出典:写真AC

電気風呂とは?気になる効果と3つの注意点

更新日:2021年1月8日

銭湯やスーパー銭湯で「電気風呂」と書いてあるお風呂を見かけたことがある方もいると思います。 「電気」と書いてあることから 「なんとなく怖いイメージ」 「ビリビリして危ないのではないか」 といったイメージをお持ちの方もいることでしょう。 実は、電気風呂には期待できる嬉しい効果があるのです! 今回の記事では電気風呂の効果と注意点をご紹介します。正しい入浴方法を知って、効果的に電気風呂を利用していきましょう!

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

電気風呂とは

出典:写真AC

電気風呂の仕組み

電気風呂は、浴槽の中に設置されている電極から体に害がない程度の電圧で電流を流し、その電流が体内のイオンを調節してくれるお風呂です。

もちろん、電流が流れるため、電気風呂に浸かるとビリビリと感じます。

電気風呂には、

・ソフトタイプ
・マッサージタイプ
・マルチタイプ

など、さまざまな種類があります。

最近では、浴槽全体に電流が流れる「マルチタイプ」と呼ばれる電気風呂が主流のようです。

電気風呂に浸かると「痛い」と感じるのはなぜ?危険性は?

電気風呂に浸かると、人によっては「痛い」と感じることがあります。

浴槽内に設置されている「電極」と呼ばれるところに近寄れば近づくほど、ビリビリ感は強まります。

そのため、電極に近づくとほとんどの方が「ビリビリしすぎている」「痛い」などと感じます。

この痛みを感じる原因は、電流が流れることによって筋肉に刺激が伝わり、収縮するためです。

「痛いから危険」ということは一切ありませんので安心してください。

逆に、自分にあった電気風呂の浸かり方を見つければ、うれしい効果が期待できます。

電気風呂で得られる効果

出典:写真AC

電流によって筋肉が刺激されることによって期待できる効果は以下の通りです。

・血行改善
・むくみや冷え性の改善
・慢性疲労の改善
・肩こりや腰痛などの軽減

ただし、電気風呂の電流は表層の浅いところまでしか届きません。

肩こりや腰痛が改善できるほどの効果は期待できず、あくまでも一時的な軽減に過ぎません。電気風呂に浸かる頻度を増やしたり、定期的に入浴するなどしてうまく活用することがおすすめです。

参考:はしもと整骨院相模原院|意外と知らなかった【電気風呂】とは

電気風呂に入浴する際に注意したい3つのこと

出典:写真AC

電気風呂の効果に期待を寄せる方もいらっしゃると思いますが、浸かる前に注意していただきたい点が3つあります。

アクセサリー類は必ず外すこと

電気風呂に入る前には、必ずアクセサリー類は外すようにしてください。

ネックレスやブレスレット、指輪などを身につけている部分に強い電流が流れる可能性があるため大変危険です。

アクセサリー類を身につけていないか、入浴前に必ず確認するようにしましょう。

高血圧の方の入浴は控えよう

高血圧の方が電気風呂に浸かる場合、血行が良くなりすぎて悪化してしまう可能性があります。ご自身の判断での入浴を控えてください。

電気風呂に興味があるという方は、かかりつけ医に事前に相談することをおすすめします。

ペースメーカーなど医療機器を身につけている方の入浴は厳禁

ペースメーカーなどの医療機器を身につけている方は、絶対に電気風呂に浸からないでください。

電気風呂から流れる電流によって機器がダメージを受け、生死にかかわる恐れがあります。

電気風呂の効果的な入浴方法

出典:写真AC

ここでは、電気風呂の効果的な入浴方法をご紹介します。

電気風呂に入る前に身体をしっかり温める

電気風呂に入る前には、事前に別のお湯に浸かって身体を温めておきましょう。

身体を温めることで、電気風呂に浸かっても不快感を感じにくくなります。

また、いきなり全身浸かるのではなく、手や足で電流の刺激を確かめてから浸かるとより安心です。

電気が苦手な方は電極から離れたところから

電気風呂は、浴槽内にある電極に近づけば近づくほど、電気を感じやすくなります。

・はじめて電気風呂に浸かる
・ビリビリがどんな感じかわからず不安

といった方は、最初は電極から離れた場所に浸かりましょう。

「少しビリビリしてきたけどこれなら大丈夫」と思ったら少しずつ電極に近づいて自分が気持ち良いと感じる場所で電気風呂を楽しんでください!

ただし、絶対に無理はしないでください。

痛みを我慢して電気風呂に浸かり続けることは、トラブルに繋がりかねないため避けましょう。

長風呂に気をつけて!

電気風呂では、長風呂は厳禁です。

どんなに長くても3分ほどで電気風呂から出るようにしてください。
また、浸かる回数は1日2~3回を目安にしましょう。

電気風呂に1日に何十回も浸かったり、何十分~何時間と長時間浸かると危険を伴います。

そのため、決められた入浴回数・時間を守るようにしてください。

電気風呂で血行を促進させて健康な体を目指そう!

出典:写真AC

今回の記事では、電気風呂に浸かることで期待できる効能と注意点をご紹介しました。

・怖い
・不安
・痛い

など電気風呂に関して悪いイメージを思い浮かべていた方もいらっしゃったのではないでしょうか。

自分にあった電流、決められた回数・時間を守って楽しめば血行改善、肩こりや腰痛軽減が期待できます。

もし電気風呂にご興味のある方は、この機会にぜひ浸かってみてはいかがでしょうか。