)温泉に出かけてみませんか?大自然に囲まれたこの土地だからこその絶景と、そして心温まる温泉が待っています。今回はそんな秋保温泉を巡る2泊3日の旅プランをご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・2泊3日でゆっくり温泉旅行に出かけたい
・有名観光地はしっかりと見ておきたい
・郷土料理を堪能したい

旅のしおり

【Day1】

ゆったりお昼スタート、観光に費やす時間はたっぷり余裕をもって回れるスケジュールです。

〈12:00〉秋保温泉・里センターに到着
秋保温泉のバス停に到着。秋保温泉2泊3日観光スタート!

〈12:30〉手打ちそば「筑波」でランチ
手打ちそば筑波で「天ざるそば」をいただきます。

〈14:30〉秋保温泉共同浴場で入浴
「秋保温泉共同浴場」で移動の疲れを癒します。

〈16:00〉秋保温泉街を散策
秋保温泉街を歩いて温泉地気分を満喫します。

〈17:30〉ホテルにチェックイン
秋保温泉街にある宿泊施設にチェックインします。

【Day2】

〈10:30〉秋保の郷ばんじ家で朝風呂を堪能
名取川のせせらぎを聴きながら温泉を楽しみます。

〈12:30〉食事処 マルタコでランチ
食事処 マルタコで「上とんかつ定食」をいただきます。

〈13:30〉主婦の店さいち
行列もできる主婦の店さいちでおやつに名物おはぎを購入します。

〈14:30〉磊々峡
名取川に浸食された美しい奇石を楽しみます。

〈17:30〉ホテルにチェックイン
秋保温泉街にある宿泊施設にチェックインします。

【Day3】

〈11:00〉奥州秋保温泉蘭亭で入浴
うる肌になれるとして評判の温泉を堪能します。

〈13:00〉森のオーブン ドットーレでランチ
ピザ生地はもちろん、チーズにまでこだわった「4種のチーズピザ」をいただきます。

〈15:00〉秋保温泉街でお土産散策
秋保温泉街でお土産ショッピングをします。

〈17:00〉秋保温泉・里センターを出発
帰路に着きます。

秋保温泉2泊3日の旅スタート

【Day1】秋保温泉・里センターバス停に到着

〈12:00〉
秋保温泉2泊3日の長旅は秋保温泉・里センターからはじまります。

<参考>
【新幹線】東京駅から東北新幹線(やまびこ・はやて)→川崎・西部ライナーに乗り換えで約2時間
【高速バス】東京から高速バスを利用→川崎・西部ライナーに乗り換えで約6時間半

少し時間があったら足湯やCafeHACHIでバスの疲れをとるのもおすすめです。

館内には秋保温泉郷観光案内所があり、宿泊情報案内や観光パンフレットをもらうことができます。

また、秋保温泉郷でサイクリングをしたいという方は、9:00~17:00の間レンタサイクルが無料で利用できます。

<施設詳細>
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元字寺田原40番地の7
・電話番号:022‐304‐9151
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約10分

【Day1】手打ちそば筑波で“天ざるそば”をいただく

〈12:30〉
秋保の名物である「そば」を手打ちそば筑波(つくば)で堪能しましょう。

秋保はそば畑があり、そばの産地としても有名。

そんな秋保の蕎麦の中でも地元の人にも愛される和食のお店は秋保温泉街の中心で営業しています。

手打ちそば筑波のおすすめメニューは「天ぷらそば」(1,200円)です。サクサクの天ぷらと本格的なそばを味わえます。

店内の雰囲気は古民家のような追いついた雰囲気ですので、ゆっくりとそばを頂くことができます。

<店舗詳細>
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師23
・電話番号:022-398-2331
・営業時間:11:30~23:00
・定休日:火曜日
・観光マップ:Day1 B地点


↓徒歩約5分

【Day1】秋保温泉共同浴場で入浴

〈14:30〉
一日目は「秋保温泉共同浴場」で温泉に浸かりましょう。
湯はやや熱めが特徴です。

秋保温泉共同浴場は源泉から直接お湯を引いている人気の共同浴場となっています。

リピーターも多く、神経痛や腰痛に効く弱塩泉の泉質です。

施設内の雰囲気は下町の銭湯といったところでしょうか。
小さな浴槽の素朴な雰囲気を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごしましょう。

<施設詳細>
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師100
・電話番号:022-398-2774
・営業時間:7:30~21:00
・入浴料:お一人様~/大人300円、小学生200円
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約5分

