【栃木】「鬼怒川温泉」の秋を満喫する2泊3日旅!王道観光スポット&栃木和牛を堪能!

更新日:2020年11月13日

秋も深まり、草木が色づき始める頃となりました。「紅葉を見たり、のんびり温泉に浸かったりしたい」と思っている方も少なくないのではないでしょうか。 そこで今回は、栃木県にある鬼怒川(きぬがわ)温泉の2泊3日観光をご紹介します。 自然に囲まれた鬼怒川温泉は、近くに秋の気配を感じながら温泉を楽しむことができるスポットです。温泉にゆっくり浸かりながら、近くの観光地を訪れたり、鬼怒川温泉ならではのグルメを楽しんだりできるプランになっています。 ぜひこのプランを参考に、鬼怒川温泉で温泉と秋を満喫してください。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

この旅行プランはこんな人におすすめ

・2泊3日でゆっくりと温泉旅行に出かけたい
・散歩も兼ねて徒歩で観光地を巡りたい
・アクティビティも体験したい
・郷土料理や地元特産グルメを堪能したい

旅のしおり

【Day1】

ゆったりお昼スタート、観光に費やす時間はたっぷり余裕をもって回れるスケジュールです。

〈12:00〉鬼怒川温泉駅前到着
のんびり鬼怒川温泉駅にお昼到着で観光スタート!

〈12:30〉「レストラン タシロ」でランチ
鬼怒川温泉に着いたらまずランチで腹ごしらえ。
「レストラン タシロ」で「とちぎ和牛ローストビーフ丼セット」を堪能いただきます。

〈14:00〉鬼怒川パークホテルズで立ち寄り湯
屋形船風呂や大江戸浮世風呂など珍しい浴槽で、のんびり身体の疲れを癒しながら温泉をお楽しみいただけます。

〈16:00〉ホテルにチェックイン
早めに宿へチェックインしてゆっくりと休みましょう。

【Day2】

〈10:00〉鬼怒川ライン下り
鬼怒川に来たなら自然の作り出す美しい渓谷の間を下る「鬼怒川ライン下り」は外せません。

〈12:00〉きぬ川ホテル三日月で立ち寄り湯
鬼怒川温泉随一の広さを誇る大浴場で、のんびり身体の疲れを癒しながら温泉をお楽しみいただけます。

〈13:00〉石挽手打そば 浜一で湯波そばを堪能
本格手打ちそばの石挽手打そば 浜一で「湯葉そば」を味わっていただきます。

〈15:30〉栄屋製菓の栗入り饅頭をいただく
鬼怒川温泉名物「栗入り饅頭」の食べ歩きができます。
持って帰って宿泊先でゆっくり食べるのも良いですね。

〈16:30〉鬼怒川温泉街を散策
温泉街で旅行気分をしっかり感じながら、のんびり宿泊先に戻りましょう。

〈17:00〉ホテルにチェックイン

【Day3】

〈11:00〉鬼怒太の湯で足湯
鬼怒川温泉駅前にある足湯でリラックス。

〈12:00〉水辺のカフェテラスでランチ
目の前に広がる池や自然を見ながら穏やかなランチタイム。
特製和牛カレーライスや季節のパスタをご堪能いただけます。

〈14:00〉温泉街でお土産散策
温泉街を巡りながらお土産を決めましょう。

〈16:00〉鬼怒川温泉を出発
鬼怒川温泉2泊3日旅行もここでおしまいです。

準備 旅行は準備からスタート

持ち物チェックリスト

旅行は準備から楽しいものですよね。ただ、旅先に行って緊急事態がないとも言い切れないので、いつもお出かけ時に持っている持ち物のほか、下記を持っていくと安心です。

・上着
・寒さ対策アイテム(帽子・マフラーなど)
・お水
・保険証・お薬手帳
・常備薬
・携帯の充電器
・杖
・緊急連絡先メモ

トイレの位置を確認

旅行に出かける前にトイレの位置を確認しておけば、いつトイレに行きたくなるか不安に感じることもなくなるでしょう。ひざに持病を抱えている方などであれば洋式のトイレがあるのかも確認しておくと安心ですね。

