<2021年版>奥飛騨温泉郷グルメ決定版10選!不思議な温泉卵から飛騨牛まで

更新日:2021年3月29日

岐阜県にある奥飛騨(おくひだ)は、温泉郷として有名な地。平湯(ひらゆ)・福地(ふくじ)などを含む5つの温泉からなる大自然豊かな奥飛騨は、郷土料理などのグルメも堪能できるスポットです。今回は、そんな奥飛騨温泉郷で味わえるグルメを10選ご紹介したいと思います。奥飛騨をご旅行の際は、温泉だけでなく美味しい郷土料理を味わい、グルメの旅としての思い出も作ってみて下さい。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

【ランチ】蕎麦や川魚料理も味わえる「いちすけ」

「道の駅・奥飛騨温泉郷上宝(おくひだおんせんごうかみたから)」内にあるお食事処「いちすけ」は、国道471号沿いにあるお店。

蕎麦、岩魚料理やラーメンなど幅広いメニューが楽しめます。

提供:いちすけ

特に人気のメニューは、岩魚(いわな)の炭焼き。
「岩魚塩焼き」(500円)、「鮎塩焼き」(500円)とリーズナブルな価格で食べられるのも嬉しいポイントです。

提供:いちすけ

新鮮な岩魚はぎっしりと身が詰まっています。

口の中に入れると、ほろほろと身が溶けるかのよう。

焼き魚のほか、岩魚の刺身や奥飛騨ラーメンもいただけます。

店内はお座敷なので、焼き上がりまでの時間ゆっくりと足を伸ばしてくつろぐことができます。

<店舗詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷田頃家11-1
・電話番号:0578-892-697
・営業時間:9:00~18:00

【ランチ】名物てっちゃんが楽しめるお店「奈賀勢」

栃尾(とちお)温泉近くにある、「奈賀勢(ならせい)」は、飛騨牛が味わえるお店として人気が高いお店です。

地元の方をはじめ、観光局も多く訪れるため、店内はいつも満員で賑わっています。

多くの人が訪れる目的は、飛騨牛の腸をぐつぐつと煮込んだ「てっちゃん鍋」(950円)。

あっさりとしたスープがホルモンとキャベツにしっかりと染み込んで、旨味たっぷりです。

最後には「うどん」(300円)を追加で入れるのがおすすめ。旨味たっぷりの出汁がうどんに染み込み、より深く「てっちやん鍋」の美味しさを味わえます。

店内は和で統一され、風情ある雰囲気になっています。

ホルモン好きの方は是非行っていただきたいお店です。

<店舗詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根868-3
・電話番号:0578-89-2505
・営業時間:10:00~14:00、17:00~20:00

【ランチ】飛騨の郷土料理が楽しめる「お食事処 あんき屋」

奥飛騨旅行の起点ともなる平湯温泉の近くにある「お食事処 あんき屋」は、古民家を改造して作られたおしゃれなお食事処です。

提供:お食事処 あんき屋

地元の名物である飛騨牛やジンギスカン、朴葉(ほおば)みそなど岐阜の郷土料理が味わえるお店です。

「飛騨牛鉄板焼き定食」(1,400円)や「飛騨牛朴葉味噌定食」(2,300円)などがあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

グレート股(@umefubuki37)がシェアした投稿

A3ランクの肩バラとバラ肉をかけ合わせているお肉は、蒸し焼きにすることで旨味が凝縮され、より深い味わいになります。

また、「特製飛騨牛カレー(サラダ付き)」(1,500円)もおすすめ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ことみ(@kotominkd)がシェアした投稿

オリジナルのスパイスと飛騨牛が溶け込み、コクの深い逸品となっています。

店内は広く、ゆったりとした時間が過ごせます。

<店舗詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯768-1
・電話番号:050-5263-5237
・営業時間:夏季(4月1日〜12月第3土曜日) 11:00〜20:00(L.O19:00)※毎週水曜日休、
冬季(12月第3日曜日〜3月31日) 8:00〜17:00(L.O16:00)※休みなし

【ランチ】お肉から麺類まで幅広い郷土料理が揃う「アルプス街道 平湯 カフェ&レストラン アルプスホルン」

「アルプス街道 平湯 カフェ&レストラン アルプスホルン」は奥飛騨旅行の拠点地として知られている、「平湯バスターミナル」に併設されている食事処です。

春には新緑、冬は雪に覆われた景色など周辺の壮大な山々を望みながら食事がいただけます。

レストラン「アルプス街道 平湯 カフェ&レストラン アルプスホルン」では、人気の高山ラーメンなどの定番メニューから、地元飛騨高山の飛騨牛を使用した陶板焼きの他、地元の食材をふんだんに使った料理を楽しめます。

また、素材にもこだわっており、例えば、飛騨高山高根火畑産の蕎麦を毎朝手打ちしてお客様をおもてなししています。

ここでは、飛騨牛や平湯ラーメン、蕎麦など岐阜の郷土料理が人気ですが、中でもおすすめは「きのこ香る 鶏ちゃん丼」(900円)です。

提供:アルプス街道 平湯 カフェ&レストラン アルプスホルン

きのこと鶏のもつがボリュームたっぷりのメニュー。

きのこの弾力やもつのコリコリの食感を思う存分楽しめる逸品です。

レストランとしての利用だけでなく、喫茶・軽食でも利用できます。

<店舗詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯628
・電話番号:0578-89-2611
・営業時間:8:30~16:30