【Day1】秋保温泉街を散策

〈16:00〉
1日目の最後は秋保温泉街を歩いて温泉地気分を満喫していきましょう。
山や川、歴史ある温泉街を堪能しながら、ゆっくりと流れる時間を味わえます。

温泉に入った後ですので、湯冷めしないようにしましょう。

少し歩いた場所には秋保工芸の里の「玩愚庵こけし屋」があります。

ここでは平成3年に「農林水産大臣賞」、平成27年に「内閣総理大臣賞」を受賞した鈴木明さんが作ったこけしを見ることができます。

もし体力に余裕があればぜひ立ち寄ってみてください。


↓徒歩約5分~10分

ホテルにチェックイン
〈17:30〉
秋保温泉街にある宿泊施設にチェックイン。

まだまだ旅は続きますので、ゆっくりと休みましょう。

【Day2】

ホテル出発。


↓徒歩約10分

【Day2】秋保の郷ばんじ家で立ち寄り湯

〈10:30〉
2日目は約1500年前に開湯した日本三大御湯である秋保の故郷ばんじ家で立ち寄り湯を楽しみましょう。

1日目の温泉とはまた違った雰囲気の温泉を楽しむことができます。

最古の温泉ながらも浴室は新しく、浴場の窓からは自然豊かな美しい景色が見渡せます。また温泉の効能は神経痛や筋肉痛、関節痛などがあるため、日々の疲れを癒すことができます。

提供:秋保の郷ばんじ家

ふるさとに立ち寄ったかのような落ち着いた佇まいを味わいながら、日々の喧噪を忘れてみてはいかがでしょうか。

<施設詳細>
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師40-2
・電話番号:022-397-3156
・営業時間:10:00~14:00(月曜日は11:30~営業)
・入浴料:お一人様~/大人500円、中学生400円、小学生200円
・観光マップ:Day2 A地点


↓徒歩約10分~15分

【Day2】食事処 マルタコで“上かつ丼”を堪能

〈12:30〉
二日目のお昼は食事処 マルタコで「上かつ丼」(1,100円)を頂きます。

ボリュームのあるかつと卵が絶妙な味を引き出しており、人気のメニューとなっています。

手打ちそばも人気のお店ですので、お腹に余裕がある方はおそばと上かつ丼を召し上がってはいかがでしょうか。

お店の雰囲気は地元の食堂といったところで、落ち着きながら食事をすることができます。

<店舗詳細>
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯向3−10
・電話番号:022-397-1491
・営業時間:11:00~19:00
・定休日:木曜日
・観光マップ:Day2 B地点


↓徒歩約10分

【Day2】主婦の店さいちで食後のデザートを楽しむ

〈13:30〉
お昼を頂いた後は「主婦の店さいち」で食後のデザートを食べましょう。
地元メディアにも登場し、行列もできる「名物おはぎ」が主婦の店さいちのおすすめです。

提供:主婦の店 さいち

おはぎは「あんこ」「ごま」「きなこ」「なっとう」(2個入り250円から)の4種類あり、デザートなら「あんこ」「ごま」「きなこ」、変わり種を食べたい方は「なっとう」を食べてみましょう。

購入してすぐに食べるもよし、この後行く観光スポットを巡りながらおやつタイムをとってもよいでしょう。

<店舗詳細>
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師27
・電話番号:022-398-2101
・営業時間:9:00~19:00
・定休日:水曜日
・観光マップ:Day2 C地点


↓徒歩約15分~20分

【Day2】磊々峡(らいらいきょう)

〈14:30〉
名取川に浸食された、美しい奇石(きせき)や巨岩を楽しむことができる淵(ふち:河川の流水が緩やかで深みのある場所)です。

秋保石の浸食により形成された磊々峡は全長650m、最大の深さが20mと非常に大きい淵となっています。

主婦の店さいちで購入したおはぎを自然を見ながら食べるのも中々おつなものですよ。

覗橋の下には浸食によりハートの形となった窪みがあります。

磊々峡のハートはNPO法人の恋人の聖地プロジェクトにより恋人の聖地に認定されていますので、カップルやご夫婦で起こしの方はぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

<スポット詳細>
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元枇杷原
・観光マップ:Day2 D地点


