提供:一般財団法人神戸観光局

【兵庫】有馬温泉の日帰り温泉おすすめ7選!2021年版

更新日:2021年7月5日

この記事を書いた人

ともきち

温泉が好きで、年に数回は友人や家族と国内旅行を計画し、色々な温泉地へ出かけています。温泉の中でも、濁り湯の露天風呂が特に好みです。旅先では、有名観光地や絶景スポットをひと通りまわり、地元の名物料理やお菓子の食べ歩きも欠かしません。旅好きならではの視点で、温泉地の情報や温泉にまつわる知識など、魅力あふれる記事をお届けします。

兵庫県にある日本三古湯「有馬(ありま)温泉」は、太閤秀吉の時代から多くの著名人が訪れた由緒ある温泉地です。有名な2つの源泉「金泉」と「銀泉」には、環境省が「療養泉(りょうようせん)」として指定している9つの泉質のうち7つが混合しており、たくさんの効用が得られる温泉として人気を博しています。今回は、日帰り入浴で有馬の湯を堪能できるおすすめスポットを7軒ご紹介します。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

濃い金色のお湯に驚く「金の湯」

公衆浴場「金の湯」の金泉は、濃い金色(オレンジ)で、浸かると沈めた腕や足がまったく見えないほど濁っているのが特徴です。

「有馬温泉に来たなら絶対にこの金の湯に入るべき」と地元の方も太鼓判を押す素晴らしいお湯を、44度のあつ湯浴槽と42度のぬる湯浴槽で楽しめます。

含有成分濃度がとても高い温泉のため、湯あたりしやすいので浸かり過ぎには注意しましょう。

提供:一般財団法人神戸観光局

また、「金の湯」には、無料で24時間気軽に利用できる「太閤の飲泉場」と「足湯」が併設しています。金泉は飲用に適さないため、飲泉場のお湯は金泉ではなく銀泉のナトリウム塩化物泉です。

<施設情報>
・施設名:金の湯
・住所:兵庫県神戸市北区有馬町833
・電話番号:078-904-0680
・営業時間:8:00~20:00(最終受付19:30まで) ※足湯や飲泉場は24時間
・定休日:第2・4火曜日、1月1日
・日帰り温泉の利用料:大人650円、小人340円

お湯はすっきり透明、爽快感いっぱいの「銀の湯」

提供:一般財団法人 神戸観光局

「銀の湯」は、有馬の炭酸泉・ラジウム泉を堪能できる銀泉の公衆浴場です。お湯はすっきり透明で体がよく温まり、湯あがりのさっぱりとした爽快感がたまりません。

料金内で利用できるミストサウナやジャグジー、休憩コーナーもあります。タオル持参をお忘れなく。

<施設詳細>
・施設名:銀の湯
・住所:兵庫県神戸市北区有馬町1039-1
・電話番号:078-904-0256
・営業時間:8:00~21:00(最終受付20:30)
・定休日:第1・3火曜(祝日営業翌日休)、1月1日
・日帰り温泉の利用料:大人550円、小人290円

有馬温泉最大の温泉娯楽施設「太閤の湯」

提供:太閤の湯

「太閤の湯」は、26種類のさまざまなお風呂がある、有馬温泉最大の日帰り温泉娯楽施設です。

提供:太閤の湯

「黄金の茶室」をイメージした「黄金の蒸し風呂」では、金泉と銀泉の蒸気浴という珍しい体験ができます。他に金泉・銀泉などを同時に楽しめる岩盤浴、銀泉の足湯など、有馬の湯をさまざまな方法で堪能できます。

土産屋や飲食店も充実しています。

<施設詳細>
・施設名:太閤の湯
・住所:兵庫県神戸市北区有馬町池の尻292-2
・電話番号:078-904-2291
・営業時間:10:00〜22:00(最終入館は21:00)
・定休日:-
・日帰り温泉の利用料:大人2,715円〜、小人1,313円〜、幼児440円〜
※現在、新型コロナの影響により公式HP記載の営業時間と異なっています。
・営業時間:10:00〜19:00(最終入館は18:30)
・定休日:土・日曜日