【ランチ】自然豊かな森のレストラン「食事処 もみの木」

「食事処 もみの木」は、平湯温泉にある温泉施設「ひらゆの森」の中にあるお食事処。

ひらゆの森には温泉だけでなくお食事処やお土産売り場があり、更に宿泊施設も併設されているので、泊まりがけでも過ごすことができる人気の施設です。

提供:食事処 もみの木

館内にある「食事処 もみの木」では、飛騨牛の焼肉やそば、ラーメンや定食など幅広くメニューが揃っています。

おすすめはなんといっても岐阜の郷土料理、朴葉みそが楽しめる「朴葉みそ定食」(1,350円)。朴葉(ほおば)という葉っぱの上に味噌やキノコ、ネギを置いて焼いて食べる名物料理です。

提供:食事処 もみの木

焼き上がりの際には、味噌の下の飛騨牛に味噌の香ばしい味がしっかりと染み込みます。ほっと安心できるような懐かしい味わいです。

朴葉みそはお土産としても買えます。その美味しさに味噌を買って持ち帰る方も多いようです。

<店舗詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-1
・電話番号:0578-89-3338
・営業時間:11:00~21:00

【ディナー】温泉水で育ったうなぎが食べられる「うな亭」

「うな亭」は奥飛騨温泉郷に含まれる温泉の新平湯(しんひらゆ)にあるお店。

店名の通り、うなぎ料理を中心に提供しています。

提供:うな亭

自ら養殖したうなぎを使用した「うな丼」(1,000円~)が自慢のメニューで、新平湯ではお墨付きの味です。

提供:うな亭

一見強面な店主ですが、話しかければにっこり笑顔で応えてくれます。

提供:うな亭

絶品の秘伝タレと奥飛騨の水が育んだ、臭みのない柔らかなうなぎは絶品です。

「うなぎむすび」(3個1,000円)も人気メニューの一つ。

提供:うな亭

うなぎと秘伝のタレがたっぷり染み込んだおむすびで、紅ショウガがアクセントとなり、いくつでもお腹に入ってしまいそうな美味しさです。

冷めても美味しので、持ち帰りやお土産にもぴったりです。

<店舗詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根723

・電話番号:0578-89-2359

・営業時間:11:00~14:00、17:00~20:00

【ディナー】郷土料理あっぽが味わえる「よし本」

「よし本」は、奥飛騨の旅の出発地である平湯バスターミナルから徒歩数分で行ける、蕎麦、うどんや丼ものを提供するお店です。

提供:奥飛騨観光協会

色々なメニューを取り揃えていますが、中でも「あっぽそば」(1,000円)は高い人気を誇るメニューの一つ。

あっぽとは小さく丸めた餅を揚げたもの。

やさしい味わいの出汁は、あっぽとの相性も抜群。あっぽと蕎麦の組み合わせをぜひ味わってみてください。

店内は純和風の雰囲気で懐かしさが感じられます。

お昼時には多くの方が訪れています。

<店舗詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯637
・電話番号:0578-89-2171
・営業時間:10:00~20:00

【ディナー】ラーメン屋なのに洋食メニューも豊富!「らーめん酒場 やどり木」

「らーめん酒場 やどり木」はラーメンのほか、ステーキなど洋食を中心とした一品料理を提供するお店です。

提供:らーめん酒場 やどり木

お酒も飲めて、お酒にあったお料理も豊富なのが嬉しいポイント。

ゆったりと温泉に浸かった後や、ホテルでの夕食ではちょっと物足りなかったという方にもおすすめのお店です。

提供:らーめん酒場 やどり木

こちらの人気は、煮込まれた柔らかい牛スジと牛の旨味あるスープが味わえる「牛すじラーメン」(935円)です。

提供:らーめん酒場 やどり木

柔らかく煮込まれた牛スジは口の中でとろけるほどの柔らかさ。

ぜひその美味しさを体験してみてください。

<店舗詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯721
・電話番号:0578-84-0027
・営業時間:11:30~13:30、17:30~0:00

【カフェ】モーニングの厚切りトーストが人気「CAFÉ MUSTACHE」

「CAFÉ MUSTACHE (カフェ マスタシュ)」は、平湯バスターミナル近くにあるモーニングからカフェメニュー、ディナーまで提供するカフェです。

提供:CAFÉ MUSTACHE

山小屋風の可愛らしいレトロな雰囲気が建物のコンセプト。

そんな風情ある佇まいの「CAFÉ MUSTACHE」で人気のメニューは「チーズオムライス」(880円)。

しっかりと味のついたチキンライスと甘くてトロトロの卵が絶妙。

濃厚なチーズが合わさり、より深い味わいとなっています。

メニュー豊富なカフェですので、お友達や家族といろんなメニューをシェアしながら楽しむのもおすすめです。

<店舗詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯679
・電話番号:0578-89-2634
・営業時間:8:00~20:00

【温泉卵・お土産】ちょっと変わった温泉卵が名物「つるや商店」

温泉地には必ずあるといってもよい名物の温泉卵ですが、平湯にある「つるや商店」では一風変わった温泉卵が楽しめます。

その温泉卵とは、黄身が固く、白身がとろとろ半熟の「はんたいたまご」(1個 50円)という名前の食べ物。平湯温泉の名物になっています。

通常の温泉卵とは食感が逆になっているので、最初はちょっと不思議な味わいに感じますが、それが癖になります。

温泉による塩加減が絶妙です。

平温泉街を散策する際に、ぜひ味わってみてはいかがでしょうか。

<店舗詳細>

・住所:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯519-1
・電話番号:0578-89-2605
・営業時間:8:00~20:30

まとめ:自然豊かな土地で育った食材の味を求めて、奥飛騨温泉郷へ出かけよう

提供:奥飛騨観光協会

奥飛騨は、自然豊かな中にある温泉郷が自慢の観光地です。

もちろん温泉は素晴らしいですが、地元グルメもなかなかのものです。

大自然奥飛騨で育った美味しい食材を使った郷土料理や名物料理を堪能しに旅行の計画をたててみませんか?