出典:写真AC

自宅で簡単に健康維持!足湯の効果と正しい浸かり方

更新日:2021年3月3日

温泉地でよく見かける「足湯」。気軽に行える入浴方法ですが、足湯にはさまざまな効果があることをご存じでしょうか。ここでは、足湯の6つの効果と正しい足湯の浸かり方をご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

足湯の6つの効果

出典:写真AC

「足湯」には、以下の6つの効果が期待できます。

1.冷え性改善
2.リラックス効果
3.不眠解消
4.むくみ改善
5.免疫力アップ
6.高齢者の転倒防止

一つずつ見ていきましょう。

冷え性改善

手や足先の血管が収縮して、血の巡りが悪くなることで、冷えが生じる症状を「冷え性」といいます。

足湯は、足先の収縮した血管を広げ、血の巡りをよくすることができます。

そのため、冷え性の改善効果が期待できるのです。

また、ふくらはぎは、第二の心臓と呼ばれています。

足湯で温められた血液が、ふくらはぎから全身へと送られ、体全体を温めることができます。

リラックス効果

足湯では、リラックス効果を得ることもできます。

全身の血の巡りを改善し、緊張した筋肉がほぐれることで、心身ともにリラックスした状態へと導いてくれるのです。

不眠解消

足湯は、副交感神経を優位にする効果あります。

副交感神経の働きを高めることで、眠りにつきやすい状態となります。

寝付きが悪い方は、就寝前に足湯をすると良いでしょう。

むくみ改善

むくみの原因は、体内に滞っている老廃物や水分が原因とされています。

足湯で血流を促してあげることで、足先に溜まった老廃物が排出されます。

一日中立ち仕事をしている方やむくみが辛い時には、ぜひお試しください。

免疫力アップ

人間の体温は、1度下がると免疫力がおよそ30%下がると言われています。

足湯を行うことで血流がよくなり、体温が上昇します。

冬場など免疫力を付けたい時は、足湯を取り入れて免疫力アップにつなげましょう。

高齢者の転倒防止

転倒は、足の筋肉の硬直やむくみが原因と言われます。

足湯を行うことで、筋肉が温まり、足の柔軟性が増します。

その結果、バランスを崩しても踏みとどまることが可能となり、転倒防止へと繋がるのです。

参考:ヘルスUP 健康づくり|足湯、免疫機能を高める可能性も 寝付きにも効果
参考:小阪フィットネスクラブ|足湯でデトックス

足湯の正しい浸かり方

出典:写真AC

ここでは、足湯の正しい浸かり方をご紹介します。

お湯はふくらはぎくらいまで

足湯は、ふくらはぎが浸かるくらいの量で行うことがおすすめです。

ふくらはぎは、血を心臓に送るポンプの役割があるため、温めることで血の巡りを良くすることができます。

温度は38~40℃くらいがベスト

ややぬるめに感じる温度ではありますが、副交感神経を刺激するのに適しているとされています。

冷たいと体力を消耗する可能性があるため、温度が下がってきたら、お湯をつぎ足し温度調整を行いましょう。

浸かる時間は20分程度を目安に

全身浴の場合は、身体への負担が大きくなるため長湯はよくないとされています。

しかし、足湯の場合は、足だけを浸けるのでやや長めでも問題ありません。

ただし、初めて足湯を行う場合は7~20分内を目安に行い、体調の変化など様子を見ながら行うようにしましょう。

また20分程度という時間はあくまでも目安です。途中で気分が悪くなった場合は、無理をして長く続ける必要はありません。

食後は1時間程度の休憩を挟んでから

足湯によって足に血が集まると、胃腸の運動が弱まり消化不良となる可能性があります。

食後に足湯を行う場合は、1時間程度、食休みの時間を挟んだうえで行うようにしましょう。

足湯の効果をアップさせる3つのポイント

出典:写真AC

足湯には、より効果を高めるための3つのポイントがあります。

ポイント1.水分補給は「白湯」で

足湯の効果を高めるには、足湯の前後に白湯での水分補給がおすすめです。

白湯には、動脈や毛細血管を広げ、血液の流れを良くする効果が期待できます。

また、内臓の動きも良くなり、デトックス効果が得られるのです。

参考:lifehacker|全身ぽっかぽか! 風邪にも効果的な「毒出し足湯」のすすめ

ポイント2.足湯の後は、足首を回そう!

足湯をおこなった後は、足首を回し、血の巡りをアップさせましょう。

足首には、大事な神経や血管が集まっています。

血流がよくなっている状態で足首を回してあげることで、代謝アップや冷え性改善にも繋がります。

参考:わたしが目覚める温度マガジン ど|冷え性やむくみに!足湯の効果を最大限に引き出す方法

ポイント3.足湯後は、保湿ケアをしっかりと

長時間お湯に足を浸していると、皮膚の油分が奪われます。

足湯の後は、保湿クリームを塗って乾燥を防ぎましょう。