提供:尾上温泉旅館 紅鮎

温泉経営者がおすすめする一度は泊まりたい温泉宿#第3回 尾上温泉-紅鮎-

更新日:2021年3月19日

温泉は日本を代表する文化の一つです。そして各温泉地にはさまざまなこだわりを持つ温泉宿が軒を連ねます。そこで、これまでご好評をいただいる特別企画「温泉経営者がおすすめする一度は泊まりたい温泉宿」の第3回をお届けします!
今回は、滋賀県にある尾上(おのえ)温泉「紅鮎」の経営者の方へインタビューさせていただきました。温泉経営者の方が素晴らしいと認めた温泉宿の魅力をたっぷりと届けします!

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

第3回は滋賀県長浜市にある尾上温泉の旅館「紅鮎」

提供:尾上温泉旅館 紅鮎

第3回目となる今回は、前回インタビューをさせていただいた静岡県の修善寺(しゅぜんじ)温泉「〇久旅館」の鈴木さんがおすすめする、尾上(おのえ)温泉の旅館「紅鮎(べにあゆ)」の経営者の方へインタビューさせていただきました。
尾上温泉は、滋賀県にある琵琶湖の北東(湖北地方)に面した長浜(ながはま)市にあります。

長浜市は北国街道沿いにあり、湖上交通の要として栄えた町です。

そのため、街道沿いには今も、港町の風情を残す舟板塀(ふないたべい)や紅殻格子(べんがらごうし)、虫籠(むしこ)窓の家々が建ち並んでいます。

提供:尾上温泉旅館 紅鮎

長浜市の中心部から少し離れた尾上温泉は、琵琶湖でも奥びわ湖あたりに位置します。

冴えわたる静寂や湖上に遊ぶ水鳥、美しく浮かぶ竹生島(ちくぶじま)の島影など、自然豊かな趣のある場所です。

湖北の自然のすばらしさ、長浜の魅力を全力で伝え続ける「紅鮎・山本 享平さん」

紅鮎の専務取締役 山本享平さん

◇らくらく湯旅編集部(以降 らく湯旅):特別企画の第3回は、尾上温泉旅館紅鮎 専務取締役の若旦那である山本享平さんにお話を伺います。お忙しい中ありがとうございます。よろしくお願いいたします。

◆山本さん:よろしくお願いいたします。

さっそくお話を伺いました!

「旅館 紅鮎」のある尾上温泉はどのような温泉地かお伺いできますでしょうか。

◆山本さん:はい、奥びわ湖畔にある温泉を尾上温泉という名称で呼んでいますが、源泉が湧くのは紅鮎だけなんです。

近隣には3軒ほどのお宿がありますが、全体として温泉街というより紅鮎単体で「尾上温泉」となっています。

尾上温泉の成り立ちは、現在旅館の建っている「尾上」と呼ばれる集落で、御宮様の参詣者が手や口をすすぎ清める手水舎(ちょうずや)の水を掘っているときに水が湧き出たことが始まりです。

湧き出た水が温かくて茶色味を帯びていたため、成分を分析したところ鉄分が多く、神経痛・貧血・婦人病・気管支炎・痔・皮膚病に効果のあるヒドロ炭酸鉄泉であることが判ったことから、昭和33年にこの地に旅館を開業いたしました。

当時、尾上周辺は陸の行き止まりで、周りに何も無いところだったようです。

湖畔の河口に鉱山主の御屋敷を移築したのが、尾上温泉 紅鮎の原型となっています。

提供:尾上温泉旅館 紅鮎

◇らく湯旅:そのような成り立ちがあったのですね。尾上温泉を調べてもなかなか詳細な資料が見つからなかったのですが…

◆山本さん:この企画で今まで取り上げられた「熱海温泉」や「修善寺温泉」に比べると、一般的な知名度はそれほどありません。

◇らく湯旅:いわゆる「秘湯」ということでしょうか。

◆山本さん:そうですね。秘湯という言葉を造った「日本の秘湯を守る会」から加盟のお誘いを受けたことがあります。

「旅館 紅鮎」が佇む周辺環境について教えてください

◆山本さん:尾上温泉は琵琶湖の北東部に位置しています。

豊臣秀吉が初めて拝領して築城した長浜城址(ながはまじょうし)から、車で15分ほどの場所で、琵琶湖の湖畔にある温泉地となっています。

◇らく湯旅:琵琶湖湖畔ということは周辺の観光スポットもたくさんあるのでしょうね。

◆山本さん:自然環境も、歴史的な史跡も沢山の観光スポットがあります。

宿でもいろいろなご案内や車の手配をいたしますが、史跡巡りをされるお客様は随筆家の白洲正子(しらす まさこ)さんの紀行文などを読まれて滞在される方も多いです。歴史や史跡については私よりも詳しいですね。

俳句を詠まれる方や史跡がお好きな方で、あまり知られていないが文化的な歴史がある場所を求めて滞在される方が多いという印象があります。

例えば、当館の目の前に広がる竹生島(ちくぶじま)ひとつをとっても、西国三十三所(さいこくさんじゅうさんしょ)の御札巡りの30番所「竹生島・宝厳寺(ほうごんじ)」があります。

宝厳寺には弁天様が祀(まつ)られており、神奈川県の江島(えのしま)神社と広島県の厳島(いつくしま)神社と並んで、日本三大弁天としても有名です。

古くからの鯖街道(さばかいどう:福井県嶺南地方から京都を結ぶ街道)と併せた道のりとして探索するなど、歴史・文化を掘り下げる方が訪れています。

ほかにも西国三十三所の御札巡りとして功徳・開運といった旅をしているいる方もいらっしゃいます。

「お宿から眺める竹生島」 提供:尾上温泉旅館 紅鮎

◇らく湯旅:紅鮎旅館の公式サイトでこの地の風景を詠んだ句が掲載されていますね。

◆山本さん:自然を詠まれる俳人として有名な森澄雄(もり すみお)さんの句です。当館を気に入っていただき、よくご滞在頂いておりました。

◇らく湯旅:奥深い自然や歴史を求めて、各地からお客様が滞在されるのですね。

◆山本さん:当館は、眼前に広がる雄大な琵琶湖の景観を眺めてゆっくりと湯浴びをしてくつろぐためにご滞在頂く方、自然散策や文化探求をされる多くのお客様にもご愛顧いただいています。そのため、基本的にはお食事とセットでのご提供となっています。

ですが、多くのお客様にこの素晴らしい景観を眺めていただくため、立ち寄り湯もご用意しています。

先ほどご紹介した桃山文化の粋を集めた国宝文化財がある琵琶湖随一のパワースポットとして注目を集める「竹生島」や、ガラスショップや工房・ギャラリー・カフェが点在する黒壁(くろかべ)スクエアなどを訪れる近県からのお客様より、近くで便利な温泉としてご利用いただいています。