愛媛の伝統工芸アートに刺激を受ける「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」

提供:道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

2017年9月に誕生した「道後温泉別館 飛鳥乃(あすかのゆ)湯泉」は、飛鳥時代をコンセプトとした建築様式を取り入れた建物。

加温も加水もしていない源泉かけ流しの「温泉の癒し」と、日本三大絣の一つ「伊予かすり」などをはじめとする愛媛の伝統工芸を使ったアートによる「感性の刺激」の両方を得られます。

提供:道後温泉別館 飛鳥乃湯泉

1階には浴場、2階には大広間に加え、それぞれに個性的な愛媛の伝統工芸のアートが間近に見られる個室休憩室があります。また、古代の入浴が体験できる特別浴室もありますので、ぜひ試してみてください。

<施設詳細>
・施設名:道後温泉別館 飛鳥乃湯泉
・住所:愛媛県松山市道後湯之町19-22
・電話番号:089-932-1126(道後温泉コンソーシアム)
・営業時間:6:00~23:00(札止め22:30) ※個室は~22:00(札止め21:00)、利用時間90分
・定休日:12月に1日休みあり
・日帰り温泉の利用料:1階浴室入浴のみ:大人610円、小人300円、2階大広間休憩(お茶・お茶菓子付き)大人1,280円、小人630円、2階個室(お茶・お茶菓子付き)大人1,690円、小人830円。特別浴室(お茶・お茶菓子付き)1組2,040円プラス大人1,690円、小人830円。

道後温泉特有の湯釜の由緒ある温泉「椿の湯」

道後温泉街の中心にある「椿の湯」は、「親しみの湯」の名でも知られる、地元の方に愛され続ける公衆浴場。蔵屋敷風の落ち着いた雰囲気が特徴です。

提供:椿の湯

花崗岩(かこうがん)が使われいる浴室は、天井が高く広々としています。道後温泉本館と同じ形の湯釜には松山出身の俳人・正岡子規の句が記されています。ゆったり休憩ができるロビーの広さも魅力の一つです。

<施設詳細>
・施設名:椿の湯
・住所:愛媛県松山市湯之町19-22
・電話番号:089-921-5141
・営業時間:6:30~23:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人400円

松山市街や山々を一望できる最上階の展望風呂「花ゆづき」

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

miwa-maru(@miwa_maru_jpn)がシェアした投稿

道後温泉本館の前に建つ、「花と湯と月を愛でる」がテーマのリゾートホテル風の湯宿「花ゆづき」。

最上階の展望露天風呂は、約100名を収容できる広さの大浴場。露天風呂からの眺めはまさに絶景。市街の大パノラマ・夕焼け・星空など、朝・夕・夜それぞれの景色が楽しめます。

内湯では、高濃度の炭酸ガスが血行を促進する炭酸泉の湯や、ジェットバスなど、多彩なマッサージ機能のあるお風呂でリラックスできます。

<施設詳細>
・施設名:花ゆづき
・住所:愛媛県松山市道後湯月町4-16
・電話番号:089-943-3333
・営業時間:14:00~21:00
・定休日:なし
・日帰り温泉の利用料:大人1,000円、小人500円