提供:石山離宮 五足のくつ

温泉経営者がおすすめする一度は泊まりたい温泉宿#23 天草下田温泉-石山離宮 五足のくつ-

更新日:2022年7月8日

この記事を書いた人

かっきー

江戸の玄関口と言われた宿場町に生まれ育った生粋の江戸っ子。還暦を迎えた今なお、旅とサーフィンをこよなく愛するアクティブシニア。某夕刊紙に勤務していた経歴を持つ。
マイナーな温泉から秘湯まで、気の向くままに温泉へ出かけることが大好きです。温泉の良さはもちろん、分かりやすく温泉や旅館などの良さをお伝えしてまいります。

本企画は、旅館・おもてなしのことを知り尽くす、旅館経営者が「素晴らしい!」と大絶賛するおすすめのお宿をリレー形式でご紹介してまいります。今回は、東シナ海に面した異国情緒の漂う美しい景観のなか、歴史や風土文化に触れられ、日常とはかけ離れた空間で、特別なひと時を過ごせる温泉宿のご紹介です。

新型コロナの影響により、各施設の営業状況は変更の可能性があります。詳細は公式HPをご確認ください。らくらく湯旅では引き続き読んで楽しめる温泉情報を発信していきます。

第23回は熊本県天草市の天草下田温泉にある「石山離宮 五足のくつ」

提供:石山離宮 五足のくつ

第23回となる今回は、かみのやま葉山温泉「名月荘」の菊池さんがおすすめする、「石山離宮 五足のくつ」の経営者にインタビューしました。

石山離宮 五足のくつは、熊本県の下島(しもしま)の西端、東シナ海に面した温泉地である「天草下田温泉(あまくさしもだおんせん)」にあります。

提供:石山離宮 五足のくつ(ヴィラC専用のカフェテラスから眺める夕陽)

天草下田温泉は、​​雲仙天草国立公園(うんぜんあまくさこくりつこうえん)に指定された地域の中にあり、約700年の歴史がある天草最古の温泉地です。

保養に適した泉質と、名勝・天然記念物に指定された景勝地に囲まれ、国民保養温泉地にも指定されています。

また、周辺には世界文化遺産に登録された「天草の﨑津(さきつ)集落」や隠れキリシタンの歴史や南蛮文化などがあり、異国情緒を味わうことができます。

独自の世界観でによるおもてなし空間を創出する「石山離宮 五足のくつ・山崎博文さん」

石山離宮 五足のくつ オーナー 山崎博文さん

◇編集部:特別企画の第23回は、天草下田温泉「石山離宮 五足のくつ」のオーナーである、山崎さんにお話を伺います。

◆山崎さん:よろしくお願いいたします。

美しい自然に囲まれた天草下田温泉

提供:石山離宮 五足のくつ

◇編集部:まず最初に、天草下田温泉の「石山離宮 五足のくつ」は、どのような場所にありますか?

◆山崎さん:天草下田温泉は、 熊本県の南西部、天草諸島の下島の西海岸に位置する天草有数の天然温泉です。

周囲は美しい海岸地形の海や山で、雲仙天草国立公園に指定された自然に囲まれています。

出典:PIXTA(鬼海ヶ浦展望所からの景観)

◆山崎さん:また、天草は古来から海外からモノ・コト・ヒトなど、さまざまなものが伝来して、独自の文化が形成された場所です。

当館から車で20分ほどの所には、世界文化遺産に登録された「崎津集落」など、異国情緒溢れる風情も満喫できます。

出典:PIXTA(異国情緒溢れる世界文化遺産の崎津集落にある漁村や崎津天守堂)

◇編集部:キリシタン文化のある地として有名ですよね。

ただ、アクセスには、時間がかかると伺いました。

◆山崎さん:天草の下島は、陸路、海路、空路でアクセスできますが、熊本からでも2時間30分ほどかかるので、ちょっと気軽にという訳には行かないですね。

私は、下田温泉で一番の老舗旅館「伊賀屋(いがや)」の六代目として天草で生まれ育ったのですが、宿にご到着されたお客様がよく「あぁ、遠かった」と言っていたのを覚えています。

沖縄や北海道など、距離的に遠い観光地は沢山あります。

ただ、所要時間から言うと、天草下田温泉が日本で一番遠いのではないでしょうか(笑)。

そのおかげもあり、この地の自然や文化、人の温かみも残されているのだと思っています。

◇編集部:まさに「パスポートのいらない海外旅行」が楽しめる場所ですね!