↓徒歩約15分~20分

【Day2】ホテルにチェックイン
〈17:30〉
秋保温泉街にある宿泊施設にチェックインします。

最終日に備えて早めに休み、しっかりと疲れをとりましょう。

【Day3】

ホテル出発。


↓徒歩約5分~10分

【Day3】奥州秋保温泉蘭亭で立ち寄り湯

〈11:00〉
三日目の温泉は奥州秋保温泉蘭亭(おくしゅうあきうおんせんらんてい)で立ち寄り湯を楽しみましょう。

お風呂上りはロビーラウンジ「曲水(きょくすい)」で曲水庭苑(きょくすいていえん)を見ながらゆったりとした時間を味わえます。

キッズスペースや売店も充実していますので、ゆったり休むのも良し、奥州秋保温泉蘭亭を隅々まで満喫するのも良しです。

提供:奥州秋保温泉蘭亭

立ち寄り湯の後はお昼ごはんですので、お腹を空かせるために曲水庭苑を歩いてみても良いかもしれません。

雪が降った時は雪化粧した曲水庭苑が見れますよ。

<施設詳細>
・住所:仙台市太白区秋保町湯元字木戸保7-1
・電話番号:022-397-1515
・営業時間:立ち寄り湯 11:00~17:00(受付は16:00まで)
・定休日:火曜日
・入浴料:お一人様~/大人900円、中学生830円、小学生500円
・観光マップ:Day3 A地点


↓徒歩約5分

【Day3】森のオーブン ドットーレで絶品ピザを堪能

〈13:00〉
三日目のお昼は森に囲まれた自然の中でランチが楽しめるお店「森のオーブン ドットーレ」でピザを堪能しましょう。

森のオーブン ドットーレのおすすめメニューは、薪釜で焼くもちもち生地のピザである「4種のチーズピザ」(1,500円)です。オリジナル国産小麦と天然酵母のブレンド生地とチーズのハーモニーを楽しみましょう。

店内はモダンな雰囲気を漂わせながらも田舎の家の様なアットホームな空間となっています。

ピザ窯がカウンターの前に設置されていますので、焼いている様子を見学することができます。

<店舗詳細>
・住所:太白区秋保町湯元字釜土1
・電話番号:022-797-5681
・営業時間:11:00 〜17:00(L.O. 16:00)
・定休日:水曜日
・観光マップ:Day3 B地点


↓徒歩約10分

【Day3】秋保温泉街でお土産散策

〈15:00〉
旅の最後は自分への、そして友人へのお土産選びです。

秋保ならではのお土産で、自宅に帰ってからも秋保温泉の余韻に浸るのもいいですね。

【おすすめお土産】みそかりんとう

秋保のお土産といったらみそかりんとうは欠かせません。
秋保産の大豆やお米で作られており、郷土の味を存分に堪能できます。

定番のかりんとう6種類のほか、期間限定のかりんとうもあります。
それぞれの味噌の味を再現したかんりんとうですので、一度は食べてみることをおすすめします。

秋保温泉の宿泊施設の売店など様々な場所で購入可能です。

【おすすめお土産】秋保ワイナリーの「シードル」

お酒が好きな方が周りにいらっしゃる方は秋保ワイナリーの“シードル”をお土産にしてみてはいかがでしょうか。

秋保ワイナリーのシードル辛口は2019年にジャパン・シードル・アワードにて星3つを受賞しており、お土産にも最適です。

<店舗詳細>
みそかりんとう(宿泊施設の売店)

秋保ワイナリー
・住所:宮城県仙台市太白区秋保町湯元枇杷原西6
・電話番号:022-226-7475
・営業時間:9:30~17:00
・定休日:火曜日
・観光マップ:Day3 C地点


↓徒歩約10分~15分

【Day3】秋保温泉・里センターを出発

〈17:00〉
ゆったりとした時間を味わいつつ、日々の疲れを癒す秋保温泉2泊3日旅もここで終わりとなります。

秋保温泉街は自然豊かで普段の忙しさを忘れることができる場所です。「ゆっくりとした時間を過ごしたい」と思ったらまた訪れてみてはいかがでしょうか。

観光マップ

【Day1】


A:秋保・里センター
B:手打ちそば筑波
C:秋保温泉協同浴場
D:玩愚庵こけし屋

【Day2】


A:秋保の里ばんじ家
B:マルタコ
C:主婦の店 さいち
D:磊々峡

【Day3】


A:奥州秋保温泉 蘭亭
B:森のオープンドットーレ
C:秋保ワイナリー
D:秋保・里センター

冬だからこそ見れる絶景と温泉を楽しむ旅へ出かけよう

今回は「冬の秋保温泉を堪能する2泊3日旅」プランをご紹介しました。

秋保でゆったりとした時間を過ごしつつ、美しい景色や自然を間近に感じながらの温泉など見どころ満載です。

美味しいグルメもたくさんあるので、今回の旅で味わっていないお店がありましたら、また秋保を訪れてみてはいかがでしょうか。

<関連記事>
・伊達政宗も度々訪れた奥州三名湯!秋保温泉の歴史と見所
・<2020年版>秋保温泉グルメ決定版10選!郷土料理&珍スイーツも