段差、高低差の確認

「実際に行ってみると急斜面や階段が多くて難儀した」ということにならないよう、足腰に不安がある方は段差が多い道を避けたり、別の場所を観光したりしても良いでしょう。

病院もチェック

万が一に備えて、観光地近くの救急病院の場所や連絡先もチェックしておくと安心して旅行が楽しめます。


鬼怒川温泉2泊3日の旅スタート

【Day1】鬼怒川温泉駅前到着

〈12:00〉
鬼怒川温泉駅から鬼怒川温泉2泊3日旅行がスタート。

<参考>
・【電車】浅草駅から鬼怒川温泉駅まで「東武特急スペーシアきぬ」利用で約2時間
・【車】東京ICより今市ICまで高速→下道を通って鬼怒川温泉まで約3時間

鬼怒川温泉駅に到着したら、まずはランチに向かいます。

ランチのお店は鬼怒川温泉駅を出て右手にあるタクシーロータリー沿いにあるので、まずはタクシーロータリーを目指し歩いていきましょう。

鬼怒川温泉駅前の広場には鬼怒川温泉のシンボル・鬼怒太像や足湯(鬼怒太の湯)もあるので、時間にゆとりがある場合は利用してみては。

<施設詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1390
・電話番号:0288-77-1151
・観光マップ:Day1 A地点


↓徒歩約10分

【Day1】レストラン タシロで“とちぎ和牛ローストビーフ丼セット”を堪能

〈12:30〉
鬼怒川温泉駅のタクシーロータリー沿いにある「レストラン タシロ」で、「とちぎ和牛ローストビーフ丼セット」(2,600円)をご堪能いただきます。

ローストビーフ丼セットのセット内容は、ミニサラダに食後のデザート、コーヒーか紅茶から選べるドリンクが1杯です。

ご飯が隠れるほど乗っかった地元とちぎ和牛を使ったローストビーフは柔らかくてジューシーで、噛むほどに肉の旨味が口の中にあふれ出します。窓側の席を選べば、鬼怒川温泉駅前の賑やかな様子を見ながらランチが楽しめます。

<店舗詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1398-3山宮ビル3F
・電話番号:0288-77-4445
・営業時間:11:00~14:30(ラストオーダー 14:30)
・定休日:毎週火曜・木曜
・観光マップ:Day1 B地点


↓徒歩約10分

【Day1】鬼怒川パークホテルズで温泉入浴

〈14:00〉
お腹が満たされたら、ホテルでも立ち寄り入浴ができる「鬼怒川パークホテルズ」で温泉を楽しみます。(入湯料:880円)

食事直後の入浴は血流にもあまりよくないので、少し時間を置いてから入浴を行うと良いでしょう。

鬼怒川パークホテルズには、屋形船風呂や大江戸浮世風呂など珍しい浴槽の温泉があり、露天風呂も楽しめます。

風情ある珍しい浴槽にゆったりと浸かりながら体を癒しましょう。鬼怒川パークホテルズではタオルやバスタオルのレンタルも行っているので、濡れタオルを持ったまま移動したくない場合など、ご都合に合わせて利用すると良いでしょう。(タオル:200円 バスタオル:300円)

<施設詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1409
・電話番号: 0288-77-1289
・入浴時間:12:00~18:00(最終受付 17:00)
・定休日:不定休
・観光マップ:Day1 C地点


↓徒歩約10分~15分

【Day1】ホテルにチェックイン

〈16:00〉
鬼怒川温泉街にある宿泊施設に宿泊します。

2日目は朝いちばんで鬼怒川ライン下りがあるので、それに備えてゆっくり休むんで起きましょう。

【Day2】

ホテル出発。

鬼怒川2日目は鬼怒川の大自然を感じる観光巡りです。


↓徒歩約10分~15分

【Day2】鬼怒川ライン下り

〈10:00〉
2日目の始まりは鬼怒川の名物「鬼怒川ライン下り」からスタートです。(10:10発、大人:2,900円)

鬼怒川ライン下りは、鬼怒川の自然が作り出した美しい渓谷を両岸に見ながら迫力ある鬼怒川下りが楽しめ、秋はキキョウやフヨウなどの花も楽しめます。

鬼怒川を下った後はスタート地点まで無料のシャトルバスが運んでくれるので、戻る心配をしなくてもよく安心です。

画像提供:鬼怒高原開発株式会社

見惚れるほどの紅葉と、大自然の迫力を間近に感じることができ、感動できること間違いなしです。
ライン下りの所要時間は約40分で、帰りはシャトルバスで約30分となるので、 時間にゆとりを持たせたい場合は1つ前の 9:35発の鬼怒川ライン下りに乗ると良いでしょう。

