【栃木】秋の「鬼怒川温泉」へ大人の日帰り旅!癒され露天風呂に山菜そば、いちごバウムも

更新日:2020年11月13日

秋が深まって涼しくなり「どこか温泉旅行にでかけたい」と思う方も多いのではないでしょうか。豊かな自然に囲まれた栃木県の鬼怒川(きぬがわ)温泉は、自然を身近に感じながら観光や温泉に浸かれる人気のスポットです。 今回は、日帰りの温泉旅行に行きたいと思っている方に向け、鬼怒川温泉を満喫できる「鬼怒川温泉 日帰りの旅」のプランをご紹介します。鬼怒川温泉のみならず、有名観光地やグルメまでを味わえるプランになっていますので、このプランを参考に自然多い鬼怒川温泉へ癒しの旅にいかれてはどうでしょうか。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・日帰りで温泉旅行に出かけたい
・散歩も兼ねて徒歩で観光地を巡りたい
・グルメを堪能したい

旅のしおり

お昼前スタート、観光に費やす時間はたっぷり余裕をもって回れるスケジュールです。

〈11:00〉鬼怒川温泉駅前到着
鬼怒川温泉駅にお昼前到着で観光スタート!
駅前では鬼怒川温泉のイメージキャラクター「鬼怒太の像」がお出迎え。
まずはランチに向かいます。

〈11:30〉石挽手打ち蕎麦“浜一”で山菜そば・舞茸天ぷらセットを堪能
石挽手打ち蕎麦“浜一”であったかい山菜そばとサクサクの舞茸天ぷらを堪能いただきます。

〈13:00〉鬼怒川ライン下り
鬼怒川に来たなら自然の作り出す美しい渓谷の間を下る「鬼怒川ライン下り」は外せません。

〈15:00〉鬼怒川パークホテルズで温泉入浴
屋形船風呂や大江戸浮世風呂など珍しい浴槽の温泉に浸かることができます。
露天風呂も完備され、風情ある雰囲気の中で入浴をお楽しみください。

〈16:30〉温泉街でお土産散策
温泉街を巡りながらお土産を決めましょう。

〈17:30〉鬼怒川温泉を出発
鬼怒川温泉旅行はここで終わりです。

準備 旅行は準備からスタート

持ち物チェックリスト

旅行は準備から楽しいものですよね。ただ、旅先に行って緊急事態がないとも言い切れないので、いつもお出かけ時に持っている持ち物のほか、下記を持っていくと安心です。

・上着
・寒さ対策アイテム(帽子・マフラーなど)
・お水
・保険証・お薬手帳
・常備薬
・杖
・緊急連絡先メモ

トイレの位置を確認

旅行に出かける前にトイレの位置を確認しておけば、いつトイレに行きたくなるか不安に感じることもなくなるでしょう。ひざに持病を抱えている方などであれば洋式のトイレがあるのかも確認しておくと安心ですね。

段差、高低差の確認

「実際に行ってみると急斜面や階段が多くて難儀した」ということにならないよう、事前にチェックしておくことをおすすめします。足腰に不安がある方は別の場所を観光したりしても良いでしょう。

病院もチェック

万が一に備えて、観光地近くの救急病院の場所や連絡先もチェックしておくと安心して旅行が楽しめます。


鬼怒川温泉日帰りの旅スタート

〈11:00〉鬼怒川温泉駅前到着

鬼怒川温泉駅到着。

<参考>
・【電車】浅草駅から鬼怒川温泉駅まで「東武特急スペーシアきぬ」利用で約2時間
・【車】東京ICより今市ICまで高速→下道を通って鬼怒川温泉まで約3時間

それでは、鬼怒川温泉日帰り旅のスタートです。

まずは「石挽手打ち蕎麦 浜一」へランチをとりに向かいます。

<施設詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1390
・電話番号:0288-77-1151
・観光マップ: A地点


↓徒歩約10分

〈11:30〉石挽手打ち蕎麦“浜一”で山菜そば・舞茸天ぷらセットを堪能

店内はアットホームな感覚で一息入れるにはぴったりのお食事処。

石挽の手打ち蕎麦はコシがあり、あったかいおつゆとぴったり。

甘めのつゆが体に染みわたります。

また舞茸の天ぷらはサックサク。そのままいただくもよし、お蕎麦の上に乗せてひたひたにしていただくもよし。お好みにあわせていただきましょう。
(1,850円)

<店舗詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1398
・電話番号:0288770298
・営業時間:10:00~16:00
・定休日:木曜日
・観光マップ: B地点


↓徒歩約5分

〈13:00〉鬼怒川ライン下り

鬼怒川といえばまず名が上がるほど有名な鬼怒川ライン下り。(13:25発 大人:2,900円)

