提供:尾花沢市商工観光課

【山形】王道から穴場まで「銀山温泉」2泊3日旅!幻の焼き物に銀山カレーも

更新日:2020年12月11日

寒さで身体が冷える季節になり、どこか温泉にでも行きたいと思う方もいるのではないでしょうか。 そこで今回は、山形県の「銀山温泉2泊3日旅プラン」をご紹介します。銀山温泉の観光地を王道から穴場までしっかりと押さえつつ、温泉に浸かる時間を多めにご用意したプランになっています。温泉にゆったりと浸かることで体を芯から温め、体温を上げて免疫力のアップも期待できますよ。 観光スポットはすべて徒歩圏内ですので、徒歩散策したい方にもおすすめです。ぜひ銀山温泉を心ゆくまで満喫してください。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・ゆったりできる温泉旅行へ出かけたい
・散歩も兼ねて徒歩で観光地を巡りたい
・甘いものが好き

旅のしおり

【Day1】

〈12:00〉銀山温泉バス停到着
のんびりお昼到着で観光スタート!

〈12:30〉伊豆の華でランチ
銀山温泉街を眺めながらのんびりランチ。
揚げ茄子のおろしそばや、おしんめしをいただきます。

〈14:00〉銀山温泉街を散策
昔にタイムスリップしたかのような情緒溢れる温泉街を散策。
立ち食い豆腐もいただきます。

〈15:00〉宿にチェックイン
ゆっくりと温泉に浸かり疲れを癒し、お食事を楽しみます。

〈19:00〉銀山温泉ライトアップ観光
ライトに明かりが灯り、昼間とはまた違った趣ある景観を楽しみます。
体力に余裕があればぜひ夜の銀山温泉を散策してみてください。

【Day2】

〈10:00〉宿を出発

〈10:10〉白銀の滝と白銀公園散策
渓流沿いの散策コースをのんびり散策。
近くの人気カレーパンもいただきます。

〈12:30〉そば処滝見館でランチ
滝を眺めながら、風味豊かな味わいの「鴨蕎麦」をいただきます。

〈14:30〉共同浴場 しろがね湯
やや熱めのお湯の温泉を楽しみます。

〈16:30〉銀山温泉街散策
お風呂のあとはのんびり温泉街を散策。

〈17:30〉宿に到着

【Day3】

〈10:00〉宿を出発

〈10:30〉上の畑焼陶芸センター
幻の「上の畑焼陶芸」の鑑賞や絵付けを体験します。

〈12:00〉古勢起屋別館でランチ
ランチは1Fのレストランで「銀山カレー」を堪能。

〈14:30〉銀山温泉街でお土産散策
チーズまんじゅうや銀山饅頭が定番。

〈17:00〉銀山温泉出発

 

銀山温泉2泊3日観光スタート

【Day1】銀山温泉バス停到着!

〈12:00〉
銀山温泉満喫の旅がここからスタート!
バス停前の「ようこそ銀山温泉へ」と書かれた案内板がお出迎えしてくれます。

銀山温泉バス停から徒歩で2~3分ほど歩くと、大正のレトロな雰囲気が残る銀山温泉街が見えてきます。銀山温泉街の入口には、名物銀山温泉まんじゅうを販売する「めいゆう庵」や無料で入れる足湯もあります。

<施設詳細>
・住所:山形県尾花沢市銀山新畑
・観光マップ:Day1 A地点

「めいゆう庵」で名物・銀山まんじゅうを堪能

銀山温泉に着いたらまずは「銀山温泉まんじゅう」(110円)を味わってみてはいかがでしょうか。

 

この投稿をInstagramで見る

 

露木 利光(@tosshi_timon_disney)がシェアした投稿

甘さを抑えた飽きのこない味は甘い物好きな人はもちろん、普段あまり甘い物を食べない人でもペロリと食べられてしまいます!

