提供:那須別邸 回

温泉経営者がおすすめする一度は泊まりたい温泉宿#24 那須温泉-那須別邸 回-

更新日:2022年7月22日

この記事を書いた人

かっきー

江戸の玄関口と言われた宿場町に生まれ育った生粋の江戸っ子。還暦を迎えた今なお、旅とサーフィンをこよなく愛するアクティブシニア。某夕刊紙に勤務していた経歴を持つ。
マイナーな温泉から秘湯まで、気の向くままに温泉へ出かけることが大好きです。温泉の良さはもちろん、分かりやすく温泉や旅館などの良さをお伝えしてまいります。

本企画は、旅館・おもてなしのことを知り尽くす、旅館経営者が「素晴らしい!」と大絶賛するおすすめのお宿をリレー形式でご紹介してまいります。
今回は、日光国立公園の中にあり、そばには皇室が静養に訪れる那須御用邸があるという、過ごしやすい環境としても折り紙付きの別荘地に佇むお宿。
散策をはじめ、四季折々の花で埋め尽くされる景勝地や史跡巡りなども楽しめ、ゆっくりと優雅なリゾート気分を満喫できる温泉宿のご紹介です。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

第24回は栃木県那須郡の那須温泉にある「那須別邸 回」

提供:那須別邸 回

第24回となる今回は、天草下田温泉「石山離宮 五足のくつ」の山崎さんがおすすめする、「那須別邸 回」の経営者にインタビューしました。

那須別邸 回は、栃木県の那須岳の南麓に広がる那須高原に位置します。

いくつもの源泉が湧き、日光国立公園に指定された地域の中にある那須温泉にある温泉宿です。

これからの新しいスタイルの旅館として改革に取り組む「那須別邸 回・片岡孝夫さん」

6代目宿主 片岡孝夫さん

◇編集部(以降 編集部):特別企画の第24回は、那須温泉「那須別邸 回」の6代目宿主である、片岡さんにお話を伺います。

◆片岡さん:よろしくお願いいたします。

日本を代表する別荘地・那須温泉にあるお宿

出典:PIXTA(那須高原)

◇編集部:まず最初に、那須温泉の「那須別邸 回」は、どのような場所にあるのでしょうか?

◆片岡さん:那須というと、高原リゾートをイメージされる方も多いかと思いますが、古来温泉場として、栄えて来た歴史があります。

江戸時代の温泉番付では、東の大関-草津温泉、西の大関-有馬温泉、関脇-城崎温泉などと並び、東の関脇として格付けされていた由緒ある温泉場です。

出典:PIXTA(霧幻の道-宮内庁那須御用邸にて)

◆片岡さん:那須温泉をリゾートとして象徴する建物として皇室の御用邸があり、那須別邸 回は那須御用邸に一番近いところに位置しています。

当館周辺は、日光国立公園に指定されていて、自然の木立が広がる中にひっそりと佇んでいます。

提供:那須別邸 回

◇編集部:国立公園の中であること、近くに御用邸があることからも、周辺環境の良さが伺えますね。

◆片岡さん:国立公園の中にあることから、勝手に木を切ってはいけない、建物の色使いや高さなど、厳しい条例があります。

苦労する面もありますが、厳しい条例のお陰で、美しい景観や豊かな自然が守られています。

◇編集部:厳しい条件の中でお宿を運営していくことは、本当に大変なことと思います。

だからこそ、訪れる方も素晴らしい自然に触れられ、より格別なひと時を過ごすことができるのでしょうね。

アクセスがよい那須温泉には、関東圏から訪れるお客様が多い

◇編集部:首都圏から気軽に訪れるアクセスのよさや、皇室御用邸の近所という場所柄、外国人のお客様も多いのではないでしょうか?

◆片岡さん:東北新幹線で、東京駅から那須塩原駅まで1時間10分、そこから宿まで車で30分ほどなので、アクセスしやすいと思います。

出典:PIXTA

◆片岡さん:お越しになるお客様のほとんどは、アクセスが良いという点からも関東圏のお客様が多いです。

海外からのお客様は、那須エリアにおいてはコロナ禍前でも1%代と極端に少ない傾向にありますね。

代わりに多くのリピーターの方にご利用いただいています。

ちなみに、アクセスしやすいこともあり、この辺りから、東京まで通勤されている方もいるようです(笑)。