出典:写真AC

【山形】朝ドラで有名な「銀山温泉」1泊2日旅!名物のお蕎麦に美しい景観の街並み

更新日:2020年12月11日

寒さが厳しくなる季節になり、どこか温泉にでも出かけたいと思われている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、山形県の「銀山温泉1泊2日旅プラン」をご紹介していきます。タイムスケジュールに余裕を持たせながらも、有名観光地をしっかり押さえたプランになっています。温泉にのんびり浸かりたいという方はもちろん、周辺の有名観光地もしっかり見ておきたいという方にもおすすめです。各スポットの移動はすべて徒歩圏内で巡れますよ。ぜひご覧ください。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・1泊2日の温泉旅行へ出かけたい
・散歩も兼ねて徒歩で観光地を巡りたい
・甘いものが好き

旅のしおり

【Day1】

〈12:00〉銀山温泉バス停着
ゆとりをもってお昼から観光スタート!

〈12:30〉宿泊宿にチェックイン
早めのチェックインができれば、まずは荷物は宿に置けると移動が楽になります。
チェックイン時間が夕方の場合はそのままランチへ。

〈13:00〉伊豆の華でランチ
「揚げ茄子おろしそば」は、喉越しよいお蕎麦と揚げ茄子おろしの組み合わせが絶妙。
朝ドラ名物「おしんめし」や「そばぜんざい」もおすすめです。

〈15:00〉銀山温泉街散策
足湯や名物の饅頭を楽しみながら、レトロ感満載の街並みを散策します。
思わず写真に残したくなる、どこかホッとする風景がここにはあります。

〈17:00〉宿にチェックイン

〈19:00〉銀山温泉街散策
夜は温泉街の灯がともり、昼とはまた違った情緒ある風景に。

【Day2】

〈10:00〉宿を出発
渓流沿いの白銀の滝に向かいます。

〈10:10〉白銀の滝と白銀公園散策
渓流沿いの散策コースをのんびり散策。

〈12:00〉そば処滝見亭でランチ
地元尾花沢産のそば粉を使う「挽き立てそば」をいただきます。

〈14:30〉銀山温泉街でお土産散策
チーズまんじゅうや銀山饅頭が定番です。

〈16:00〉銀山温泉出発

銀山温泉1泊2日観光スタート

【Day1】銀山温泉バス停到着!

〈12:00〉
バス停前の「ようこそ銀山温泉へ」と書かれた案内板がお出迎えしてくれます。レトロな街並みがお出迎えしてくれる銀山温泉の旅がここからスタートです。

銀山温泉バス停に到着して5分も歩けば、大正のレトロな雰囲気が残る銀山温泉が見えてきます。銀山温泉街入口には名物の銀山温泉まんじゅうを販売する「めいゆう庵」や、無料で入れる足湯もあります。

まずは「銀山温泉まんじゅう」を味わってみるのはいかがでしょうか。甘さを抑えた飽きのこない味は甘い物好きな人はもちろん、普段あまり甘い物を食べない人でもペロリといけますよ。

「めいゆう庵」で名物・銀山まんじゅうを堪能(110円)


めいゆう庵では銀山温泉まんじゅうの他にも、揚げまんじゅうやかりんとまんじゅうもあります。

どのお饅頭もおいしくてお土産としても人気が高いです。買って宿に持ち帰り、食べ比べをしてお土産を決めてもいいですね。

<店舗詳細>
・住所:山形県尾花沢市大字新畑438-2
・電話番号:0237-28-2588
・営業時間:8:00~18:00
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約5~10分

【Day1】宿泊宿にチェックイン

〈12:30〉
まずは宿にチェックインして、着替えなどの荷物を置いてくることで身軽に散策ができます。もし宿のチェックイン時間がまだなら、フロントに預けるか、そのままお腹を満たしに行きましょう。


↓徒歩約5分

【Day1】伊豆の華で「揚げ茄子おろしそば」を堪能

〈13:00〉
まずはランチをとりに「伊豆の華」へ。

伊豆の華は昭和27年の創業の歴史あるお店で、銀山温泉の街並みをゆっくり眺めながらランチができる人気店です。なぜ伊豆なのかというと、店主の方の名字が「伊豆」なのだからだそう。

お店の建物や入口の看板もレトロで風情漂い、いい味を出していますね。写真に収めるなら川の対岸からの撮影がおすすめです。レトロな雰囲気のお店全体がうまく収まります。

伊豆の華でおすすめなのは「揚げ茄子おろしそば」(1,200円)。喉越しよい蕎麦に、揚げ茄子と大根おろしがつゆによく絡み口の中で見事に調和してくれます。茄子と大根おろしの組み合わせが美味しい伊豆の華で一番人気のメニューです。