<施設詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1393-8
・電話番号: 0288-77-0531
・営業時間:9:00始発 以降35分間隔で15:45最終
・観光マップ:Day2 A地点


↓徒歩約10分

【Day2】きぬ川ホテル三日月で立ち寄り湯

〈12:00〉
「きぬ川ホテル三日月」は鬼怒川沿いに建つ大きなホテルで、宿泊客でなくとも立ち寄り湯が楽しめます。ホテルに入ると広いロビーがあり、立ち寄り湯の受付は右側です。

浴室は和の雰囲気のある大浴場を中心に、内湯が4つ、露天風呂が3つあります。

提供:きぬ川ホテル三日月

提供:きぬ川ホテル三日月

庭園で湯に浸かるような浴槽があったり、自然の景色を見ながら湯に浸かれたりなど、それぞれに趣のある温泉が楽しめます。

提供:きぬ川ホテル三日月

洗い場もゆったり広めなので、多少人がいても混雑を感じることなく落ち着いて温泉に浸かることができる温泉です。

<施設詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1400
・電話番号:0288-77-2611
・営業時間:12:00~19:00(最終受付 18:00)
・定休日:木曜
・観光マップ:Day2 B地点


↓徒歩約5分

【Day2】石挽手打そば 浜一で「山菜そば・舞茸天ぷらセット」を堪能

〈13:00〉
「石臼手打ちそば 浜一(はまいち)」は、ホテル三日月のすぐ近くにある3階建ての建物です。

本格的な石挽手打そばが食べられる浜一で名物の「山菜そば・舞茸天ぷらセット」(1,850円)をご堪能いただきます。

石で挽いた栃木産のそば粉を使用した本格手打ちそばに、地元の湯葉をほのかに甘く味付けをし、山菜と共に煮込んだ湯葉が乗る栃木の味ともいえる美味しいそばです。

<店舗詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1398
・電話番号: 0288-77-0298
・営業時間:10:00~18:00
・定休日:木曜
・観光マップ:Day2 C地点


↓徒歩約5分~10分

【Day2】栄屋製菓の栗入り饅頭をいただく

〈15:30〉
栄屋製菓(さかえやせいか)の「栗入り温泉饅頭」(150円)は鬼怒川温泉の名物手作り饅頭です。

栗入り温泉饅頭は、ほどよいつぶつぶ感が残る自家製のおぐら餡をしっとりした生地で包み込み、その上に甘くて柔らかい栗が丸ごと1つのった、食感も味もバランスの良い饅頭になっています。

保存料を使用していないので、身体にも優しい鬼怒川温泉の名物饅頭です。

栗がのっていないシンプルな温泉饅頭もあり、こちらは1つ90円という安さも魅力の温泉饅頭。

店内にはちょっとしたベンチもあり、座ってその場で召し上がることもできます。

<店舗詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396-15
・電話番号:0288-77-0295
・営業時間:8:30~17:30
・定休日:不定休
・観光マップ:Day2 D地点


↓徒歩約10分~15分

【Day2】鬼怒川温泉街を散策

〈16:30〉
のんびりと鬼怒川温泉街の風情を感じながら 、宿泊先に向かいます。

栄屋製菓より北に向かい、徒歩10分から15分ほどの所にある「ふれあい橋」は鬼怒川温泉の有名撮影スポットのひとつです。

ふれあい橋は鬼怒川から高さ50mの地点に架けられており、橋から見下ろす鬼怒川の風景は迫力がありますが、橋まで登るには階段もあるので、足腰に自信のない方はご注意ください。

階段は離れると鬼怒太(鬼)が書かれたアートになっており、たびたび鬼怒太を撮影する方もいるちょっとした観光名所でもあります。

<施設詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉滝476-4
・観光マップ:Day2 E地点


↓徒歩約5分~10分

【Day2】ホテルにチェックイン

〈17:00〉
鬼怒川温泉街の宿泊施設にチェックインし、2日目は終了です。

【Day3】

ホテルを出発。

2泊3日旅の最終日です。最後まで鬼怒川温泉を満喫しましょう。


↓徒歩約5分~10分

【Day3】鬼怒太の湯で足湯

〈11:00〉
「鬼怒太の湯」は、鬼怒川温泉駅の駅前広場にある無料で利用できる足湯です。近くには鬼怒川温泉のキャラクターの鬼怒太の像が建っています。

観光地に来ると知らず知らずのうちに歩く距離が増え、疲労が溜まっていることもあるので、鬼怒太の湯でしっかりと疲れを癒してください。

泉質はアルカリ性単純温泉で、筋肉痛や神経痛などに良いとされています。少し熱めのお湯になので、短い時間でも身体の芯が温まり、全身を癒してくれます。

<施設詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原地内(東武鬼怒川温泉駅前)
・電話番号: 0288-76-4107(日光市藤原行政センター)
・営業時間:9:00~18:00
・観光マップ:Day3 A地点