自然が作り出した美しい渓谷の間を約40分かけて鬼怒川を下る鬼怒川ライン下りは、奇岩怪石(きがんかいせき)を間近に見ながらスリルある川下り体験ができます。

鬼怒川を下った後はスタート地点まで無料のシャトルバスが運んでくれるので(所要時間 約30分)、戻る心配をする必要がありません。

画像提供:鬼怒高原開発株式会社

画像提供:鬼怒高原開発株式会社

紅葉の時期には、紅く染まった木々と美しいブルーに輝く水面に癒されます。

画像提供:鬼怒高原開発株式会社

水しぶきを上げながら鬼怒川を下るライン下りは、鬼怒川温泉観光の良い思い出となるでしょう。

<施設詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1393-8
・電話番号: 0288-77-0531
・営業時間:9:00始発 以降35分間隔で15:45最終
・観光マップ: C地点


↓徒歩約5分~10分

〈15:00〉鬼怒川パークホテルズで立ち寄り入浴

ホテルでも立ち寄り入浴ができる「鬼怒川パークホテルズ」では、屋形船風呂や大江戸浮世風呂、古代檜風呂など珍しい浴槽の温泉があり、露天風呂も楽しめます。(入湯料:880円)

食事直後の入浴は血流にもあまりよくないので、食後間もない場合は少し時間を置いてから入浴するようにしましょう。

大江戸浮世風呂は江戸時代を思わせる浮世絵のようなデザインが窓ガラスに施されていたり、障子のガラスがあったりと独特な風情を味わいながら入浴が楽しめます。

鬼怒川パークホテルズではタオルやバスタオルのレンタル(有料)も行っているので、身体ひとつで入浴を楽しむことが可能です。(タオル:200円 バスタオル:300円)

<施設詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1409
・電話番号: 0288-77-1289
・入浴時間:12:00~18:00(最終受付 17:00)
・定休日:不定休
・観光マップ: D地点


↓徒歩約5分~10分

〈16:30〉温泉街でお土産散策

最後は鬼怒川温泉街で温泉地気分を味わいながら、お土産散策をしましょう。

鬼怒川温泉で人気のおすすめお土産は、栃木産のいちご「とちおとめ」を使った「バウムクーヘンいちご」や、どこか懐かしい味わいの佃煮「きゃらぶき・葉とうがらしの佃煮」などがあります。

おすすめのお土産:はちやの「バウムクーヘン いちご」

バウムクーヘン工房 はちやの「バウムクーヘン いちご」(1,600円)は、栃木の代表品種のいちご「とちおとめ」をふんだんに使ったバウムクーヘンです。

とちおとめの特有の ふくよかな香り・甘味・酸味が味わえるプレミアム・バウムクーヘンで、お土産としても喜ばれます。

おすすめのお土産:きゃらぶき・葉とうがらしの佃煮

きゃらぶき・葉とうがらしの佃煮(各540円)は鬼怒川温泉の旅館やホテルの食事にも度々登場する定番の佃煮です。醤油ベースのしっかりと味が染みわたった佃煮は、ご飯がどんどんすすみます。

どこか懐かしい味わいのきゃらぶき・葉とうがらしの佃煮は、鬼怒川温泉お土産の定番です。

きゃらぶき・葉とうがらしの佃煮はまんじゅう処おおあみのほか、鬼怒川温泉の各売店などで売られています。

<店舗詳細>
・バウムクーヘン工房 はちや
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396-10
電話番号:0120-183-922
営業時間:9:00~17:30
定休日:不定休
観光マップ: E地点

・柏崎商店(ホテルの売店などで購入可)
住所:栃木県日光市下鉢石町797−1
電話番号:0288531028
観光マップ: F地点


↓徒歩約10分~15分

〈18:00〉鬼怒川温泉を出発

鬼怒川温泉日帰り旅行もここで終わりです。

鬼怒川温泉を後にして家路に着きます。

観光マップ


A:鬼怒川温泉駅
B:石挽手打そば 浜一
C:鬼怒川ライン下り
D:鬼怒川パークホテルズ
E:バウムクーヘン工房 はちや
F:(有)柏崎商店

秋風が心地よい 鬼怒川温泉へ心と身体を癒す旅へ出よう

鬼怒川温泉を楽しみつつ、鬼怒川の名物「鬼怒川ライン下り」も楽しめるプランをご紹介しました。

自然に囲まれた鬼怒川温泉で、より自然の中をスリルと共に下るライン下りは鬼怒川温泉の良い思い出となるでしょう。

ぜひ鬼怒川温泉を訪れ、自然に温泉にグルメにと鬼怒川を満喫してみてください。

<関連記事>
・徳川家康とも関係の深い!鬼怒川温泉の歴史を辿る
・<2020年版>鬼怒川温泉グルメ決定版10選!とちぎ和牛&とちおとめスイーツ