ほかにも、ぷりっぷりのエビが乗った天丼や、てんぷらセット、銀山温泉名物の「おしんめし」などさまざまなお食事があるので蕎麦が苦手な方も安心です。

おしんめしは、刻んだ大根や大根の葉などがご飯に混ぜ合わせられたご飯で、1982年から放映され大人気となったNHKの連続テレビ小説「おしん」で食べられていたご飯が再現されています。おしんの舞台で銀山温泉が使われたことから、銀山温泉で提供される人気メニューとなりました。

デザートにもう一品ほしいときや、あまりお腹が空いていない人には、白玉がそば粉でできた「そばぜんざい」がおすすめ。

そば粉で作られた白玉は、ほんのり蕎麦の風味を感じる素朴な味わいのぜんざいです。

<施設詳細>
・住所:山形県尾花沢市大字銀山新畑440
・電話番号:0237-28-2036
・営業時間:(ランチ)11:00~14:30 (カフェ)14:40~18:00 (お酒)18:00~22:30(ラストオーダー 22:00 )
・観光マップ:Day1 B地点


↓徒歩約5分

【Day1】銀山温泉街散策

〈15:00〉
お腹を満たした後は銀山温泉街の散策に出かけましょう。銀山温泉と言えば何といっても、大正時代にタイムスリップしたかのようなレトロ感溢れるの街並みです。

あちこちで趣が感じられる銀山温泉ですが、中でも登録有形文化財にも登録されている「能登屋旅館」は必見です。

能登屋旅館は「銀山温泉の顔」とも言われる旅館で、テレビなどでも度々登場するのでその姿を見たことがある人もいるかもしれません。荘厳な雰囲気の能登屋旅館は写真に収めても存在感バツグンです。銀山温泉を訪れた記念に写真撮影しておくのも良いですね。

旅の疲れを癒したい人には、銀山温泉街の入り口付近に足湯「和楽足湯(わらしゆ)」もありますので、足湯に浸かって疲れを癒す時間を取るのもおすすめです。

足湯「和楽足湯」でリラックス

和楽足湯は川面や、銀山温泉の街並みを見ながら足湯に浸かれるとても雰囲気の良い人気の足湯です。24時間無料で楽しめるのもポイント。いつでも好きな時に足湯を楽しむことができます。

やや熱めのお湯になっているので、短時間浸かるだけでも全身を温め癒してくれます。

<施設詳細>
・住所:山形県尾花沢市銀山新畑地内
・電話番号:-
・営業時間:24時間
・観光マップ:Day1 C地点

野川とうふやでコクのある手作り豆腐を堪能

銀山温泉街散策では風景や足湯が楽しめるほかにも、人気の立ち食い豆腐もあります。

立ち食い豆腐の「野川とうふや」では、手づくりの豆腐や生あげ豆腐が堪能できます。野川とうふやの豆腐(170円)は大豆の甘味が感じられるどこか昔懐かしい豆腐です。大豆の風味を感じられる味わい深い豆腐は特性のタレともよく絡みます。

来店のタイミングがよければ、美味しさ格別の揚げたての生揚げ豆腐がいただけるかもしれません。休日など観光客が多い日は行列のできる人気店なので、来店の際は時間にゆとりをもって行くのがおすすめです。

<施設詳細>
・住所:山形県尾花沢市銀山新畑427
・電話番号:0237-28-2494
・営業時間:7:30~ 売り切れ次第終了(通常15:00前後)
・観光マップ:Day1 D地点


↓徒歩約5分


【Day1】宿に戻ってお風呂と夕食

〈17:00〉
銀山温泉街の宿に宿泊。

銀山温泉の散策が終わったら、宿にチェックインを行い、お風呂と夕食をゆっくりと堪能しましょう。到着してすぐに宿にチェックインしている場合は部屋で軽く一休みしてからお風呂や食事もいいですね。

宿でお風呂と夕食を終えた後、再び銀山温泉街の中に出てみると昼間とはまた違った雰囲気の温泉街が見られます。

提供:尾花沢市商工観光課

体力に余裕があれば、夜風にあたりながらぜひ夜の銀山温泉街を歩いてみてください。

【Day2】

〈10:00〉
宿を出発。

2日目のスタートは渓流沿いに白銀の滝に向かいます。


↓徒歩約5分


【Day2】白銀の滝と白銀公園散策

〈10:10〉

白銀の滝は銀山温泉の観光名所の一つです。落差22mとそれほど規模は大きくありませんが、滝つぼ近くまで行けるのでマイナスイオンをたっぷり浴びられ、自然を感じてリラックスすることができます。

