「入之波温泉」は何と読む?難読温泉地名クイズ

更新日:2022年5月30日

この記事を書いた人

ともきち

温泉が好きで、年に数回は友人や家族と国内旅行を計画し、色々な温泉地へ出かけています。温泉の中でも、濁り湯の露天風呂が特に好みです。旅先では、有名観光地や絶景スポットをひと通りまわり、地元の名物料理やお菓子の食べ歩きも欠かしません。旅好きならではの視点で、温泉地の情報や温泉にまつわる知識など、魅力あふれる記事をお届けします。

これが解けたらあなたも漢字博士!
正解率はたったの2%の超難問。
あなたは読める?さあ、読めそうで読めない難読温泉地名に挑戦だ。

【PR】
【国内旅行をもっとお得に!】目的別おすすめカード
目的 新幹線 飛行機 宿泊
サービス ビュー・スイカカード
ビューカード
JALカード
JALカード
楽天カード
楽天カード
おすすめ ポイント 【還元率】
・新幹線:5%
・グリーン券:5%
【搭乗ボーナス】
入会&毎年初回:各1,000マイル
・搭乗毎:フライトマイルの10%+
【楽天トラベル】
・楽天ポイント2倍
・1,000円割引クーポン付与
(毎月)
年会費 524円
(新幹線を年3回利用で実質無料)※
2,200円
(初年度無料)
永年無料
還元率 0.5~1.5% 0.5~1.0% 1.0%
ブランド
入会特典 新規入会&利用
最大8,000pt
新規入会&利用
最大30,000マイル
新規入会&利用
最大5,000pt
公式HP 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
※年36,000円以上のオートチャージ、またはモバイルSuicaへのチャージで実質無料
※東京~新大阪区間(片道)を普通車自由席で利用した際の還元率で算出
※年会費はすべて税込表示

出典:PIXTA

「入之波温泉」は、奈良県吉野郡川上村にある温泉地。

温泉のある川上村の歴史書によると「入之」は「入野」、「波」は「端」という意味があり、山に入る端の土地ということからこの漢字が使われていると言われています。

そして、その読みは、源泉が塩分を含んでいるところからきているとか…。

さて、「入之波温泉」はなんと読むでしょうか?

「入之波温泉」の答えはこちら。読めましたか?

正解は、「しおのはおんせん」でした。

入之波温泉とは、どんな温泉地か詳しくみていきましょう!

入之波温泉はどんな温泉?

入之波温泉は、奈良県の吉野川源流に近い山奥にある温泉。

1軒の旅館と2軒の民宿があります。

出典:PIXTA

入之波温泉の温泉は、時間が経つにつれ無色透明から黄金色に変化することが特徴。

黄金色の湯が陽の光でキラキラと輝く様子にほれぼれします。

美しい光景と温泉で、癒しと元気パワーを思う存分もらえそうです。

出典:PIXTA

温泉の前に、大台ケ原へ登ってみるのもおすすめ。

特に夏は、あたり一面鮮やかな緑が広がり、空の青色とのコントラストが最高です。

手を伸ばすと雲に届きそうなほど空を近くに感じられますよ。

<温泉地詳細>
・住所:奈良県吉野郡川上村入之波
・アクセス方法:「東京駅」から東海道・山陽新幹線に約2時間10分乗り「京都駅」で下車。その後「橿原(かしはら)神宮前行」の近鉄特急に50分ほど乗車して「大和八木駅」でバスに乗り換え、「湯盛り温泉杉の湯」で下車、さらに「入之波行き」のバスに乗り終点下車。※大和上市駅からは、約1時間10分。

入之波温泉へ行ってみよう!

出典:PIXTA

山奥にひっそりと佇む入之波温泉。

日本百景・日本の秘境100選に選ばれた「大台ケ原」や「大迫ダム」の絶景を眺めながら、効能豊かな湯を楽しみませんか。