<店舗詳細>
・住所:山形県尾花沢市大字新畑438-2
・電話番号:0237-28-2588
・営業時間:8:00~18:00
・観光マップ:Day1 B地点


↓徒歩約5~10分

【Day1】伊豆の華で朝ドラ名物「おしんめし」

〈12:30〉
まずはランチをとりに「伊豆の華」へ。

伊豆の華は昭和27年の創業の歴史あるお店で、銀山温泉の街並みをゆっくり眺めながらランチができる人気店です。なぜ伊豆なのかというと、店主の方の名字が「伊豆」なのだからだそう。

伊豆の華では銀山温泉の名物料理「おしんめし」(650円)がおすすめ。

おしんめしは、銀山温泉が舞台になった1982年放映の連続テレビ小説「おしん」で登場したご飯を再現したもので、雑穀に大根や大根の葉を加えています。シンプルながら味わい深く、美味しいご飯です。

伊豆の華では他にも「揚げ茄子おろしそば」や山形名物の「板そば」、ぷりぷりのエビが乗った天丼などがあります。

中でも揚げ茄子おろしそばは喉越しよい蕎麦と、揚げ茄子と大根おろしがつゆによく絡むとても美味しい人気メニューです。

<施設詳細>
・住所:山形県尾花沢市大字銀山新畑440
・電話番号:0237-28-2036
・営業時間:(ランチ)11:00~14:30 (カフェ)14:40~18:00 (お酒)18:00~22:30(ラストオーダー 22:00 )
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約10分

【Day1】銀山温泉街散策

〈14:00〉
大正時代にタイムスリップしたかのようなレトロで情緒ある銀山温泉街を散策します。歩いているだけで温泉街に来た実感が味わえ、思わず写真に残したくなる景観も多いでしょう。

銀山温泉街散策では、無料の足湯や立ち食い手づくり豆腐もいただけます。

足湯「和楽足湯」でリラックス

足湯「和楽足湯(わらしゆ)」では川面を見ながら24時間無料で足湯が楽しめます。

やや熱めの足湯になっているので、浸かる前に温度を確かめてださいね。短い時間でも全身を温めてくれますよ。

野川とうふやでコクのある手作り豆腐を堪能

野川とうふやでは、立ち食いで手づくり豆腐(170円)がいただけます。

野川とうふやの豆腐からは、大豆の甘味が感じられ、どこか昔懐かしい味で特性のタレともよく絡みます。

来店のタイミングがよければ、美味しさ格別の揚げたての生揚げ豆腐が食べられるかもしれません。休日など観光客が多い日は行列のできる人気店なので、来店の際は時間にゆとりをもって行くのがおすすめです。

<施設詳細>
和楽足湯
・住所:山形県尾花沢市銀山新畑地内
・電話番号:なし
・営業時間:24時間
・観光マップ:Day1 D地点

野川とうふや
・住所:山形県尾花沢市銀山新畑427
・電話番号:0237-28-2494
・営業時間:7:30~ 売り切れ次第終了(通常15:00前後)
・観光マップ:Day1 E地点


↓徒歩約10分

【Day1】宿泊宿にチェックイン

〈15:00〉
温泉街にある宿にチェックインします。

1日目は移動で疲れている方もいるかと思いますので、のんびりと宿の温泉に浸かって身体を休めましょう。お食事もゆっくりと堪能してください。

宿で夕食と休憩を取った後、体力に余裕があればぜひ夜の銀山温泉街を歩いてみてください。昼間とはまた違った雰囲気の温泉街が見られます。

提供:尾花沢市商工観光課

街中が明かりで色付けされ、幻想的な景色が楽しめます。
ガス灯の街灯が街中を優しく照らし、より銀山温泉のレトロ感が高まる演出をしています。

【Day2】

〈10:00〉
銀山温泉2泊3日の旅の2日目スタート!

2日目はまず渓流沿いに白銀の滝に向かいます。


↓徒歩約5分~10分