渓流沿いには歩きやすい散策コースが整備され、白銀公園へとつながっており、自然の中をのんびり散策することができます。

白銀の滝の先へと続く散策路は、途中に延沢銀坑洞(のべざわぎんこうどう)を通り抜けて回ることができるようになっています。延沢銀坑洞は江戸初期に大銀山として名をはせた国指定史跡の坑洞を無料で見学できるスポットです。およそ1時間半ほどのコースとなっていますので、ゆっくり自然を感じながら散策してみてはいかがでしょうか。

散策路には途中に緩やかに続く階段や上り下りの場所も。体力や足腰に自信のない人は様子を見ながら、決して無理をせずに散策をするようにしましょう。

<観光地詳細>
・住所:山形県尾花沢市大字銀山新畑
・電話番号:-
・営業時間:
・観光マップ:Day2 A・B地点


↓徒歩約5分

【Day2】そば処滝見亭で挽き立てそばをいただく

〈12:00〉
そば処滝見亭は、地元尾花沢産のそば粉を使い「挽きたて、打ち立て、茹でたての蕎麦を最適な状態で提供する」がコンセプトの蕎麦にとことんこだわったお店。

挽きたてなので蕎麦の香りが口いっぱいに広がります。

あっさりとした鴨つけ汁で、細めの麺とよく絡みますよ。

お通しとして出てくる、キクラゲの漬物と、キュウリのお新香、サクランボと、きな粉餅も絶品です。

<施設詳細>
・住所:山形県尾花沢市銀山新畑450-1
・電話番号:0237-28-2164
・営業時間:11:30~13:30
・観光マップ:Day2 C地点


↓徒歩約5~10分

【Day2】銀山温泉街でお土産散策

〈14:30〉
最後は銀山温泉旅行の締めくくり、お土産散策。レトロな雰囲気の温泉街ともお別れなので、色々と巡りながら旅の思い出品やお土産選びを楽しんでくださいね。

銀山温泉おすすめのお土産「銀山まんじゅう」


銀山温泉のお土産と言えば真っ先に名が上がるのが銀山温泉まんじゅう(1個110円)で、「黒糖」と「ごま」の2種類があります。

黒糖まんじゅうは黒糖が練り込まれた生地に、あんはこしあんがベースとなりわずかに粒あんが残っています。生地の黒糖の風味が上手くマッチした美味しいまんじゅうです。

ごままんじゅうはゴマの風味のゴマ餡を竹炭入りの黒い生地で包んだ、見た目のインパクトもある饅頭になっています。

<店舗詳細>
・住所:山形県尾花沢市大字新畑438-2
・電話番号:0237-28-2588
・営業時間:8:00~18:00
・観光マップ:Day2 D地点

銀山温泉おすすめのお土産「チーズまんじゅう」

大正ロマン館で購入できるチーズまんじゅうは、コクのあるたっぷりのナチュラルチーズを包みこんで蒸し上げたまんじゅうです。チーズと生地が口のなかで上手く調和し、まろやかで深みのあるチーズの味わいが楽しめます。

<店舗詳細>
・住所:山形県尾花沢市大字上柳渡戸字十分一364-3
・電話番号:0237-53-6727
・営業時間:9:00~17:30
・観光マップ:Day2 E地点


↓徒歩約10分

【Day2】銀山温泉を出発

〈16:00〉

1泊2日の銀山温泉旅はいかがでしたでしょうか。あっという間の時間ではありますが、銀山温泉を楽しんでいただけたと思います。

銀山温泉は昼と夜だけでなく、季節が変わればまた違った顔を見せてくれるので、各シーズンで訪れてみるのもおすすめです。

観光マップ

【Day1】


A:銀山温泉バス停
B:伊豆の華
C:足湯 和楽足湯
D:野川とうふ屋

【Day2】


A:白銀の滝
B:白銀公園
C:そば処滝見亭
D:めいゆう庵
E:大正ロマン館
F:銀山温泉バス停

いますぐ銀山温泉へでかけよう

出典:写真AC

今回は、「銀山温泉1泊2日旅プラン」をご紹介しました。レトロ感漂う銀山温泉で、どこか懐かしさを感じられる風景と温泉やグルメを思う存分楽しまれてください。

<関連記事>
・まるでタイムスリップ!情緒溢れる街並みの銀山温泉-500年の歴史を辿る-