↓徒歩約5分~10分

【Day3】水辺のカフェテラスで“特製和牛カレーライス”を堪能

〈12:00〉
「水辺のカフェテラス」は、鬼怒川パークホテルズの向かいにある、自然を見ながらランチが楽しめるお店です。

木の温もりを感じる高い天井のおしゃれな店内で、リラックス音楽を聴きながら特製和牛カレーライス(1,300円)をご堪能いただきます。

特製和牛カレーライスは和牛を使ってことこと煮込んだ美味しいカレーの上に、ブロッコリーヤパプリカなどの野菜やゆで卵が乗って見た目も美しいカレーです。

開放的な窓からは鯉の泳ぐ池が一面に見え、時間の流れをゆっくりと感じながらランチタイムを過ごせます。

<店舗詳細>
・住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1409
・電話番号:0288-77-1289
・営業時間:10:00~14:30
・定休日:木曜
・観光マップ:Day3 B地点


↓徒歩約5分

【Day3】温泉街でお土産散策

〈14:00〉
鬼怒川温泉2泊3日観光も残り時間わずかとなってきたところで、鬼怒川温泉街でお土産散策をしましょう。

おすすめのお土産:はちやの「バウムクーヘン いちご」

バウムクーヘン工房 はちやの「バウムクーヘン いちご」(1,600円)は、栃木の代表品種のいちご「とちおとめ」をふんだんに使ったバウムクーヘンです。

とちおとめの特有の ふくよかな香り・甘味・酸味が味わえるプレミアム・バウムクーヘンで、お土産としても喜ばれます。

おすすめのお土産:きゃらぶき・葉とうがらしの佃煮

きゃらぶき・葉とうがらしの佃煮(各540円)は鬼怒川温泉の旅館やホテルの食事にも度々登場する定番の佃煮です。

醤油ベースのしっかりと味が染みわたった佃煮は、ご飯がどんどんすすみます。どこか懐かしい味わいのきゃらぶき・葉とうがらしの佃煮は、鬼怒川温泉お土産の定番です。

<店舗詳細>
・バウムクーヘン工房 はちや
住所:栃木県日光市鬼怒川温泉大原1396-10
電話番号:0120-183-922
営業時間:9:00~17:30
定休日:不定休
観光マップ:Day3 C地点

・柏崎商店(ホテルの売店などで購入可)
住所:栃木県日光市下鉢石町797−1
電話番号:0288531028
観光マップ:Day3 D地点


↓徒歩約10分~15分

【Day3】鬼怒川温泉を出発

〈16:00〉
鬼怒川温泉2泊3日旅行もここで終わりです。

鬼怒川温泉を後にして家路に着きます。

観光マップ

【Day1】


A:鬼怒川温泉駅
B:レストラン タシロ
C:鬼怒川パークホテルズ

【Day2】


A:鬼怒川ライン下り
B:きぬ川ホテル三日月
C:石挽手打そば 浜一
D:栄屋製菓
E:ふれあい橋

【Day3】


A:鬼怒太の湯 (足湯)
B:水辺のカフェテラス
C:バウムクーヘン工房 はちや
D:(有)柏崎商店

絶品グルメと温泉を心ゆくまで楽しむ鬼怒川温泉2泊3日旅へ出かけよう

鬼怒川温泉は豊かな自然に囲まれているので、秋の風景を楽しみながら温泉街を散策したりゆったりと温泉に浸かったりできます。

鬼怒川に架かる橋の上からの眺めも迫力があり、鬼怒川と温泉街とのコラボもぜひ見ておきたいところ。

ぜひこの機会にゆったりと鬼怒川温泉へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

<関連記事>
・徳川家康とも関係の深い!鬼怒川温泉の歴史を辿る
・<2020年版>鬼怒川温泉グルメ決定版10選!とちぎ和牛&とちおとめスイーツ